プレスセンター

2016

Navigation
筑波大学、ジュニパーネットワークス製品の採用により、キャンパスのネットワークの 柔軟性、パフォーマンス、運用の自動化を大幅に向上

-ジュニパーネットワークスのイーサネットスイッチ 「EX3300シリーズ」、コアスイッチ「EX9214」などを学内ネットワークに導入-

ジュニパーネットワークス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:古屋知弘、以下 ジュニパーネットワークス)は、国立大学法人筑波大学(所在地:茨城県つくば市、学長:永田恭介、以下 筑波大学)が2015年夏に実施した学内ネットワークの大幅な改定において、ジュニパーネットワークスのイーサネット・スイッチ「EX3300シリーズ」、コアスイッチ「EX9214」などが採用されたことを発表しました。

採用の背景

筑波大学の学内ネットワークは、筑波研究学園都市内にある筑波キャンパスと東京都文京区にある東京キャンパスの広大なキャンパス、学群棟、研究棟、宿舎におよび、学生の教育や研究、教職員の業務に利用するネットワークとして活用されています。従前のネットワークではキャンパス内の2ヵ所にコアスイッチを配備し、広大なネットワークを構築していましたが、機器の老朽化が進み、学術情報ネットワーク(SINET)の100G化への対応が求められていたことから、最新のネットワーク設備への更新が求められていました。また、2ヵ所にコアスイッチが分散されていたため、災害時に電源供給が困難になった場合の対応策や、属人化していた運用にともなう負荷の軽減が求められていました。

採用基準と理由

こうした課題を解決するため、新たなネットワークでは高性能なコアスイッチで1カ所にまとめることが決められ、最終的に東京キャンパスを含めた全キャンパスに「EX3300シリーズ」を設置し、「EX9214」に集約されました。今回の採用にあたっては、広大なキャンパスで張り巡らされるネットワークであったため、信頼性と機器の耐久性が最も重視されました。もともと従前のネットワークで長年にわたって運用していたジュニパーネットワークスのマルチサービス・エッジルーター「M120」が故障をせず、トラブルの原因にならなかったこともジュニパー製品に対する高い評価につながりました。

また、ジュニパーネットワークス製品の共通OS「JUNOS」の使いやすさも採用理由の一つとなりました。直感的にJUNOSを扱うことができる点や、トラブルが発生してもすぐに戻すことができるため、安心して運用できるという点などが評価されました。

さらに、「EXシリーズ」のVirtual Chassis(VC)技術を利用できる点も大きなメリットとして評価されました。ディストリビューションスイッチを配備せず、キャンパス内にある多数の建物の各階に設置したアクセス・スイッチとコアスイッチを直接接続することで物理的なスイッチの台数を削減し、かつVC技術で建物ごとにアクセス・スイッチを統合することによって、論理的な台数を減らすことができます。また、導入中に仕様を追加し、管理負荷の軽減を図りました。フロアスイッチの運用や各部局のサポートは外部の事業者に委託しているため、トータルコストの削減を期待できます。


図:筑波大学のネットワーク概要

今後の展望

今後は、既存のSINET4ネットワークへの10Gbps接続から、整備中のSINET5に対する100Gbps 接続も予定されています。筑波大学では、東京大学や高エネルギー加速器研究機構との共同研究も進められており、大量の実験データが扱われるため、スマートフォンやクラウドサービスの活用もいっそう広がり、 これまで以上に高速なネットワーク回線が求められるようになります。そうした拡張性のために新たなルーターとして「MX480」を選定しました。また、ルーター、スイッチに搭載されているJunos OSの自動化(ネットワーク・プログラミング)機能を活用し、運用の効率化を促進する予定です。

コメント

筑波大学、情報環境機構学術情報メディアセンター、ネットワーク研 究開発部門の佐藤聡准教授 「ジュニパーネットワークスのソリューションによって、信頼性・耐久性にすぐれ、柔軟かつ迅速に運用できるインフラが整いました。研究者として試してみたいこともあり、非常に楽しみなネットワークが構築できたと感じています。 さらに今後は、スマートデバイスを収容するため、Wi-Fi インフラの拡張も進めたいと考えています。認証基盤の刷新も検討しているので、ジュニパーネットワークスの製品ラインアップの拡充に期待しています。」

国立大学法人筑波大学について

1872 年、日本初の師範学校(東京師範学校)を基とする東京教育大学を前身に持つ。従来の大学・研究施設等の閉鎖的な部分を反省し、国内外に開かれた大学で あることを目指し、1973年に建学された。新しい大学の仕組みを率先して実現することを基本理念として、日本国の大学改革を 先導する役割を担う。周囲にはさまざまな 研究機関が配備されており、日本でも有数 の学術都市としても知られる。
http://www.tsukuba.ac.jp/

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ネットワークのビジネスを変革する製品、ソリューション、サービスによって現状に挑戦しています。弊社は、自動化、柔軟性、俊敏性を備えたセキュアなネットワークと、パフォーマンス、価値を提供するために、顧客とパートナー企業と共に変革を起こしています。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下をご覧ください。
https://www.juniper.net/jp/TwitterFacebook

【その他の情報】

J-Net: https://www.juniper.net/jp/jp/community/
ジュニパーネットワークスに関する最新情報を提供

  • Junos Central(英語)・・・ネットワークOS「Junos®」に関する各種情報を掲載

  • フォーラム・・・参加者同士で、情報交換ができる掲示板ウェブサイト

  • ブログ・・・ジュニパーネットワークスが運営する公式ブログ

Twitter: @Juniper_Japan
Youtubeジュニパーチャンネル: http://www.youtube.com/junipernetworks
ジュニパーネットワークス株式会社について
〒163-1445 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー45F
電話番号(代表): 03-5333-7400

Juniper Networks、Juniper Networksロゴ、JunosおよびQFabricは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。その他、記載の各名称は、各所有者に所有権があります。

<報道関係からの問合せ先>
エデルマン・ジャパン株式会社
安達、中田
TEL:03-4360-9000
Email:juniperjp@edelman.com

Juniper Networks、Juniper Networksロゴ、およびJunosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。その他、記載の各名称は、各所有者に所有権があります。