サービスプロバイダールーティングおよびスイッチング、スペシャリスト(JNCIS-SP)

今すぐ登録(英語)

サービスプロバイダルーティングおよびスイッチングプログラムに合格すると、一般的なネットワーク技術に加え、ジュニパーネットワークスのサービスプロバイダルーティング/スイッチングプラットフォームを深く理解していることが証明されます。JNCIS-SPは、本プログラムにおけるスペシャリストレベルの認定資格です。Junosのルーティングおよびスイッチングについて初級および中級レベルの知識を持つネットワークプロフェッショナルを対象にしています。この筆記試験では、ルーティング/スイッチング技術、関連するプラットフォーム構成、トラブルシューティングスキルに関する基本的な知識を確認します。

このプログラムには4つの認定資格が含まれます。

  • JNCIA-Junos:Junos、アソシエイト詳細はJNCIA-Junosをご覧ください。
  • JNCIS-SP:サービスプロバイダールーティングおよびスイッチング、スペシャリスト詳細は以下のセクションをご覧ください。
  • JNCIP-SP:サービスプロバイダールーティングおよびスイッチング、プロフェッショナル詳細は JNCIP-SP をご覧ください。
  • JNCIE-SP:サービスプロバイダールーティングおよびスイッチング、エキスパート 詳細は JNCIE-SP をご覧ください。

試験準備

試験の準備に役立つ以下の資料をお勧めします。なお、これらの資料は必須ではなく、資料を使用したから必ず試験に合格するというわけではありません。

試験の目的

JNCIS-SP認定資格試験に合格するために必要とされるスキルセットについて簡単にご紹介します。 

試験の目的

説明

プロトコル非依存型ルーティング

さまざまなプロトコル非依存型ルーティングコンポーネントの概念、運用、機能について確認します。

  • スタティック ルート、アグリゲート ルート、生成ルート
  • Martian アドレス
  • Routing Information Base (RIB)(ルーティングテーブルとも呼ばれる)グループを含む、ルーティングインスタンス
  • ロードバランシング
  • フィルターベースのフォワーディング

さまざまなプロトコル非依存型ルーティングコンポーネントを構成、監視、およびトラブルシューティングする方法に関する知識を実践します。

  • スタティック ルート、アグリゲート ルート、生成ルート
  • 負荷分散
  • フィルターベースのフォワーディング

オープン最短パス ファースト(OSPF)

OSPFの概念、運用、機能を識別します。

  • 接続状態データベース
  • OSPF パケット タイプ
  • ルーター ID
  • 隣接関係と近隣
  • 指定ルーターとバックアップ指定ルーター
  • OSPF エリアとルーター タイプ
  • Link-state advertisement(LSA)パケット タイプ

OSPFを構成、監視、およびトラブルシューティングする方法に関する知識を実践します。

  • エリア、インターフェイス、近接
  • 追加の基本オプション
  • ルーティング ポリシーの適用
  • トラブルシューティング ツール

Intermediate System to Intermediate System(IS-IS)

IS-ISの概念、運用、機能を識別します。

  • 接続状態データベース
  • IS-ISプロトコルデータユニット(PDU)
  • タイプ、長さ、値(TLV)
  • 隣接関係と近隣
  • レベルとエリア
  • 指定中間システム(DIS)
  • メトリック

IS-IS を構成、監視、およびトラブルシューティングする方法に関する知識を実践します。

  • レベル、インターフェイス、隣接関係
  • 追加の基本オプション
  • ルーティング ポリシーの適用
  • トラブルシューティング ツール

境界ゲートウェイ プロトコル(BGP)

BGPの概念、運用、機能を識別します。

  • BGP の基本運用
  • BGP メッセージ タイプ
  • 属性
  • ルート/パス選択プロセス
  • 内部および外部BGP(IBGPおよびEBGP)の機能と相互作用

