プレスセンター

2017

Navigation
ジュニパーネットワークス、テレコクラウドの導入を容易にする 「Contrail Cloud」の強化を発表

「AppFormix」、サービス拡張、事前検証済み仮想機能、Red Hatとの連携強化を統合したソリューションにより 新たなクラウドサービスを迅速に導入するターンキー・プラットフォームを提供

ジュニパーネットワークス(本社:カリフォルニア州サニーベール、NYSE: JNPR)は本日、サービスプロバイダにおける拡張性の高い分散型クラウドの構築・運用課題を軽減を支援する「Contrail Cloud」の強化を発表しました。今回の強化には、業界をリードするオープン・ソリューション・プロバイダであるRed Hatの「OpenStack Platform」および「Ceph Storage」との統合、「AppFormix」による自動化および可視化、事前検証済みの仮想ネットワーク機能(VNF)、エンドツーエンドの新しいサポートサービスが新たに含まれ、通信キャリアによるクラウド上での、ビジネス、IoT、モバイルサービス提供を簡素化します。

世界的な大手サービスプロバイダの事例で示されている通り、クラウド・アーキテクチャの活用は、ビジネスおよびモビリティサービスの提供に対して、サービスの俊敏性、イノベーションのスピード、またリスクとコストの大幅な軽減といった多大なメリットをもたらします。その一方で、拡張性が高く、常時利用可能な分散型クラウドの実現には、運用上の課題がつきものです。手間のかかる調達プロセス、複雑なクラウド構築、統合と相互運用、複数のベンダーにわたるサポートの調整、キャリアグレードのサービスレベル契約(SLA)を管理するITスキルの乖離によって、実現の道は複雑化しています。ジュニパーネットワークスの顧客を対象とした調査では、以下のことが明らかになりました。

  • クラウドへの移行における課題として「クラウドネットワーク全体の可視性が不十分」(約40%、第1位)がトップに挙げられました。続いて、第2位に運用の複雑さ、第3位にエンジニアのスキルギャップ、第4位に「rip-and-replace」(完全な置き換え)にかかるコストが入りました。

  • 回答者の過半数(55%)が、ネットワークに2社以上のベンダーを利用しており、運用の複雑さが増していると答えています。

「Contrail Cloud」は、Red HatによるLinuxディストリビューションの簡素化、「AppFormix」によるネットワークインサイトのシームレスな収集、従来は難しかった事前審査によるVNF検証、スムーズな導入を実現するエンドツーエンドのサポートサービスの追加により、テレコクラウドの導入を容易に実現します。この統合ソリューションは、通信事業者から、携帯電話会社、ケーブル会社に至るまで、あらゆる企業でパフォーマンスと拡張性の向上した複雑なクラウド導入と運用を容易に実現し、SLAを提供します。

ジュニパーネットワークスの「Cloud-Grade Networking」と連携して、「Contrail Cloud」は、実績と信頼のあるオープンな統合型ソフトウェアスタックにより、パフォーマンス、拡張性、可用性を損なうことなく、仮想クラウド・インフラストラクチャの導入、有用性、運用を簡素化します。

本ニュースのハイライト

  • 「AppFormix」の統合:2016年にジュニパーネットワークスが買収したAppFormixの自動化および最適化機能の搭載により、「Contrail Cloud」は、ネットワーク機能の仮想化(NFV)ワークロードを統合したサービスを提供します。クラウド時代への移行を進めるサービスプロバイダにとって、クラウドの運用の簡素化、モニタリング、可視化、診断、トラブルシューティングの機能が必須となっている一方、SLAを保証するため、クラウド・インフラストラクチャやソフトウェアに関するあらゆる問題を、自動的に解決する広範な方法が必要となっています。ジュニパーネットワークスの「AppFormix」は、機械学習を活用したNFV中心のサービス保証機能を導入し、連続応答および学習機能による中断のない運用を実現します。

