プレスセンター

2012

Navigation
ジュニパーネットワークス、省電力でハイパフォーマンスな無線LANアクセスポイント製品「WLA532」を発表

大学や病院など、高密度のアクセス・スポットのWi-Fi帯域幅の問題を解決、シンプル・コネクト・ネットワーク実現に向けた製品群を拡充

ジュニパーネットワークス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:細井洋一、以下ジュニパーネットワークス)は、3ストリームの802.11n無線LANアクセスポイント「WLA532」を発表しました。「WLA532」は、高密度のWi-Fi環境向けにネットワーク容量を増加させるよう、設計されています。マルチメディア・アプリケーションによるデータトラフィックを、大量かつ遅延なく扱うことが必須とされる教育機関や医療機関などに最適です。

WLAシリーズ」の新製品である「WLA532」は、“簡単につながる”をコンセプトに、ジュニパーネットワークスが提唱している「シンプル・コネクト・ネットワーク」 製品群の1つでもあります。「WLA532」を導入することで、膨大な数のユーザーが、タブレット端末やスマートフォン、ノートパソコンなど様々なモバイ ル端末から帯域幅集中型のアプリケーションへの同時アクセスを必要とする際も、予測可能で干渉されることのない接続性の確保が可能になります。

「WLA532」は、厳しい要件が求められる教育機関や医療機関などの無線LAN環境において、シームレスで効率的でセキュアなアクセスを確保するため、帯域幅および電波干渉の管理、消費電力の削減、セキュリティ機能など、幅広い範囲にわたって高度な機能を提供します。

WLAN532の特徴


  • 低コストで高いWLAN容量を実現: 前世代の802.11nアクセスポイントと比較した場合、「WLA532」では、容量が50%、パフォーマンスが40%強化されているので、フロアごとに必要なアクセスポイント数を削減し、WLANの全体的な信頼性を向上することができます。
  • 消費電力の削減: PoE(Power over Ethernet)と自動パワーオフ機能の統合により、「WLA532」は、従来の製品と比較して最大10%の消費電力削減を実現します。
  • 信頼性の向上によるIT部門へのサポートコールの減少: 「WLA532」は、スペクトル分析機能を通じて、IT部門に無線ネットワークの電波干渉源に対する完全な可視性とアクセスを提供することにより、 WLANのプランニング・サイクルにおけるプランニングとプロビジョニングをサポートします。さらに、Wi-Fiネットワークの全体的な信頼性を高め、干 渉源を明確に把握した上でアクセスポイントを展開できるので、ITスタッフの負荷が軽減されます。
  • 強化されたセキュリティがビジネス・コミュニケーションを保護: TPM(Trusted Platform Module)のサポートを通じてハードウェアとソフトウェア両方の信頼性と統合性を確保するとともに、有線暗号化アクセラレーション(wired- crypto acceleration)によってリモートWLANサイトへのセキュアな高速リンクを実現します。
  • 洗練されたデザイン:「WLA532」は、現在の市場で最もコンパクトな3ストリー ムの802.11n WLAN無線LANアクセスポイントで、コンカレントモードでのデータ通信とWi-Fiスペクトル分析をサポートしています。また、簡単に設置できるコン パクトなボディにアンテナを内蔵した独自のデザインで2.4GHz/5GHz の両方を通じたロードバランス機能など、他にはない多くの独自機能を提供します。
「WLA532」の製品画像は、以下のURLからダウンロードいただけます。
https://www.juniper.net/us/en/company/press-center/images/image-library/wla532/

本ニュースに関するコメント

ショーン・オコーナー(Sean O’Connor)氏
Worcester Polytechnic Institute(米ウースター工科大学) CIO(最高情報責任者)

「キャンパス・ネットワークに対するジュニパーネットワークスのシンプル・コネクト・ネットワークというアプローチは、現在私たちがキャンパス・ネット ワークに求めている高速で信頼できる無線アクセスへのニーズを満たしてくれます。すでに、ジュニパーネットワークスのスイッチング・ソリューションとルー ティング・ソリューションを使ってその価値を認識している私たちにとって、キャンパス・ネットワーク全体をWLA532へ移行するということは、まさに的 確な判断であると言えるでしょう」

スティーヴ・トロイヤー(Steve Troyer)

 ジュニパーネットワークスワイヤレス製品管理担当バイス・プレジデント 「ユーザーが個人所有の端末をキャンパスや職場へ持ち込むようになったことで、IT管理者は、膨大な無全トラフィック負荷に対応しなければならなくなりま した。特に、大学や病院など、高密度・高速なクライアント環境では、セキュアで迅速な無線アクセスが欠かせません。WLA532は、エンタープライズの無 線環境をサポートする弊社のポートフォリオをさらに広げ、最も高いパフォーマンスと、最もシンプルな無線接続を実現する環境をユーザーに提供します」

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ハイパフォーマンス・ネットワーキングのリーダーです。サービスおよびアプリケーションの一元化され たネットワークにおける展開を加速するのに不可欠な、即応性と信頼性の高い環境を構築するハイパフォーマンスなネットワーク・インフラストラクチャを提供 するジュニパーネットワークスは、お客様のビジネス・パフォーマンスの向上に貢献します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下のURLで ご覧になれます。
https://www.juniper.net/jp/

【その他の情報】

J-Net: https://www.juniper.net/jp/jp/community/
ジュニパーネットワークスに関する最新情報を提供

  • Junos Central(英語)・・・ネットワークOS「Junos®」に関する各種情報を掲載
  • フォーラム・・・参加者同士で、情報交換ができる掲示板ウェブサイト
  • ブログ・・・ジュニパーネットワークスが運営する公式ブログ

Twitter: @Juniper_Japan
Youtubeジュニパーチャンネル: http://www.youtube.com/junipernetworks

ジュニパーネットワークス株式会社について

〒163-1035東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー45F 電話番号(代表): 03-5333-7400 Juniper NetworksおよびJunosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。Juniper NetworksロゴおよびJunosロゴは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。ジュニパーネット ワークスの製品に関する情報や比較はすべて、社内試験の結果および競合製品や業界標準に関して公表されている情報に基づくものです。

<報道関係からの問合せ先>

・ジャパン株式会社

山平、安達、中田

TEL: 03-6858-7711

E-mail: japan-media@juniper.net

(米国リリース抄訳)


当資料は、2011年11月16日発表の米国ニュースリリースの抄訳版です。