サービス プロバイダ設計、スペシャリスト(JNCDS-SP)

今すぐ登録(英語)

設計プログラムにより、ジュニパーネットワークスの設計原理および関連するテクノロジーに関する能力を証明できます。JNCDS-SPは、本プログラムにおけるスペシャリストレベルの認定資格です。サービスプロバイダの設計、理論、ベストプラクティスに関して中級レベルの知識を持つネットワークプロフェッショナルと設計者を対象にしています。この筆記試験では、サービスプロバイダの設計原理を理解しているかを確認します。

このプログラムには4つの認定資格が含まれます。 

  • JNCDA: 設計、アソシエイト詳細はJNCDAをご覧ください。
  • JNCDS-DC:データ センター設計、スペシャリスト詳細はJNCDS-DCをご覧ください。
  • JNCDS-SP:サービス プロバイダ設計、スペシャリスト詳細は以下のセクションをご覧ください。
  • JNCDS-SEC:セキュリティ設計、スペシャリスト 詳細は JNCDS-SEC をご覧ください。

試験準備

試験の準備に役立つ以下の資料をお勧めします。なお、これらの資料は必須ではなく、資料を使用したから必ず試験に合格するというわけではありません。

試験の目的

JNCDS-SP認定資格試験に合格するために必要とされるスキルセットについて簡単にご紹介します。

試験の目的

説明

WAN接続 

さまざまな WAN 接続方法を説明します。

  • パブリック/プライベート/マネージド
  • サービス プロバイダ向け接続
  • サービス プロバイダ向けハンドオフ方法
  • サービス プロバイダ向け MPLS サービス
  • エンタープライズ環境向けインターネット転送
  • エンタープライズ環境向けレイヤー 2/レイヤー 3 ハンドオフ サービス
  • エンタープライズ環境向けプライベート接続

ネットワークの可用性とトラフィック優先度設定

ネットワーク可用性の概念について説明します。

  • 可用性の計算
  • 物理的な冗長性
  • 論理的な冗長性
  • フェイト シェアリング(高可用性など)
  • 容量計画

 

サービス クラスの概念について説明します。

  • Diffserv
  • CoS 処理

サービス プロバイダ コア WAN 設計

サービス プロバイダのコア WAN に関する設計上の考慮事項について説明します。

  • ネットワークのセグメント化
  • IGP 設計
  • BGP 設計
  • MPLS 設計

サービス プロバイダ エッジ WAN 設計

サービス プロバイダのエッジ WAN に関する設計上の考慮事項について説明します。

  • レイヤー 2 サービス
  • レイヤー 3 サービス
  • メトロ イーサネット
  • 加入者サービス
  • マルチキャスト サービス

企業向け WAN

エンタープライズ WAN に関する設計上の考慮事項について説明します。

  • プライベート WAN
  • 大規模なエンタープライズ WAN 設計
  • SME WAN 設計

データ センター WAN

データ センター WAN 関する設計上の考慮事項について説明します。

  • ゲートウェイとファブリックの接続
  • L2 WAN の拡張
  • EVPN
  • VXLAN

WAN セキュリティ

WAN 内のセキュリティに関する設計上の考慮事項について説明します。

  • プラットフォームのセキュリティ
  • BGP Flowspec
  • MACsec
  • IPsec
  • 加入者によるアクセスのセキュリティ

WAN 管理

WAN 管理に関する設計上の考慮事項について説明します。

  • OoB 管理設計
  • Junos Space 管理プラットフォーム
  • ベスト プラクティス

WAN 内の SDN

WAN 内の SDN に関する設計上の考慮事項について説明します。

  • WAN 内の SDN
  • Paragon Pathfinder
  • Paragonプランナー

試験の詳細

試験問題は、推奨されるトレーニングと上記の試験資料から出題されます。合否は受験後すぐに発表されます。試験は英語のみです。

試験コード

JN0-1362

前提となる認定資格

試験会場

試験の所要時間

90 分

試験形式

筆記試験と選択問題65問

再認定

ジュニパーの認定資格は3年間有効です。詳しくは、再認定をご覧ください。