プレスセンター

2011

Navigation
ジュニパーネットワークス、「RSA Secured® Partner Program」認定を取得したJuniper Networks vGW Virtual Gatewayセキュリティ・ソリューションを日本で本格販売

相互運用性により、ITログ管理の簡素化と、プライベート・クラウドおよびハイブリッド・クラウドにおけるコンプライアンスを強化

ジュニパーネットワークス株式会社(本社: 東京都新宿区、代表取締役社長: 細井 洋一、以下 ジュニパーネットワークス)は、2010年12月に買収したAltor Networks社の技術に基づいた「Juniper vGW Virtual Gateway」ソリューションを日本で本格的に販売を開始しました。Juniper vGW Virtual Gatewayは、プライベート・クラウドとハイブリッド・クラウド環境において一貫した仮想化認識型ソリューションを実現します。さらに、RSAセキュリティのRSA Secured® Partner Programへの参加により、RSA®プラットフォームのRSA enVision®との相互運用性が保証され、物理、仮想双方のセキュリティ環境内におけるコンプライアンスと管理機能がより強固なものとなりました。

Juniper vGW Virtual Gatewayは、独自のアプローチにより、包括的なセキュリティと、単一の仮想化環境内で複数の仮想マシン(VM)のセキュリティと隔離が維持されていることを保証します。さらに、vGWのセキュリティの自動化機能が、プライベート環境とハイブリッド環境内でのVMの作成と移動を規制するため、企業と規制に関するコンプライアンスの監視がさらに向上します。

RSA enVisionプラットフォームは、SIEM(セキュリティ情報とイベントの管理)向けの単一の統合ログ管理ソリューションによって、コンプライアンスの簡略化と、効率的で強力なセキュリティ運用とリスクの軽減を実現するのに加え、ITとネットワーク運用を最適化します。また、RSA enVisionプラットフォームは、ITログデータの収集、分析、警告、監査、報告、保存を自動化します。

ジュニパーネットワークス セキュリティ・ビジネス・ユニット バイスプレジデント兼 ゼネラル・マネージャーのダグラス・マーレー(Douglas Murray)は、次のように述べています。「SIEMを効果的に行うには、仮想環境やクラウド環境も含め、すべてのトラフィックフローを包括的に把握する必要があります。RSA Secured® Partner Programに参加することで、Juniper vGW Virtual GatewayソリューションとRSA enVisionソリューションの両方を使用するお客様は、包括的で、かつ実用的なコンプライアンスの全体像を把握することができるようになります」

RSA Secured Partner Programについて

RSA Secured Partner Programは、規模・歴史ともに業界トップクラスを誇る技術アライアンス・プログラムとして、300以上の団体を対象に、1,000を超える相互補完ソリューションを提供しています。RSA SecurID®、RSA® Access Manager、RSA® Adaptive Authentication、RSA® Digital Certificate Solutions、RSA® Hybrid Authenticators、RSA enVision®、RSA® Federated Identity Manager、RSA® Key Manager Suiteの認定プログラムにより、顧客は、自社のソリューションについて相互運用性の認定を取得し、展開期間の短縮と、全体的な総所有コストの削減に関するさらなる保証を得ることができます。RSA Secured Partner Programは、業界全体を通じて創意に富んだコラボレーションを推進し、情報中心型のセキュリティ・ソリューションを活用した標準規格に準拠した相互運用性へのサポートを提供する、情報、ID、インフラストラクチャを保護するための、RSAのコミットメントを反映する取り組みです。

「Juniper vGW Virtual Gateway」の詳しい情報は、以下のURLでご覧になれます。
https://www.juniper.net/jp/jp/products-services/software/security/vgw-series/

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ハイパフォーマンス・ネットワーキングのリーダーです。サービスおよびアプリケーションの一元化されたネットワークにおける展開を加速するのに不可欠な、即応性と信頼性の高い環境を構築するハイパフォーマンスなネットワーク・インフラストラクチャを提供するジュニパーネットワークスは、お客様のビジネス・パフォーマンスの向上に貢献します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下のURLでご覧になれます。
https://www.juniper.net/jp/

【その他の情報】

J-Net: https://www.juniper.net/jp/jp/community/
ジュニパーネットワークに関する最新情報を提供

  • Junos Central(英語)・・・ネットワークOS「Junos®」に関する各種情報を掲載
  • フォーラム・・・参加者同士で、情報交換ができる掲示板ウェブサイト
  • ブログ・・・ジュニパーネットワークスが運営する公式ブログ

Twitter: @Juniper_Japan
Youtubeジュニパーチャンネル: http://www.youtube.com/junipernetworks

ジュニパーネットワークス株式会社について

〒163-1035東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー45F
電話番号(代表): 03-03-5333-7400
※5月9日より上記に移転しました。

Juniper Networksは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。Juniper NetworksロゴおよびJunosロゴは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。

<報道関係からの問合せ先>

共同PR株式会社
第一業務局 小野、児玉
TEL: 03-3571-5326
E-mail: japanmedia@juniper.net

(米国リリース抄訳)

当資料は、2011年2月18日発表の米国ニュースリリースの抄訳版です。