BGPを構成、監視、トラブルシューティングする方法に関する知識を実践します。

  • グループとピア
  • 追加の基本オプション
  • ルーティング ポリシーの適用

レイヤー 2 ブリッジングまたは VLAN

Junos OS対応レイヤー2ブリッジングの概念、運用、機能を識別します。

  • サービス プロバイダ向けスイッチング プラットフォーム
  • ブリッジング要素と用語
  • フレーム処理
  • 仮想スイッチ
  • プロバイダブリッジング(Q-in-Qトンネリング)

VLANの概念、メリット、機能を識別します。

  • ポート モード
  • タギング
  • 統合型ルーティングおよびブリッジング(IRB)/li>

レイヤー2ブリッジングまたはVLANを構成、監視、またはトラブルシューティングする方法に関する知識を実践します。

  • インターフェイスとポート
  • VLAN
  • IRB
  • プロバイダ ブリッジング

スパニング ツリー プロトコル

スパニングツリープロトコルとそのバリエーションの概念、メリット、運用、機能を識別します。

  • スパニングツリープロトコル(STP)、ラピッドスパニングツリープロトコル(RSTP)、マルチプルスパニングツリープロトコル(MSTP)、およびVLANスパニングツリープロトコル(VSTP)の概念
  • ポートの役割と状態
  • ブリッジプロトコルデータユニット(BPDU)
  • コンバージェンスと再コンバージェンス
  • スパニング ツリー セキュリティ

STP とそのバリエーションを構成、監視、トラブルシューティングする方法に関する知識を実践します。

  • スパニングツリープロトコル(STP、RSTP、MSTP、VSTP)
  • BPDU、ループおよびルート保護

マルチプロトコル ラベル スイッチ(MPLS)

MPLSの概念、運用、機能を識別します。

  • MPLS の用語
  • MPLS パケット ヘッダー
  • エンドツーエンド パケット フローおよび転送
  • ラベルおよびラベル情報ベース
  • MPLS およびルーティング テーブル
  • RSVP
  • LDP
  • セグメント ルーティング

MPLSを構成、監視、トラブルシューティングする方法に関する知識を実践します。

  • MPLS 転送
  • RSVP信号化およびLDP信号ラベルスイッチパス(LSP)

IPv6

IPv6の概念、運用、機能を識別します。

  • IPv4 と IPv6 の違い
  • アドレス タイプ、表記、形式
  • アドレス スコープ
  • 自動構成
  • トンネリング

IPv6を構成、監視、トラブルシューティングする方法に関する知識を実践します。

  • インターフェイス
  • スタティックルート
  • 動的ルーティング(OSPFv3、IS-IS、BGP)
  • IPv6 over IPv4 トンネリング

トンネル

IPトンネリングの概念、要件、機能を識別します。

  • トンネリング アプリケーションおよび考慮事項
  • 一般的なルーティングカプセル化(GRE)

IPトンネルを構成、監視、トラブルシューティングする方法に関する知識を実践します。

  • GRE

高可用性

高可用性の概念、メリット、アプリケーション、要件を識別します。

  • リンクアグリゲーショングループ(LAG)とマルチシャーシLAG(MC-LAG)
  • グレースフル リスタート(GR)
  • グレースフル ルーティング エンジン スイッチオーバー(GRES)
  • ノンストップ ブリッジング(NSB)
  • ノンストップ アクティブ ルーティング(NSR)
  • Bidirectional Forwarding Detection(BFD)
  • Virtual Router Redundancy Protocol(VRRP)
  • 統合型稼動中ソフトウェア アップグレード(ISSU)

高可用性コンポーネントを構成、監視、トラブルシューティングする方法に関する知識を実践します。

  • LAG
  • グレースフルリスタート、GRES、NSB、NSR
  • Virtual Router Redundancy Protocol(VRRP)

試験の詳細

試験問題は、推奨されるトレーニングと上記の試験資料から出題されます。 合否は受験後すぐに発表されます。試験は英語のみです。 

試験コード

JN0-363

前提となる認定資格

試験会場

試験の所要時間

90 分

試験形式

選択問題 65 問

ソフトウェアバージョン

Junos OS 21.2

再認定

ジュニパーの認定資格は3年間有効です。詳しくは、再認定をご覧ください。