サービス プロバイダ ルーティングおよびスイッチング、プロフェッショナル(JNCIP-SP)

今すぐ登録(英語)

サービスプロバイダルーティングおよびスイッチングプログラムに合格すると、一般的なネットワーク技術に加え、ジュニパーネットワークスのサービスプロバイダルーティング/スイッチングプラットフォームを深く理解していることが証明されます。JNCIP-SPは、本プログラムにおけるプロフェッショナルレベルの認定資格です。対象となるのは、Junosのルーティングおよびスイッチングについて高度な知識を持つネットワークプロフェッショナルです。この筆記試験では、高度なルーティング技術および関連するプラットフォーム構成とトラブルシューティングスキルに関する基本的な知識を確認します。

このプログラムには4つの認定資格が含まれます。 

  • JNCIA-Junos:セキュリティ、アソシエイト詳細はJNCIA-Junosをご覧ください。 
  • JNCIS-SP:セキュリティ、スペシャリスト詳細はJNCIS-SPをご覧ください。
  • JNCIP-SP:セキュリティ、プロフェッショナル 詳細は以下のセクションをご覧ください。
  • JNCIE-SP:セキュリティ、エキスパート 詳細はJNCIE-SPをご覧ください。

試験準備

試験の準備に役立つ以下の資料をお勧めします。なお、これらの資料は必須ではなく、資料を使用したから必ず試験に合格するというわけではありません。

試験の目的

JNCIP-SP認定資格試験に合格するために必要とされるスキルセットについて簡単にご紹介します。 

試験の目的

説明

OSPF

OSPFv2またはOSPFv3の概念、運用、機能について説明します。

  • OSPFエリアのタイプおよび運用
  • OSPF マルチエリア ネットワークによる LSA フラッディング
  • DR/BDR の運用
  • SPF アルゴリズム
  • メトリック(外部メトリック タイプを含む)
  • ルートの集約および制限
  • 仮想リンク
  • OSPFv2とOSPFv3の比較
特定のシナリオに沿って、シングルエリアOSPFまたはマルチエリアOSPFを構成、監視する方法に関する知識を証明します。
  • OSPFルーティングポリシーの実装

IS-IS

IS-IS の概念、運用、機能について説明します。

  • IS-IS エリア/レベルおよび運用
  • IS-IS マルチエリア ネットワークによる LSP フラッディング
  • DIS 運用
  • SPF アルゴリズム
  • メトリック(ワイド メトリックを含む)
  • ルート集約とルート漏洩
特定のシナリオに沿って、シングルエリアIS-ISまたはマルチエリアIS-ISを構成、監視する方法に関する知識を証明します。
  • IS-ISルーティングポリシーの実装

BGP

BGP の概念、運用、機能について説明します。

  • BGP ルート選択プロセス
  • ネクスト ホップ解決
  • BGP属性:概念と運用
  • BGPコミュニティ
  • 正規表現
  • マルチパス
  • マルチホップ
  • 負荷分散
  • 高度な BGP オプション
  • BGPルートダンピング
  • FlowSpec
  • マルチプロトコルBGP
BGP拡張メカニズムの概念、運用、機能について説明します。
  • ルートリフレクション
特定のシナリオに沿って、BGPを構成、監視する方法に関する知識を証明します。
  • BGP ルーティング ポリシーの実装

サービス クラス(CoS)

Junos CoS の概念、運用、機能について説明します。

  • Junos デバイス上での CoS 処理
  • CoS ヘッダー フィールド
  • 転送クラス
  • 分類
  • パケット損失の優先度
  • ポリサー
  • スケジューラ
  • ドロップ プロファイル
  • ルールの書き換え
特定のシナリオに沿って、CoS を構成、監視する方法に関する知識を証明します。

IP マルチキャスト

IP マルチキャストの概念、運用、機能について説明します。

  • IP マルチキャストのコンポーネント(マルチキャスト アドレッシングを含む)
  • IP マルチキャスト トラフィック フロー
  • ASM(Any-Source Multicast)と SSM(Source-Specific Multicast)
  • IGMP
  • PIM のデンスモードとスパースモード
  • ランデブーポイント(RP):概念、運用、検出、選択
  • SSM:要件、メリット、アドレス範囲
  • Anycast RP
特定のシナリオに沿って、IGMP、PIM-DM、PIM-SM(SSM を含む)を構成、監視する方法に関する知識を証明します。
  • IPマルチキャストルーティングポリシーの実装

レイヤー 3 VPN

レイヤー 3 VPNの概念、運用、機能について説明します。

  • トラフィックフロー:制御およびデータプレーン
  • フルメッシュトポロジーとハブアンドスポークトポロジーの違い
  • VPN-IPv4アドレッシング
  • ルートの識別
  • ルート ターゲット
  • ルートの分散
  • 発信元サイト
  • シャム リンク
  • vrf-table-label
  • 次世代MVPN(NG-MVPN)
  • MVPNでのコントロールトラフィックおよびデータトラフィックのフロー
  • レイヤー 3 VPN拡張
  • IPv6 レイヤー 3 VPN
  • レイヤー 3 VPN インターネット アクセス オプション
特定のシナリオに沿って、レイヤー 3 VPN のコンポーネントを構成、監視する方法に関する知識を証明します。
キャリアオブキャリアおよびプロバイダ間VPNモデルのJunosサポートについて説明します。

レイヤー 2 VPN

BGPレイヤー 2 VPNの概念、運用、機能について説明します。

  • トラフィックフロー:制御およびデータプレーン
  • 転送テーブル
  • 接続マッピング
  • レイヤー 2 VPN NLRI
  • ルートの識別
  • ルート ターゲット
  • レイヤー 2 VPN 拡張
LDP レイヤー 2 サーキットの概念、運用、機能について説明します。
  • トラフィックフロー:制御およびデータプレーン
  • バーチャルサーキットラベル
  • AutoDiscovery
  • レイヤー2相互作用
VPLSの概念、運用、機能について説明します。
  • トラフィックフロー:制御およびデータプレーン
  • BGP VPLSラベル配布
  • LDP VPLS ラベル配布
  • ルート ターゲット
  • VPLS マルチホーミング
  • サイト ID
EVPNの概念、運用、機能について説明します。
  • トラフィックフロー:制御およびデータプレーン
  • MACラーニングと配布
  • EVPN マルチホーミング
  • BGP EVPNラベル配布
特定のシナリオに沿って、レイヤー2 VPNを構成、トラブルシューティングする方法に関する知識を証明します。
  • BGPレイヤー2 VPN
  • LDP レイヤー 2 サーキット
  • EVPN
  • VPLS

試験の詳細

試験問題は、推奨されるトレーニングと上記の試験資料から出題されます。 合否は受験後すぐに発表されます。試験は英語のみです。 

再認定

ジュニパーの認定資格は3年間有効です。詳しくは、再認定をご覧ください。