プレスセンター

2011

Navigation
ジュニパーネットワークス、安全な統合型ネットワークアクセスと アプリケーション・コントロール・ソリューションを実現する「Juniper Networks® MAG Series Junos® Pulse Gateway」を発表

小規模事業者から大規模企業まで、 モバイル、リモート、ローカルのすべてのアクセスを安全に統合

ジュニパーネットワークス(本社:米国カリフォルニア州サニーベール、Juniper Networks, Inc. NYSE- JNPR)は本日、安全性の高いネットワーク接続管理と、モバイルワーカーの常時接続用のシングルポイントのコンバージェンス「Juniper Networks® MAG Series Junos® Pulse Gateway」を発表しました。MAG Series Junos Pulse Gateway(以下、MAGシリーズゲートウェイ)は、Junos Pulseクライアントと連動し、業界最先端のジュニパーネットワークスのSSL VPNによるモバイルおよびリモート・アクセスを統合アクセス・コントロール(UAC)技術を用いてローカルのアクセスと統合するモジュラー型専用シャーシです。

MAG シリーズゲートウェイにより、端末の種類や利用場所を問わず、企業規模に応じエンタープライズ・クラスの安全性の高い接続が低コストで実現します。Junos Pulseクライアントとの連携により、場所や端末の種類に関らず、安全なネットワークを提供し、管理する上で必要とされたネットワーク機器やサーバーの数を減らすことができ、運用管理コスト(OPEX)や設備投資コスト(CAPEX)を低減します。さらに、Junos PulseクライアントとMAGシリーズゲートウェイとの組み合わせにより、企業が管理する端末や従業員が個人で所有する端末向けのソフトウェア・アップデートのインストールも最小限に抑えられるため、IT担当者は時間と労力を軽減し、他の業務に集中できるようになります。

ジュニパーネットワークスのJunos Pulse事業部門 バイス・プレジデント兼ゼネラル・マネージャーのサンジェイ・ベリ(Sanjay Beri)は次のように述べています。「モバイルワーカーの数は、急増しています。彼らは、生産性を最大限に高めるために、高速ネットワークやネットワークへの接続性の確保を求めています。企業の経営幹部は、従業員のモビリティに対応し、かつ職務に応じたセキュリティを確保するためのインフラ構築と、すべての面でのコストの最小化という新たな課題に直面しています。MAGシリーズゲートウェイはコストの削減、柔軟な運用管理、さらにスペースやリソースの節減を同時に実現し、ネットワーク・アクセス・インフラの経済性を大きく向上させます。つまり、小規模事業者から大規模企業まであらゆる規模の企業は、モバイルワーカーの急増に伴う課題を解消できるだけでなく今後、それぞれのニーズに応じて新たな技術を統合し、さらなる展開を図ることができるようになります」

製品の主な特長とメリット

「MAG Series Junos Pulse Gateway」は安全性の高い接続を実現し、コストを大幅に削減しながらネットワークやアプリケーションへのアクセスを実現します。

  • アプリケーション密度 – SSL VPNとNAC(ネットワーク・アクセス・コントロール)アプリケーションをサポートします。
  • 卓越した拡張性- Junos Pulseセキュア・アクセス・サービスおよびモバイルアクセスでは100~40,000ユーザー、NACでは200のゲストユーザーから60,000ユーザーまでが同時使用できるようユーザー数を拡張でき、中小規模の事業所から大規模企業まで様々な規模の企業に最適です。
  • パーソナリティ・スイッチング- Junos Pulseセキュア・アクセス・サービスとJunos Pulseアクセス・コントロール・サービス用アプリケーション・モジュールはパーソナリティの変更が可能なので、管理者はアクセスモードごとにセキュリティのコンフィギュレーションを設定し直すことができます。
  • クロスプラットフォーム対応-中小規模事業所でも大規模企業においても、ユーザーはノートブックPC、ネットブック、スマートフォン、タブレット機器を始め、ほぼすべてのモバイル端末から会社のネットワークや情報資源へのアクセスができます。また、Microsoft Windows、Apple Mac OS、Linux、 Apple iOS、Google Android、Nokia Symbian、Microsoft Windows MobileなどほぼすべてのOSに対応しています。
  • 既存インフラの活用-MAGシリーズゲートウェイとそのアプリケーション・サービスにより、バックエンド・データストレージやディレクトリ、802.1Xスイッチ、アクセスポイント、導入済みのジュニパーネットワークスのファイアウォール、セキュリティ・ゲートウェイなどの既存のセキュリティ・インフラを活用し、利用場所にかかわらず、職務に応じたネットワークやアプリケーションのアクセス・コントロールができます。これにより、中小・大規模事業所ともにネットワークの維持・管理に費やす時間を削減し、手順を簡素化できます。

「MAGシリーズゲートウェイ」の詳しい情報は、以下のURLでご覧になれます
https://www.juniper.net/jp/jp/products-services/security/mag-series/

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスについて ジュニパーネットワークスは、ハイパフォーマンス・ネットワーキングのリーダーです。サービスおよびアプリケーションの一元化されたネットワークにおける展開を加速するのに不可欠な、即応性と信頼性の高い環境を構築するハイパフォーマンスなネットワーク・インフラストラクチャを提供するジュニパーネットワークスは、お客様のビジネス・パフォーマンスの向上に貢献します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下のURLでご覧になれます。
https://www.juniper.net/jp/

【その他の情報】

J-Net: https://www.juniper.net/jp/jp/community/
ジュニパーネットワークに関する最新情報を提供

  • Junos Central(英語)・・・ネットワークOS「Junos®」に関する各種情報を掲載
  • フォーラム・・・参加者同士で、情報交換ができる掲示板ウェブサイト
  • ブログ・・・ジュニパーネットワークスが運営する公式ブログ

Twitter: @Juniper_Japan
Youtubeジュニパーチャンネル: http://www.youtube.com/junipernetworks

ジュニパーネットワークス株式会社について

〒163-1035東京都新宿区西新宿 3-7-1新宿パークタワー N棟 35階
電話番号(代表): 03-5321-2600

Juniper NetworksおよびJunosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。Juniper NetworksロゴおよびJunosロゴは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。ジュニパーネットワークスの製品に関する情報や比較はすべて、社内試験の結果および競合製品や業界標準に関して公表されている情報に基づくものです。

<報道関係からの問合せ先>

共同PR株式会社
第一業務局 小野、児玉
TEL: 03-3571-5326
E-mail: japanmedia@juniper.net

(米国リリース抄訳)
当資料は、2011年4月13日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。