SRX4600サービスゲートウェイ

SRX4600は、セキュアなSD-WAN、ハイパフォーマンスのルーティング、およびプライベートクラウドおよびパブリッククラウド環境に対する拡張性に優れた保護を提供します。侵入防止、アプリケーションの可視化と制御、アンチウイルス、アンチスパム、およびWebフィルタリングなどのコンテンツセキュリティ機能など、次世代ファイアウォールの機能をサポートしています。

Advanced Threat Preventionは、ダイナミックなマルウェア検知、SecIntelの脅威フィード、暗号化されたトラフィックインサイト、およびAdaptive Threat Profilingを用いた包括的な脅威防御を提供します。

主な特長


ファイアウォールパフォーマンス(最大)

95 Gbps

IPSパフォーマンス

65 Gbps

VPNパフォーマンス

55 Gbps

最大同時セッション数

6,000 万

ポート

10 GbE(SFP+)x 8
40 GbE/100 GbE(QSFP28)x 4

特長とメリット

Advanced Threat Prevention

Juniper Advanced Threat Preventionは、マルウェアのサンドボックス化、脅威インテリジェンスフィード、およびSSLで暗号化されたトラフィックに潜むマルウェアを検出する暗号化されたトラフィックのインサイトなど、動的な脅威防衛を提供します。

次世代ファイアウォール

侵入防止システム(IPS)、アプリケーションセキュリティ(AppSecure)、ユーザーIDおよびロールベースのアクセスコントロール、およびコンテンツセキュリティ(ネットワークアンチウイルス、アンチスパム、ならびに強化されたWebフィルタリング)などのソフトウェア対応の次世代ファイアウォール(NGFW)機能により、脅威を検知し、軽減することができます。

ディープパケットインスペクションを必要としないトラフィックフローを特定して加速することにより、スループットを向上させて遅延を短縮する次世代SRXラインカードのメカニズムです。

アクティブフローを優先し、トラフィックタイプと必要な検査レベルに基づいて適切なセキュリティ処理を受けることができます。

迅速な防御

SRX4600ファイアウォールは、1Uのフォームファクタで最大75Gbpsのインターネット・ミックス(IMIX)トラフィックのスループットを実現します。 

堅牢なルーティングエンジン

データプレーンとコントロールプレーンを分離して、ルーティングおよびセキュリティを統合したデバイスの導入を可能にします。

ネットワークのセグメント化

ゾーン、VLAN、IPsec VPNに基づきセキュリティと管理のポリシーをカスタマイズし、仮想ルーターを使用して内部、外部、DMZサブグループを作成できます。

オン/オフボックス機能により、SRXデバイスでネットワークおよびセキュリティのポリシーや設定の自動的なリモート設定が可能になります。

これらの自動化機能とネットワークセキュリティの集中管理により、地理的に分散した場所でのIT運用を簡素化することができます。

Juniper Secure Connect

企業およびクラウドリソースへの動的で適応型のSSL-VPNアクセスを、リモートで作業する従業員に提供します。

CyberRatings Enterprise Firewallのテスト

ジュニパーは、セキュリティ有効性で最高の評価を受けました。

レポートを読む(英語)

お客様の導入事例

ポーランドが500万人の学生にデジタル化を実現

1991年、NASKはポーランドをインターネットに接続しました。NASKはいま、過疎地に住むポーランドの子ども達の学習機会の妨げとなっていたデジタル格差の解消に取り組んでいます。NASKは、ポーランドの全国教育ネットワーク(OSE)を管理しており、数千もの学校に高速で安全かつ無料のインターネットアクセスを提供しています。OSEは、ジュニパーのルーティングでコアネットワークおよびアグリゲーションネットワークに使用しています。

NASKの画像

SRXシリーズサービスゲートウェイ

SRX4600を他のSRX製品と比較してご覧ください。
SRX4600

SRX4600ファイアウォールは、プライベートエンタープライズクラウド、構内ネットワーク、パブリッククラウドインフラストラクチャ向けの高速で拡張性に優れた防御を使用して、多種多様な環境全体で一貫性のある保護を提供するように最適化されています。

技術的な特長
ファイアウォールパフォーマンス(最大)

95 Gbps

IPSパフォーマンス

65 Gbps

VPNパフォーマンス

55 Gbps

最大同時セッション数

6,000 万

ポート

10 GbE(SFP+)x 8
40 GbE/100 GbE(QSFP28)x 4

表示中
SRX5800

SRX5800サービス ゲートウェイは、大企業のデータセンター、サービスプロバイダーのインフラクチャ、および公共機関のネットワーク向けに構築されています。

技術的な特長
ファイアウォールパフォーマンス(最大)

1 Tbps

IPSパフォーマンス

860 Gbps

VPNパフォーマンス

230 Gbps

最大同時セッション数

3億3千8百万

PoE+ポート

IOCスロット11個

SRX4200

SRX4200は、中堅および中小企業のキャンパスやデータセンター向けに開発された、高性能かつ低レイテンシーなファイアウォールです。

技術的な特長
ファイアウォール(IMIX)パフォーマンス(最大)

40 Gbps

IPSパフォーマンス

30 Gbps

VPNパフォーマンス

9.6 Gbps

最大同時セッション数

1,000万

ポート

1GbE/10GbE x 8

すべてのSRX製品をご覧になりますか?
Gartnerがジュニパーを『Magic Quadrant Challenger in Enterprise Network Firewalls』に選出
弊社がどのようにして、ネットワークセキュリティの現状打破に挑んでいるのかをご覧ください。
ライブイベントとオンデマンドのデモ
変革を遂げたネットワークの道のりをたどってみましょう。
これらのソリューションでSRX4600を検索
コネクテッドセキュリティ

Juniper Connected Securityは、クライアントからクラウドまで、すべての接続ポイントにセキュリティを拡大することで、ユーザー、アプリケーション、インフラストラクチャを保護します。

次世代ファイアウォール

ジュニパーの次世代ファイアウォールは、IDベースのポリシー、マイクロセグメンテーション、VPN接続性、および効果的な脅威対策などにより、攻撃のリスクを軽減し、アプリケーション、ユーザー、ならびにデバイスをきめ細かく制御します。

サービスプロバイダのセキュリティ

Juniper Connected Security は、ネットワークのすべての接続ポイントに脅威インテリジェンスを拡大することで、ユーザー、アプリケーション、およびインフラストラクチャを保護します。

パブリッククラウドのセキュリティ

シンプルな導入、一貫したセキュリティ、次のあらゆるレベルでの統合管理により、パブリック クラウドの導入を安全に加速します:アプリケーションとインスタンス間、さらには環境全体のワークロード内

データセンターセキュリティ

効果的なデータセンターの脅威の緩和、信頼性、およびデータセンターアーキテクチャの取り組みとビジネス要件をサポートする拡張性に優れたソリューションで、データがどこに格納されている場合でも、データを保護しながらアプリケーションを接続します。

Gartner Magic Quadrant for Network Firewalls、Rajpreet Kaur、Adam Hils、およびJeremy D'Hoinne著、2020年11月10日
Gartner は調査に関する発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを支持するものではありません。また、最高の評価またはその他の評価を持つベンダーのみを選択するようテクノロジーユーザーに推奨するものではありません。Gartnerの調査発行物はGartner調査部門の意見を表したものであり、事実を記したものではありません。Gartnerは、明示または黙示を問わず、特定目的での商品性または適合性の保証を含め、一切の保証を行うものではありません。

GARTNERは、Gartner, Inc.ならびに米国および各国における関連会社の登録商標およびサービスマークであり、同社の許可を得て使用されています。全著作権所有