プレスセンター

2012

Navigation
ジュニパーネットワークス、中規模データセンター向けの新製品 「QFX3000-M」の提供開始

―「QFabric」システムである新製品「QFX3000-M」と「EX8200」の強化機能により、 管理の簡素化、パフォーマンスの向上、シームレスな拡張を実現―

ジュニパーネットワークス(NYSE: JNPR)は、本日、同社初の「QFabric™」システムである「QFX3000-G」が持つあらゆるメリットを、中規模データセンターにもたらす新製品「QFX3000-M」 の提供開始を発表しました。「QFX3000-M」は競合製品との比較で、設置面積を最大63%、ケーブル数を最大74%、消費電力を最大57%削減できます。また、ジュニパーは本日、バーチャル・シャーシ技術に対応した「EX8200」スイッチに強化機能を追加しました。これにより、最大4つのデータセンター・コアを単一スイッチで管理できるようになります。

ジュニパーネットワークスのポートフォリオに追加されたこれらの新製品・ソリューションにより、データセンターの管理が簡素化され、企業にとってのビジネスの俊敏性も向上するほか、多層型の従来のネットワークにつきものの複雑性の問題を解消できます。「QFX3000-M」は、中規模データセンター、サテライト・データセンター、最新の10GbEデータセンター・ポッド、および設置面積の限られた環境に適した製品であり、ストレージの融合、ビッグデータ、仮想化の需要に応える上で重要なネットワークの特性となっている、拡張性の向上、簡素化、パフォーマンス向上を実現します。

製品の主な特徴:

  • シームレスな投資保護と拡張性:「QFX3000-M」の核として、ジュニパーは、最新の固定フォームファクタ・インターコネクトである「QFX3600-I」の提供を開始します。これによって、顧客は、48個の10GbEから、「QFabric」システムの「QFX3000-G」を使用した最大6144個の10GbEポートまで、徐々に拡張することができます。
  • 超高速処理:新製品の「QFX3000-M」は、遅延が3マイクロ秒以下という超高速パフォーマスを誇り、サーバー間のトラフィック速度は、1000本のHD(高品位)映画を1秒でストリーミングするに速度に相当します。
  • シームレスな統合:同じく本日発表された「QFX3600」ノードは、以前に発表された「QFX3500」と同様、両方の「QFabric」システムへの導入の入り口として最適な製品です。「QFX3600」は、40GbEのトップオブラック・スイッチとして、2012年下半期の提供開始を予定しています。
  • 柔軟性とシームレスな移行:1GbEと10GbEの混合環境向けのデータセンター・ソリューションである、ジュニパーの「EX8200」は、業界唯一のサイト内データセンター接続機能に対応しており、ネットワーク管理者は、最大80kmで区切られた最大4つのデータセンターを単一のロケーションとして管理できます。

本ニュースに関する各社からのコメント:

オークランド大学

「当大学は、新たな技術を先駆的に採用することが多く、ジュニパーネットワークスの『QFabric』技術も例外ではありません。当社は昨年、ジュニパーの3-2-1データセンター・ネットワークの簡素化のアプローチを採用しました。新たな2層ネットワークを導入しましたが、これは実際、非常に効果的に機能しています。『QFabric』システムを評価した結果、運用と低遅延のパフォーマンスでメリットがありました。これらは特に、ハイパフォーマンス・コンピューティングに重要であり、非常に魅力的であったことから、両方のデータセンターを通じ、標準のインフラストラクチャとして採用を決定しました。これによって、ジュニパーネットワークのEXシリーズ イーサネット・スイッチへの投資ができるため、キャンパス・ネットワークが必要としているアップグレードのコストが削減されます。」
- オークランド大学、オペレーション部門アソシエイト・ディレクター、ジェームス・ハーパー(James Harper)氏

