プレスセンター

2007

Navigation
ジュニパーネットワークス、移動体通信事業者向けにSession and Resource Controlポートフォリオを強化

-FMC対応でGANおよびFemtocell環境におけるAAAを提供-

ジュニパーネットワークス(米国カリフォルニア州サニーベール、Juniper Networks, Inc. Nasdaq: JNPR)は本日、同社の「Steel-Belted Radius (SBR) SIM Server」の機能をFixed Mobile Convergence(以下、FMC)対応に強化したことを発表しました。今回機能を強化したのは、「SBR SIM Server version 5.4」(以下、SBR SIM サーバー)で、異なるワイヤレスネットワーク環境にアクセスするユーザーを認証できるため、移動体通信事業者が展開するサービスの幅を広げるだけでなく、最小限のコストで収益機会の拡大と顧客満足度の向上を実現します。

ジュニパーネットワークスのSession and Resource Control(以下、SRC)ポートフォリオの鍵として強化された「SBR SIM サーバー」は、SIGTRANに対応するため、移動体通信事業者がレガシー認証インフラを兼ね備えつつ、次世代のIPベースのシグナリングネットワークへのシームレスな移行を可能にします。「SBR SIMサーバー」は、802.1xをはじめ、non-802.1x hotspot、Unlicensed Mobile Access(UMA)、Generic Access Network(GAN)およびFemtocellに対応する認証・許可・アカウンティング(以下、AAA)機能を搭載しています。

ヤンキーグループのエナブリング・テクノロジーズ社副社長であるフィル・マーシャル(Phil Marshall)氏は、次のように述べています。「GANやFemtocellsなどの新しい技術によって、移動体通信事業者は、サービスの幅を拡大し、収益を増加することができます。移動体通信事業者は、コストを最小限に抑えながら既存のインフラとのシームレスな統合が可能なAAAプラットフォームを必要としています。」

SIGTRANは、IETFの標準規格プロトコルで、レガシー型PSTNネットワークと次世代IPネットワークおよびFMCを融合した通信サービスです。レガシー型GSMやUMTS装置に対する投資が高価なのに対して、GAN、UMAやFemtocellなどの新しい技術は、論理的にもコスト的にも効率的で、家庭やオフィス環境ばかりでなく、環境を整備するのが困難な地域にもネットワークを拡大できます。

ジュニパーネットワークスの「SBR SIMサーバー」は、GSMやWCDMAネットワークにおけるサービス提供と認証を管理する高性能のRADIUS/AAAサーバーです。新しい機能を搭載したことで、「SBR SIMサーバー」は、最小限のコストで、移動体通信事業者がWLAN、Femtocell、UMA、ならびにGANへのアクセスサービスを展開することを可能にします。ジュニパーネットワークスのAAAソリューションは、世界中の100社以上の移動体通信者によって導入されています。

ジュニパーネットワークスのアジア太平洋地域担当CTO(最高技術責任者)であるマット・コロン(Matt Kolon)は、次のように述べています。「包括的かつ、柔軟性にとんだAAAの機能は、新規サービスの展開と収益増加ではなく、現在の顧客基盤を守るためのGANやFemtocellといった新しい技術を活用する移動体通信者にとって、必要不可欠な製品です。また、『SBR SIM サーバー』は、費用対効果に優れ、サービスを拡張するために新しいアクセス技術を求めている移動体通信者に最先端の機能性と高い信頼性、優れたパフォーマンスを提供します。世界中のトップ12社の携帯電話会社のうち11社で、インテリジェンスが高く、安全でオープンなジュニパーネットワークスのソリューションが導入されています。今回のアップグレードは、次世代ネットワークのためのSession and Resource Controlソリューションにおけるジュニパーネットワークスのリーダーシップを示すもう一つの例です。」

ジュニパーネットワークスの「Steel-Belted Radius」製品に関する詳しい情報は、以下のURLでご覧になれます。
https://www.juniper.net/jp/jp/

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

  • ジュニパーネットワークスについて
    ジュニパーネットワークスは、大規模IPネットワークにおけるセキュアで接続性の高い通信の構築に大きく貢献しています。高いパフォーマンスを誇る目的特 化型IPプラットフォームは、お客様のさまざまなサービスやアプリケーションをサポートしています。世界中のサービスプロバイダーをはじめ、エンタープラ イズ、政府機関、研究機関、および学術機関がジュニパーネットワークスの製品によって、ユーザー、サービス、アプリケーションによって異なる特定のニーズ に対応できるネットワークを構築しています。ジュニパーネットワークスのネットワークおよびセキュリティ製品ポートフォリオは、世界中のネットワークにお ける拡張性、安全性およびパフォーマンスに対する高い要求を満たしています。ジュニパーネットワークスに関する詳しい情報は、以下のURLでご覧になれま す。www.juniper.net/jp/jp/
  • ジュニパーネットワークス株式会社について
    〒163-1035
    東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー N棟 35階
    電話番号(代表):03-5321-2600

Juniper NetworksおよびJuniper Networksロゴは、米国をはじめ世界各国でJuniper Networks, Inc.の商標として登録されています。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。

<報道関係からのお問合せ先> フォーカスト・コミュニケーションズ株式会社 能宗(のうそう)/金成(かなり) TEL: 03-5157-0033 Email: jn_press@focused.co.jp