プレスセンター

2012

Navigation
ジュニパーネットワークス、モバイル端末のセキュリティ動向に関する2011年度調査結果を発表

2011年6月から7ヶ月間で、Android端末を狙ったマルウェアが3,325%増加海賊版アプリを利用した、新手の攻撃手法も

ジュニパーネットワークス(NYSE: JNPR)は2月15日、「2011 Mobile Threats Report」にてモバイルマルウェアに関する新たな調査結果を発表しました。本レポートは一次資料による定量調査としてはこの分野で最大規模のもので、実際の調査はモバイルセキュリティに特化した世界唯一の脅威対策センターである、ジュニパーネットワークス・モバイル脅威センター(Juniper Networks Mobile Threat Center)が担当しています。

「2011 Mobile Threats Report」の以下の主な調査結果は、モバイル端末に対する攻撃の急増を裏付けるものとなりました。

主な調査結果:

1. モバイルマルウェア攻撃が過去最多: 2011年はモバイルマルウェア攻撃が過去最多となり、特にGoogleのAndroid端末が狙われた。

2. モバイルマルウェアの巧妙化: サイバー犯罪者は、あらゆるモバイルプラットフォームや端末に対して、脆弱性や人間の行動を悪用した新たな詐欺手法を次々と編み出している。

3. モバイル端末に対する容易な攻撃手法の増加:高度で複雑な、技術レベルの高い攻撃が減り、小規模でソーシャル化した、すぐに金銭を騙し取れる手口が増加している。モバイルユーザーがアプリケーションをダウンロードする機会がかつてないほど増えているため、アプリケーション自体がハッカーにとっての「キラーアプリ」となり、端末への最も一般的な侵入方法となりつつある。

ジュニパーネットワークス・モバイル脅威センターは、「2011 Mobile Threats Report」の作成にあたり、モバイル端末の主要なオペレーティングシステムすべてにわたって、79万点を超えるアプリケーションと脆弱性を調査しました。

その他調査結果

  • ジュニパーネットワークス・モバイル脅威センターが調査した全モバイル端末・プラットフォームにおいて、2010年から2011年の1年間でマルウェアが155%増加。 2011年6月から12月の7ヶ月間だけで、Android端末を狙ったマルウェアは3,325%増加。
  • 2011年に報告されたモバイル端末を標的にしたマルウェアの大部分を、スパイウェア(63%)とSMSトロイの木馬(36%)が占めた。
  • Appleの iOSは、プラットフォームの閉鎖性ゆえにセキュリティ調査の範囲は限定的であるが、2011年にはセキュリティ調査員がApple App Storeに未承認アプリを登録することに成功した。
  • 「フェイク・インストーラー」と呼ばれる新手の攻撃手法が、2011年に報告されたマルウェアの中で最も急速に増加している。このマルウェアは、通常は無料である人気アプリの海賊版を、巧妙に有償で購入させるものである。
  • マルウェアの脅威が高まっていることに加え、ユーザーや企業は、モバイル端末の紛失や盗難という従来からあるリスクにもさらされている。2011年だけでも、ジュニパーの包括的なモバイル端末セキュリティ/管理ソリューション「Junos® Pulse モバイル・セキュリティ・スイート」ユーザーの5人に1人が、遠隔操作によりモバイル端末の位置を特定している。

本ニュースに関するコメント

ダン・ホフマン(Dan Hoffman)

ジュニパーネットワークス チーフモバイルセキュリティエバンジェリスト 「モバイルマルウェアの急増に加え、端末の紛失・盗難に対して根強い不安があることは、モバイルセキュリティの確保がいかに重要であるかを物語っています。そしてそれは、企業だけでなくすべてのユーザーにかかわる問題でもあります。当社は、モビリティにおける信頼を確立することが、大規模なネットワークや強力なアプリケーションの開発と同様に重要な課題であると考えています。」

サンジェイ・ベリ(Sanjay Beri)

ジュニパーネットワークス Junos Pulseビジネスユニット担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャ

「個人であれ企業であれ、モバイル端末を使用する際には、セキュリティ対策を導入することが不可欠です。モバイル端末のセキュリティ確保には、漏えい対策を施した接続、送信中のデータに対するのぞき見や盗難の防止、拡散力のあるマルウェアからの防御、端末やアプリを管理するツールの実装、紛失や盗難の際のデータやユーザーID、パスワードの保護対策などを組み合わせることが必要となります。」

「2011 Mobile Threats Report」(英語)は下記よりご覧いただけます。 www.juniper.net/security.

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ハイパフォーマンス・ネットワーキングのリーダーです。サービスおよびアプリケーションの一元化されたネットワークにおける展開を加速するのに不可欠な、即応性と信頼性の高い環境を構築するハイパフォーマンスなネットワーク・インフラストラクチャを提供するジュニパーネットワークスは、お客様のビジネス・パフォーマンスの向上に貢献します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下のURLでご覧になれます。 https://www.juniper.net/jp/

【その他の情報】

J-Net: https://www.juniper.net/jp/jp/community/

ジュニパーネットワークスに関する最新情報を提供

Junos Central(英語)・・・ネットワークOS「Junos®」に関する各種情報を掲載

フォーラム・・・参加者同士で、情報交換ができる掲示板ウェブサイト

ブログ・・・ジュニパーネットワークスが運営する公式ブログ

Twitter: @Juniper_Japan

Youtubeジュニパーチャンネル: http://www.youtube.com/junipernetworks

ジュニパーネットワークス株式会社について

〒163-1445 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー45F 電話番号(代表): 03-5333-7400

Juniper NetworksおよびJunosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。Juniper NetworksロゴおよびJunosロゴは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。ジュニパーネットワークスの製品に関する情報や比較はすべて、社内試験の結果および競合製品や業界標準に関して公表されている情報に基づくものです。

<報道関係からの問合せ先>

エデルマン・ジャパン株式会社 山平、安達、中田 TEL: 03-6858-7711 E-mail: japan-media@juniper.net