Jan Yperman Hospital

「Jan Yperman Hospitalは、最高の患者ケアと研究で定評があり、新たな作業方法、臨床診療、患者サービスを実現する画期的な技術を非常に重視しています。画期的な機能、卓越したパフォーマンスのほか、拡張性とコスト管理の点で将来への対応も実現していることから、ジュニパーの『QFabric』は、当社のデータセンター向けに理想的なソリューションとなっています。当然のことですが、信頼性、簡素化、安定性も、病院ネットワークの重要な要件であり、これらはすべて、『QFabric』が提供してくれます。中でも、その低遅延には、大きな感銘を受けました。」
Jan Yperman Hospital、ICT担当マネージャ、フランキー・デルー(FranckyDeleu)氏

ガートナー社

「データセンター設計者は、『適切な規模の』データセンター・ネットワークを構築することを、より重要視しています。市場の一部のセグメントが高い拡張性を求める一方、大半の企業では、高密度の仮想化コンピューティング・プラットフォームに適した、データネットワーク・アーキテクチャ内により小さく収まる、高いパフォーマンスをもった製品が求められています。」 ガートナー社、バイスプレジデントで著名アナリストの、マーク・ファビ(Mark Fabbi)氏

451 Research Group

「ジュニパーの新製品『QFX3000-M』は、より小型なパッケージでQFabricに対応しており、中規模データセンターにとってはより魅力的であり、新規ユーザーにとってはより導入しやすいものとなっています。」
- 451 Research Group、リサーチディレクター、エリック・ハンセルマン(Eric Hanselman)氏

TorreyPoint Group

「10GbEに移行したお客様は、ネットワーク管理を簡素化できる体制にあるため、当社としては、中規模データセンター向けの、ジュニパーの革新的な『QFabric』ソリューションが登場するのを心待ちにしていました。市場には絶対的なニーズがあり、お客様は、パフォーマンスや拡張性が保証され、ネットワークの効率性を高めるソリューションを必要としています。」
- TorreyPoint Group、セールス担当バイスプレジデント、ジョージ・ミラー(George Miller)氏

ジュニパーネットワークス

「耐久性を追求して造られた建物は、最高の建築材料を使用し、しっかりとした基盤の上に造られています。データセンターの場合も、これと同じです。本日より、ジュニパーは、中規模企業の役員の皆様に、管理の簡素化、複雑でない拡張性、およびお客様のデータセンターで高いアプリケーション・パフォーマンスを実現するための基盤とツールを提供させていただきます。」
ジュニパーネットワークス、データセンター・ビジネスユニット、エグゼクティブ・バイスプレジデント兼ジェネラル・マネージャ、R・K・アナンド(R. K. Anand)

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ハイパフォーマンス・ネットワーキングのリーダーです。サービスおよびアプリケーションの一元化されたネットワークにおける展開を加速するのに不可欠な、即応性と信頼性の高い環境を構築するハイパフォーマンスなネットワーク・インフラストラクチャを提供するジュニパーネットワークスは、お客様のビジネス・パフォーマンスの向上に貢献します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下のURLでご覧になれます。
https://www.juniper.net/jp/

【その他の情報】

J-Net:https://www.juniper.net/jp/jp/community/
ジュニパーネットワークスに関する最新情報を提供

  • Junos Central(英語)・・・ネットワークOS「Junos®」に関する各種情報を掲載
  • フォーラム・・・参加者同士で、情報交換ができる掲示板ウェブサイト
  • ブログ・・・ジュニパーネットワークスが運営する公式ブログ

Twitter:@Juniper_Japan

Youtubeジュニパーチャンネルhttp://www.youtube.com/junipernetworks

ジュニパーネットワークス株式会社について

〒163-1445 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー45F
電話番号(代表): 03-5333-7400

Juniper NetworksおよびJunosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.
の登録商標です。Juniper NetworksロゴおよびJunosロゴは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。ジュニパーネットワークスの製品に関する情報や比較はすべて、社内試験の結果および競合製品や業界標準に関して公表されている情報に基づくものです。