ポーランドが500万人の学生にデジタル化を実現

1991年、NASKはポーランドをインターネットに接続しました。NASKはいま、過疎地に住むポーランドの子ども達の学習機会の妨げとなっていたデジタル格差の解消に取り組んでいます。NASKは、ポーランドの全国教育ネットワーク(OSE)を管理しており、数千もの学校に高速で安全かつ無料のインターネットアクセスを提供しています。OSEは、ジュニパーのルーティングでコアネットワークおよびアグリゲーションネットワークに使用しています。

概要


会社名 NASK
業界 SaaSサービス
使用製品 MX10003QFX10008 および QFX10016MX960QFX5100SRX320Junos OS
地域 EMEA
NASKの画像

NASK

「ジュニパーを活用すれば、400ギガへの移行も簡単です」
マイケル・ムロチェク NASKのOSEおよびシニアネットワークエンジニアの設計者

ビジネス上の課題

OSEは、小学校や中学校に高速で安全かつ無料のインターネットアクセスを提供し、ポーランド全土で小さな町や農村地域に住む多くの子ども達にデジタル化を推進しています。ジュニパーネットワークスは、テラビットスケール、簡素化した運用、強力なセキュリティを活用して、不適切なコンテンツやサイバー脅威から学生を保護します。NASKは、OSEを活用して、デジタル学習やより優れた学習成果の実現に必要な基盤となるプラットフォームを構築しました。