EX9250シリーズイーサネットスイッチ

EX9250シリーズのイーサネットスイッチは、企業環境向けのコンパクトかつプログラム可能で拡張性に優れたコア/アグリゲーションデバイスです。コストを削減して複雑さを解消すると同時に、キャリアクラスの信頼性も実現します。

EX9250スイッチは、Ethernet VPN(EVPN)とVirtual Extensible LAN(VXLAN)の技術を組み合わせることで、レイヤ2またはレイヤ3のアプリケーションをサポートする、進化したエンタープライズ・コアの導入を可能にします。このようにオープンな技術を使用することで、地理的に分散した拠点間に統合されたエンドツーエンド ネットワークを構築し、同時に共通のポリシーでトラフィックをセグメント化することができます。

主な特長


ポート密度

24 x 100GbE、36 x 40GbE、144 x 10GbE

筐体

1または3 RU

スイッチング性能

2 Tbps

遅延

4.8 Tbps、スロット当たり2.4 Tbps

MACアドレス数

100万

ファブリック

EVPN-VXLAN、MC-LAG, ESI-LAG

特長とメリット

コンパクトな筐体

奥行きの浅い1 Uと3 Uの筐体は、スペースに制約のある企業のキャンパスクローゼット環境に最適です。

オープンなイーサネットVPN(EVPN)技術を活用して、キャンパスからデータ センターまで、エンドツーエンドでネットワークをセグメント化します。

EVPN-VXLANでは、他のコアインフラストラクチャを置き換えることなく、最新のコアを作成できます。

スイッチは、EVPN-VXLANオーバーレイを使用して、IPファブリックとして接続します。VXLANはネットワーク全体にL2を拡張でき、IPファブリックは拡張して複数の企業間。

EVPNは、コントロールプレーンベースの学習によってネットワークを効率的に利用し、アクティブ/アクティブマルチホーミングをネイティブでサポートします。

IEEE 802.1ae(MACsec AES256) をサポートしており、リンクレイヤーデータの機密性、データの整合性、データ送信元の認証をサポートします。

EX9253-12C8Q-Mラインカードは、IEEE 802.1ae MACsecとAES256ビット暗号化をサポートしており、リンクレイヤーデータの機密性、データの整合性、データ送信元の認証をサポートします。

ハイパフォーマンスなASIC、クラウドグレードのアーキテクチャ、 Junos OSなどの市場で定評のあるジュニパーの技術を搭載するEXシリーズイーサネットスイッチ が、あらゆるアプリケーションに常時稼働の信頼性をもたらします。

EX9250シリーズのイーサネットスイッチは、企業環境向けのコンパクトかつプログラム可能で拡張性に優れたコア/アグリゲーションデバイスです。コストを削減して複雑さを解消すると同時に、キャリアクラスの信頼性も実現します。

Magic Quadrant Leader

Gartner の、2021 年 Gartner® Magic Quadrant™ のエンタープライズ向け有線および無線 LAN インフラにおいて、ジュニパーは、最高水準のビジョンと最高水準の実行力と評価されました。

当社のポートフォリオの違いをご覧ください。

お客様の導入事例

価格が手頃で購入しやすいスタイリッシュな家具を作り、ビジネスを成長させている Badcock がセキュリティを自動化

Badcock はスタイリッシュな家具作りで知られており、わかりやすく、利用しやすいサービスには定評があります。同社は株式非公開の米国大手小売業者で、ジュニパーのソリューションを導入し、信頼性に非常に優れた安全なネットワークを 378 の全店舗で使用しています。

Badcockの画像

EXシリーズイーサネットスイッチ

EX9250を他のEX製品と比較してご覧ください。
EX9250

EX9250シリーズのイーサネットスイッチは、企業環境向けのコンパクトかつプログラム可能で拡張性に優れたコア/アグリゲーションデバイスです。コストを削減して複雑さを解消すると同時に、キャリアクラスの信頼性も実現します。

技術的な特長
ポート密度

24 x 100GbE、36 x 40GbE、144 x 10GbE

筐体

1または3 RU

スイッチング性能

2 Tbps

遅延

4.8 Tbps、スロット当たり2.4 Tbps

MACアドレス数

100万

ファブリック

EVPN-VXLAN、MC-LAG, ESI-LAG

表示中
EX9200

EX9200シリーズイーサネットスイッチは、柔軟性と拡張性に優れ、プログラム可能であるため、ミッションクリティカルなアプリケーションを提供する基盤となっています。

技術的な特長
ポート密度

40 x 100GbE、480 x 10GbE、440 x 1GbE

筐体

5、8、または16 RU

スイッチング性能

13.2 Tbps

MACアドレス数

100万

ファブリック

EVPN-VXLAN、MC-LAG, ESI-LAG

QFX5120

QFX5120シリーズは、1/10/25/40/100GbEスイッチで、低レイテンシーのレイヤー2/レイヤー3機能や高度なEVPN-VXLAN機能を必要とするデータセンター、データセンターエッジ、データセンターインターコネクトおよびキャンパスへの導入を想定して設計されています。

技術的な特長

導入事例:データセンターファブリックリーフ/スパイン、キャンパス分散/コア、MACsecを必要とするアプリケーション

ポート密度:

  • QFX5120-48T:1/10 GbE RJ-45 x 48、40/100 GbE QSFP+/QSFP28 x 6
  • QFX5120-48Y:48 x 1/10/25GbE SFP/SFP+および8 x 40/100GbE QSFP+/QSFP28
  • QFX5120-48YM:48 x 1/10/25GbE SFP/SFP+および8 x 40/100GbE QSFP+/QSFP28
  • QFX5120-32C:40/100 GbE QSFP+/QSFP28 x 32、10 GbE SFP+ x 2

スループット:最大2.16/4/6.4 Tbps(双方向)

MACsec:全ポートにAES-256暗号化機能を搭載(QFX5120-48YM)

すべてのEXシリーズスイッチをご覧になりますか?
ジュニパーが競合企業の先をいく理由
ジュニパーのMist AI機能が競合他社の機能を上回っている理由をご紹介します。
Mist AIを見る
ウィークリーデモに参加して、当社がどのようにして有線および無線ネットワークで業界最高のアクセスレイヤーエクスペリエンスを提供しているのかをご覧ください。
これらのソリューションでEX9250を検索
データセンターネットワーク

自動化された最新のデータセンターで、運用を簡素化し、エクスペリエンスを保証します。ジュニパーは、ネットワークのライフサイクル全体を自動化して、設計、導入、運用を簡素化し、継続的な検証を実現します。

有線アクセス

有線ポートフォリオは、無線と連携することで、規模に応じてパフォーマンスとシンプルさを組み合わせ、AIドリブンのインサイトと自動化によりユーザーやデバイスに最適化されたエクスペリエンスを提供します。

Gartner Magic Quadrant for Enterprise Wired and Wireless LAN Infrastructure、マイク・トゥーサン、クリスチャン・カナレス、ティム・ジマーマン、2021年11月15日。

Gartnerは調査に関する発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを支持するものではありません。また、最高の評価またはその他の評価を持つベンダーのみを選択するようテクノロジーユーザーに推奨するものではありません。Gartnerの調査に関する発行物はGartnerのResearch & Advisory調査機関の意見を表したものであり、事実について記したものではありません。Gartnerは、明示的か黙示的かを問わず、商品性や特定目的への適合性の保証を含め、この調査に関する保証は一切行いません。

GARTNERとMagic Quadrantは、Gartner, Inc.ならびに米国および各国における関連会社の登録商標およびサービスマークであり、同社の許可を得て使用しています。All rights reserved.