Jan Yperman Hospitalでは、ジュニパーJuniper Mist Wi-Fiで臨床的なユーザーエクスペリエンスが得られます。

ベルギーのフランダースの人たちは、患者中心の多分野医療と専門家ケアを活用しています。地域の病院は、キャンパスとデータセンター向けのジュニパーのネットワークを長く活用し、実績あるイノベーションを信頼し、Mist AIによるジュニパーのワイヤレスに移行しつつあります。

概要


会社名 Jan Yperman Hospital
業界 医療
使用製品 AP43AP63Wi-Fi AssuranceWired AssuranceMarvis VNAEX2300EX4300QFX10002QFX5120
地域 EMEA
Jan Yperman Hospitalの画像
顧客企業の成功事例の概要

トランスフォームに加え、

モバイルサービスプロバイダからデジタル通信事業者に変革をもたらします。

18%

2020年度には18%の収益増加を実現しました。

3700万

加入者数 3700 万人にサービスを展開

400 Gbps対応

400 Gbps対応のIPコアと5G対応エッジ ネットワークでを継続的にイノベーションを図ります

課題

臨床ユーザーエクスペリエンスは稼働時間です。

Jan Ypermanは、患者ケアを強化する技術を適用するリーダーです。Wi-Fiは、臨床的なワークフローと運用ワークフローに組み込まれています。診療所やスタッフは、アプリケーションへのアクセスをノートパソコンに依存しています。Wi-Fi電話は、通信の流れを維持します。継続的に患者の健全性を監視しています。Wi-Fiは、うまく動作しています。

ただし、目立った変化が起きています。すぐれたWi-Fiは稼働時間で測定されません。ユーザーエクスペリエンスによって測定されます。

「Wi-Fi稼働していますが、実際のユーザーエクスペリエンスを知ることはありませんでした」とJan YpermanのITインフラストラクチャチームリーダーであるLudovic Vandaeleは語ります。「Wi-Fiに関する不満はありましたが、エクスペリエンスが悪かった理由は見つかっていません」

特に、IT部門ではポータブルな心臓モニターなどの一部の医療デバイスの接続維持が困難な状況がありました。チームは、AIOpsがエクスペリエンスを変革する方法を探求し始めています。

「我々の関心の対象はAI エンジンであり、これはネットワークエクスペリエンスについても情報を提供し、医療Wi-Fiデバイスや電話のトラブルシューティングも優れたものであってほしいと思います」と彼は語ります。

medical professional using smart phone
ソリューション

AIOpsがネットワークの運用を効率化

Wi-Fi 6とAIドリブンネットワークの運用は、病院の動的な環境に最適です。ジュニパーアクセスポイントは、Juniper MistクラウドアーキテクチャおよびMist AIと連携して機能し、ネットワークユーザーエクスペリエンスを最適化するとともに、IT部門による運用を効率化します。

ジュニパーMist Wi-FWi-Fi Assuranceは、サービスレベルを独自の方法で可視化し、Wi-Fiを予測可能で測定可能にします。ジュニパーMist WiredWired Assuranceは、病院のジュニパーアクセススイッチの豊富なテレメトリをつなぐ機能を備えています。Marvis 仮想ネットワーク アシスタントは、自動運転アクションで日々のトラブルシューティングを簡素化します。

Jan Ypermanは、高性能で柔軟なデータ センターネットワークファブリックについては、ジュニパーQFX シリーズスイッチとEX シリーズイーサネット スイッチに依存しています。病院は、EVPN-VXLANを早期に導入しており、レイヤー2ネットワークを、いたるところにある診療所やその他の部門に拡張できます。

Female doctor typing on computer
成果

デジタルヘルスツールが患者ケアを強化

臨床医、スタッフ、患者とその家族は、院内で過ごすときも、構内を散歩するときも、優れたネットワークエクスペリエンスを頼りにしています。医療デバイスが常に接続されています。

「ジュニパーMistは、ネットワークの運用エクスペリエンスも変革しました。サービスレベルを見ると、ユーザーエクスペリエンスに対する適切な見解や理解が得られますが、AIによるトラブルシューティングは、サービスレベルが最適か否
かを事前に示すことができます。詳しく言うと、影響を受けたアイテムを見つけて、根本原因を見つけることができました。」とVandaeleは述べています。

病院は、車椅子、輸液ポンプ、その他の価値ある資産の位置を追跡するために、別々のリアルタイムロケーションサービスシステムを使用しています。患者さんは安全性のモニタリングを受ける可能性が最も高いです。ジュニパーMistのソリューションの大きな強みは、仮想Bluetooth とユーザーエンゲージメントです。

「ジュニパーMistは、将来的に、連携するアイデアを提供します。」と述べています。

Specialist looking at results from exam on laptop. Friendly woman doctor working on computer in her office
ジュニパーMistネットワークでは、Wi-Fiに関する不満はありません」。
Ludovic Vandele Jan Yperman 病院、ITインフラストラクチャチームリーダー

2021年5月公開