プレスセンター

2015

Navigation
ビットアイルの「ビットアイルコネクト」にジュニパーネットワークスの 3Dユニバーサル・エッジルーター「MX80」と「MX480」が採用

―「MXシリーズ」が他社クラウドとプライベートネットワークで接続する 「ビットアイルコネクト」のマルチクラウドを実現し、ビットアイルのクラウドビジネスの成長を支援―

ジュニパーネットワークス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:古屋知弘、以下 ジュニパーネットワークス)は、株式会社ビットアイル(本社:東京都品川区、代表取締役社長:寺田航平、以下ビットアイル)が2014 年12月に提供開始したソリューション「ビットアイルコネクト」にジュニパーネットワークスの3Dユニバーサル・エッジルーター「MXシリーズ」の「MX80」と「MX480」が採用されたことを発表しました。「ビットアイルコネクト」は、ビットアイルクラウドやビットアイルのデータセンターのみならず、他の事業者やユーザのオンプレミス環境とをプライベート・ネットワークで接続することでハイブリッド・マルチクラウドを実現するサービスです。SDNに対応している「MXシリーズ」は、クラウドとデータセンターをシームレスに相互接続するためのクラウド間の相互接続性、高い収容性、運用負荷の軽減を実現できることから本サービス向けに選択され、ビットアイルのクラウドビジネスを支援しています。

採用の背景

「ビットアイルコネクト」は、ビットアイルクラウドやビットアイル データセンターだけでなく、ニフティクラウドやAmazon Web Services、Microsoft Azure、IBM SoftLayer など他社のパブリック・クラウドサービス、ユーザのオンプレミス環境などを相互接続するサービスです。ユーザには専用の仮想L3スイッチが提供され、基盤同士を仮想的なプライベート・ネットワークとして繋ぐことができるため、専用線接続よりコストを抑えることができます。本サービスを開発する上で課題となったのは、確実に接続でき、障害が起きにくく、安心して利用できる技術を用いた相互接続の実現でした。これを実現するため、ビットアイルはMPLS(Multi-Protocol Label Switching)を用いたVPN構成を採用しました。

採用理由

自社のクラウドサービスを支援するソリューションとして、ビットアイルは、マルチテナント・データセンターの相互接続を容易にサポートするために、複数のMPLSを利用できる機器からの優れた接続性や安定性と実績を重視し、ジュニパーネットワークスの「MXシリーズ」を採用しました。決定的な採用理由は、運用管理のしやすさでした。特にジュニパーネットワークス製品に共通して搭載されるネットワークOS「Junos」が評価されました。ビットアイルは、インターネット・バックボーンにも多数のジュニパーネットワークス製品を導入しており、「Junos」の扱いに慣れているエンジニアが多数在籍しています。

また、クラウドへのニーズと「ビットアイル コネクト」のユーザ拡大が予想されたため、収容性能の高さが求められ、特にマルチテナンシー性能とポート密度が重視されました。さらに、ラックスペースの観点から、「MX480」の高性能(最大システム容量5Tbps)かつ8U(1/4ラック)サイズの小型筐体による取扱いと作業の容易性も評価されました。

MPLSの導入においては「Junos」のロジカルシステム機能が役立ちました。従来の開発現場では実機がないとネットワークの検証は困難でしたが、「MXシリーズ」は1 台の物理ルーター上に複数の仮想ルーターを構成し、さまざまな検証環境を構築することができます。

コメント

株式会社ビットアイルのクラウド・ITソリューション本部技術部クラウド基盤グループの和久朝丈氏は次のように述べています。「私たちに必要なものは、競争の激しいクラウド市場で、今後の5年を戦える将来性を持った機器です。特にMX480は、性能も拡張性も優れており、私たちの要件をすべて満たしていました。そして筐体がコンパクトであるところも重要なポイントでした。」

株式会社ビットアイルのクラウド・ITソリューション本部技術部ネットワークグループ課長の南部聡司氏は次のように述べています。「MXシリーズは、安定的で作業負担も小さく、最適なソリューションであったと感じています。トラブルが発生しないため、新しいサービスの企画や開発への注力できるのもメリットです。」

今後について

ビットアイルでは、MPLS上で利用しているL3 VPNに加え、将来的にVPLSやEVPNによるL2 接続の提供も検討しています。また、ビットアイルコネクトでサポートする相互接続先を増やしていくことを検討しています。

参考資料

他社クラウドとプライベートネットワークで接続するサービス「ビットアイル コネクト」MXシリーズが実現するマルチクラウドの世界

【株式会社ビットアイル】

会社名: 株式会社ビットアイル(東証一部 証券コード:3811)(英文表記:Bit-isle Inc.)
所在地: 東京都品川区東品川2-2-28
代表者: 代表取締役社長 寺田 航平
URL: http://www.bit-isle.jp/
事業内容: ■データセンターサービス ■クラウドサービス ■運用サービス ■システムインテグレーション

<報道関係からの問合せ先>
エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
TEL:03-4360-9000
Email:juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークス(NYSE: JNPR)は、ルーティング、スイッチング、セキュリティにイノベーションをもたらします。ネットワーク・コアから消費者向けデバイスまで、ジュニパーネットワークスのイノベーションはネットワーキング体験とビジネスを変革するソフトウェア、シリコン、システムを提供しています。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下をご覧ください。
https://www.juniper.net/jp/TwitterFacebook

【その他の情報】

J-Net: https://www.juniper.net/jp/jp/community/
ジュニパーネットワークスに関する最新情報を提供

  • Junos Central(英語)・・・ネットワークOS「Junos®」に関する各種情報を掲載

  • フォーラム・・・参加者同士で、情報交換ができる掲示板ウェブサイト

  • ブログ・・・ジュニパーネットワークスが運営する公式ブログ

Twitter: @Juniper_Japan
Youtubeジュニパーチャンネル: http://www.youtube.com/junipernetworks
ジュニパーネットワークス株式会社について
〒163-1445 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー45F
電話番号(代表): 03-5333-7400

Juniper Networks、Juniper Networksロゴ、JunosおよびQFabricは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。その他、記載の各名称は、各所有者に所有権があります。