  • Red Hatとの連携を強化:ジュニパーネットワークスは、Red Hatと連携を強化し、NFVをはじめとした、通信事業者向けのモダンかつ拡張性の高い基盤を提供します。またジュニパーネットワークスは、「Contrail Cloud」を拡張性が高く実運用可能なInfrastructure-as-a-Service(IaaS)ソリューション「Red Hat OpenStack Platform」と、オープンで拡張性に優れているSoftware-Definedストレージ・ソリューション「Red Hat Ceph Storage」に移行しました。

  • 事前検証済みの仮想ネットワーク機能:「Contrail Cloud」は、事前検証済みのソリューションとして、始めからスムーズで迅速なクラウド導入を実現する、事前審査済みのハードウェアおよびソフトウェア互換性リストと併せて提供します。また、このソリューションには、ジュニパーネットワークスのvSRX仮想ファイアウォール、Affirmed Networksによる「Mobile Content Cloud」のvEPC(virtual Evolved Packet Core)ソリューション、および将来のサードパーティー製仮想ネットワーク機能を含みます。Affirmed Networksのモバイルネットワーク向けNFVのリーダーシップとジュニパーネットワークスのSDN、IPネットワーキングおよびセキュリティにおけるリーダーシップを組み合わせたソリューションにより、モバイル・サービスプロバイダにて分散型クラウド・アーキテクチャへの円滑な移行、サービスの俊敏性の向上、およびTCOの大幅な削減を実現します。

  • 「Contrail Cloud」マネージド・ソリューションの提供:24時間365日体制のソリューション・サポートと、専門家による「Contrail Cloud」の導入・適応に向けたきめ細かいサービスを含む、クラウド・インフラストラクチャの構築・運用に対するエンドツーエンドのサービス・ソリューションを導入しました。

「Contrail Cloud」は、リファレンス・アーキテクチャ、プロフェッショナル・サービス、パートナーサポートを併せたクラウド・オーケストレーション・ソフトウェアにより、クラウドの導入と運用をこれまで以上に容易にする、統合ターンキー・ソリューションを提供します。

参考資料(英語): 

  • 「Contrail Cloud」ソリューションに関する詳細

  • 「AppFormix」によるインテントベースのクラウドインフラストラクチャーに関するACG Market Impactレポート

  • ジュニパーネットワークスエンジニアリング担当副社長Sumeet Singhによる「Contrail Cloud」強化に関する動画

  • 分散型のテレコクラウドに関するブログ

  • 「Contrail Cloud」の新機能に関するブログ

  • 本リリースはジュニパーネットワークス本社が2017年11月5日(現地時間)付けで発表したニュースリリースの抄訳版です。

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ネットワークのビジネスを変革する製品、ソリューション、サービスによって現状に挑戦しています。弊社は、自動化、柔軟性、俊敏性を備えたセキュアなネットワークと、パフォーマンス、価値を提供するために、顧客とパートナー企業と共に変革を起こしています。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下をご覧ください。
https://www.juniper.net/jp/TwitterFacebookYouTubeJ-Net(最新情報提供サイト)

Juniper Networks、Juniper Networksロゴ、Juniper、およびJunosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。その他、記載の各名称は、各所有者に所有権があります。

未来予測に関する記述

This press release contains forward-looking statements that involve a number of assumptions, uncertainties and risks including, among other things, statements concerning Juniper Networks' prospects, product availability, future products and performance, ability to integrate the company’s products with third parties, and other benefits to customers. Actual results or events could differ materially from those anticipated in those forward-looking statements as a result of certain factors, including delays in scheduled product availability, incompatibility of technologies, the company's failure to accurately predict emerging technological trends, and other factors listed in Juniper Networks' most recent report on Form 10-K and Form 10-Q filed with the Securities and Exchange Commission. All statements made in this press release are made only as of the date of this press release. Juniper Networks undertakes no obligation to update the information in this release in the event facts or circumstances subsequently change after the date of this press release. Any future product, feature, enhancement or related specification that may be referenced in this press release are for information purposes only, are subject to change at any time without notice and are not commitments to deliver any future product, feature, enhancement or related specification. The information contained in this press release is intended to outline Juniper Networks' general product direction and should not be relied on in making a purchasing decision.

<報道関係からの問合せ先>
エデルマン・ジャパン株式会社
須藤、安達
TEL:03-4360-9000
Email:juniperjp@edelman.com