プレスセンター

2013

Navigation
OPTUSが4Gモバイル向け次世代コアネットワーク基盤の構築に、ジュニパーネットワークスのパケット・トランスポート・スイッチを採用

ジュニパーネットワークス(NYSE:JNPR)は、Optusが次世代統合コアネットワークの基盤に、ジュニパーネットワークスのパケット・トランスポート・スイッチ「PTX5000」を採用したことを発表しました。PTXプラットフォームは、マルチプロトコル・ラベル・スイッチング(MPLS)の効率性と、シンプルなスイッチング/集積回路を併せ持ちます。同プラットフォームにより、Optusはコスト管理とコアネットワークの拡張を両立しながら、新たに展開する4GのLTEモバイルネットワークに伴って急増するデータ量に対応する事ができます。

Optusでは、モバイルネットワークの急成長に伴って、他の通信事業者と同様にマージンの重圧に直面し、ネットワークのビットあたりのコストを削減すると共に、ネットワーク環境の複雑化を制限あるいは軽減する必要に迫られていました。そのため、Optusは同社の次世代統合コアネットワークの基盤にジュニパーネットワークスのPTXシリーズパケット・トランスポート・スイッチを採用し、ネットワークの拡張性、密度、効率性を高めました。これにより、Optusは収益性を確保しながら、増大し続けるモバイル・スマートデバイスやトラフィック予測が難しいクラウドアプリケーション、動画アプリケーションに対応することができます。

本ニュースのハイライト

  • Optusは、既存のコアネットワークを統合プラットフォームとして活用し、モバイル・ネットワークと有線サービスの双方をサポートしています。共通のトランスポート・リンクとコアMPLSサービスを活用することで、ビジネス全体をサポートします。
  • Optusは、まずオーストラリアのメルボルンにジュニパーネットワークスのPTXシリーズを導入し、2013年中に他の主要拠点への導入を順次拡大する予定です。
  • ジュニパーネットワークスのJunos®OSをPTXプラットフォームに実装することで、Optusの基幹業務アプリケーションおよび管理システムの信頼性と性能が高まります。
  • Optusは、ジュニパーネットワークスの仮想ネットワーク環境Junosphere™を活用し、新たなネットワークの設計とモデリングを行い、移行のプランニングをサポートしました。Junosを基盤としたネットワークを展開するサービス・プロバイダや企業・組織は、Junosphereの活用により、ラボのハードウェアに対して多大な投資をしなくても自社ネットワークのレプリカを作成し、クラウド環境で実行できます。
  • また、Optusはジュニパーネットワークスが提供するプロフェッショナル・サービス「Testing as a Service」を利用し、テストラボでのテスト、プランニング、実行ができるため、自社のラボと設備開発・運営に投資をする必要がありません。これにより、プロジェクトのリスク軽減に加え、Optusはネットワーク設計手法におけるジュニパーネットワークスの専門性、ツール、標準化されたテストを活用し、製品のシームレスな導入を実現できます。
  • Optusは、次世代コアネットワークの導入を含む重要なネットワーク・イニシアチブのパートナーとして、ジュニパーネットワークスのグローバル・アライアンスパートナーである、モバイル・ブロードバンド業界大手Nokia Siemens Networks 社を選びました。

SingTel Group に属するOptusは、豪州第2位の規模を誇る通信事業者で、政府官公庁、企業、住宅向けに有線およびモバイルの幅広いネットワーク・サービスを提供しています。

Optusのコンバージド・サービス・エンジニアリング担当副社長、カリム・ネジャイム(Karim Nejaim)氏は、次のように述べています。「当社の成長戦略に必要なコアプラットフォームを慎重に比較検討した結果、必要な密度を提供できるジュニパーネットワークスのPTXシリーズパケット・トランスポート・スイッチの導入を決定しました。PTXプラットフォームの最適化された環境により、ネットワークの拡大にあわせたコスト管理と、優れた電力効率により既存の電力環境に収まる範囲内での管理が可能になりました。」

ジュニパーネットワークスのマーケティング・事業戦略担当副社長、マイク・マルスラン(Mike Marcellin)は、次のように述べています。「今回、Optusが当社のPTXプラットフォーム・パケット・トランスポート・スイッチを採用したことは、当社のコアネットワーク戦略の有効性を証明するうえで重要な意味を持っています。常に重圧下にあるキャリア・ネットワークのリソースに対し、当社のPTXシリーズはスーパーコアの拡張性、信頼性、自動化の業界標準として、最適な省電力性と省スペース性、TCO(総所有コスト)の削減を実現します。」

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ハイパフォーマンス・ネットワーキングのリーダーです。サービスおよびアプリケーションの一元化されたネットワークにおける展開を加速するのに不可欠な、即応性と信頼性の高い環境を構築するハイパフォーマンスなネットワーク・インフラストラクチャを提供するジュニパーネットワークスは、お客様のビジネス・パフォーマンスの向上に貢献します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下のURLでご覧になれます。
https://www.juniper.net/jp/

【その他の情報】

J-Net: https://www.juniper.net/jp/jp/community/
ジュニパーネットワークスに関する最新情報を提供

  • Junos Central(英語)···ネットワークOS「Junos®」に関する各種情報を掲載
  • フォーラム···参加者同士で、情報交換ができる掲示板ウェブサイト
  • ブログ···ジュニパーネットワークスが運営する公式ブログ

Twitter: @Juniper_Japan
Youtubeジュニパーチャンネル: http://www.youtube.com/junipernetworks

ジュニパーネットワークス株式会社について

〒163-1445 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー45F
電話番号(代表): 03-5333-7400

Juniper NetworksおよびJunosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。Juniper NetworksロゴおよびJunosロゴは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス·マーク、登録商標、登録サービス·マークは、各所有者に所有権があります。ジュニパーネットワークスの製品に関する情報や比較はすべて、社内試験の結果および競合製品や業界標準に関して公表されている情報に基づくものです。