プレスリリース

2019

Navigation
ジュニパーネットワークス、ガートナー社による データセンターネットワーキング分野のマジック・クアドラントでリーダーに

ジュニパーネットワークス(本社:カリフォルニア州サニーベール、NYSE: JNPR)は本日、米ガートナー社が発表した2019年のデータセンターネットワーキング分野のマジック・クアドラントにおいて、リーダーに位置付けられたことを発表しました。本レポートの全文はこちらから覧いただけます。

ジュニパーネットワークスのCEO ラミ・ラヒム(Rami Rahim)は、次のように述べています。「この業界は、現在大きな転換期を迎えています。ジュニパーネットワークスは、マルチクラウドやさらにその先の環境に移行できるようエンタープライズのお客様をサポートしてきました。今回、ガートナー社によりデータセンター分野のリーダーに改めて認定されたことで、マルチクラウド運用の簡素化においてジュニパーネットワークスが最良の選択であるというお客様やパートナーの声が裏付けられることとなりました。当社のビジョン“Engineering.Simplicity.”につながる継続的な取り組みはジュニパーネットワークスのビジネスの土台であり、競合他社と比べた優位性となっています」

またジュニパーネットワークスは2019年4月、「2019 Gartner Peer Insights Customers’ Choice Vendor for Data Center Networking and/or Software Solutions」にも選出されました。2019 年 7 月 17日時点で250以上もの顧客レビューの中から、5点満点中平均4.7点を獲得しています。

ジュニパーネットワークスのソリューションは、エンタープライズのユーザー向けに開発されています。インフラストラクチャのオーケストレーション、自動化、プログラマビリティ、管理の簡素化、可視化、アナリティクスに重点を置きながら、異種混在のネットワーク環境全体にわたって運用を簡素化します。当社の幅広いポートフォリオには、マルチクラウド時代のネットワーク運用に最適なオーケストレーションプラットフォーム「Contrail Enterprise Multicloud」のほか、スイッチ、ルーター、セキュリティソリューションをはじめとした、あらゆるエンタープライズデータセンター製品が含まれます。さらに、ミストシステムズのAI駆動型ソリューションを買収したことにより、データセンターからワイヤレスアクセスに至るまで、エンタープライズ全体でAIを活用したITの運用を実現します。

参考資料:

出典:Gartner Magic Quadrant for Data Center Networking, Andrew Lerner, John Forest, Joe Skorupa, 15 July 2019.

マジック・クアドラントについて

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また最高評価に位置付けられたベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

Gartner Peer Insights Customers’ Choiceは、文書化された方法に対して出されたエンドユーザー個人の主観的な意見や評価、データに基づいたものであり、ガートナーまたはその関連会社の見解を表すものでも、支持を表すものでもありません。

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、私たちのつながり方、働き方、生活に変革をもたらすクラウド時代において、製品、ソリューション、サービスにより、複雑なネットワークの簡素化を実現します。弊社は、顧客とパートナー企業に向けて、世界をつなぐ、自動化、拡張性を備えたセキュアなネットワークを提供するため、ネットワークをそれまでの制約から解放します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下をご覧ください。
http://www.juniper.net/jp/TwitterFacebookYouTubeJ-Net(最新情報提供サイト)