エンタープライズルーティングおよびスイッチング、プロフェッショナル(JNCIP-ENT)

今すぐ登録(英語)

エンタープライズルーティングおよびスイッチングプログラムにより、一般的なネットワーク技術に加え、ジュニパーネットワークスのエンタープライズルーティング/スイッチングプラットフォームに関する能力を証明できます。JNCIP-ENTは、本プログラムにおけるプロフェッショナルレベルの認定資格です。ジュニパーネットワークスのJunos OSの高度な知識を備えた、実務経験のあるネットワークプロフェッショナルが対象です。この筆記試験では、高度なルーティング技術および関連するプラットフォーム構成、トラブルシューティングスキルに関する知識を確認します。

このプログラムには4つの認定資格が含まれます。 

  • JNCIA-Junos:Junos、アソシエイト詳細はJNCIA-Junosをご覧ください。
  • JNCIS-Ent:エンタープライズルーティングおよびスイッチング、スペシャリスト詳細はJNCIS-ENTをご覧ください。
  • JNCIP-Ent:エンタープライズルーティングおよびスイッチング、プロフェッショナル詳細は以下のセクションをご覧ください。
  • JNCIE-Ent:エンタープライズルーティングおよびスイッチング、エキスパート詳細は JNCIE-ENT をご覧ください。

試験準備

試験の準備に役立つ以下の資料をお勧めします。なお、これらの資料は必須ではなく、資料を使用したから必ず試験に合格するというわけではありません。

試験の目的

JNCIS-ENT認定資格試験に合格するために必要とされるスキルセットについて簡単にご紹介します。

試験の目的

説明

IGP(内部ゲートウェイ プロトコル)

IGP の概念、運用、機能について説明します。

  • IS-IS
  • OSPFv2 および OSPFv3
  • ルーティング ポリシー
  • 特定のシナリオに沿って、IGP を構成、トラブルシューティング、監視する方法に関する知識を証明します。

BGP

BGP の概念、運用、機能について説明します。

  • BGP ルート選択プロセス
  • ネクスト ホップ解決
  • BGP属性:概念と運用
  • BGPコミュニティ
  • ロードバランシング - マルチパス、マルチホップ、転送テーブル
  • NLRIシリーズ:inetおよびinet6
  • 高度な BGP オプション

特定のシナリオに沿って、BGP を構成、トラブルシューティング、監視する方法に関する知識を証明します。

  • BGP ルーティング ポリシーの実装

IP マルチキャスト

IP マルチキャストの概念、運用、機能について説明します。

  • IPマルチキャストのコンポーネント(マルチキャストアドレッシングIPマルチキャストトラフィックフローを含む)
  • ASM(Any-Source Multicast)とSSM(Source-Specific Multicast)
  • RPF - 概念と運用
  • IGMP、IGMP スヌーピング
  • PIMスパースモード
  • ランデブーポイント(RP) - コンセプト、運用、検出、
  • 選択
  • Anycast RP
  • MSDP
  • ルーティング ポリシーとスコーピング

特定のシナリオに沿って、IPマルチキャストを設定、トラブルシューティング、または監視する方法に関する知識を証明します。

  • IGMP、PIM-SM(SSMを含む)
  • IPマルチキャストルーティングポリシーの実装

イーサネット スイッチングおよびスパニング ツリー

高度なイーサネット スイッチングの概念、運用、機能について説明します。

  • フィルターベース VLAN
  • プライベート VLAN
  • MVRP を使用したダイナミック VLAN 登録
  • イーサネット ネットワークでのレイヤー 2 トラフィックのトンネリング
  • Q-in-Q および L2PT を使用したレイヤー 2 トンネリング

特定のシナリオに沿って、高度なイーサネット スイッチングを構成、トラブルシューティング、監視する方法に関する知識を証明します。

  • フィルターベース VLAN
  • MVRP を使用したダイナミック VLAN 登録
  • イーサネット ネットワークでのレイヤー 2 トラフィックのトンネリング
  • Q-in-Q および L2PT を使用したレイヤー 2 トンネリング

MSTPまたはVSTPを含む高度なスパニングツリープロトコルのコンセプト、運用、または機能を説明します。

特定のシナリオに沿って、MSTPまたはVSTPを設定、トラブルシューティング、監視する方法に関する知識を証明します。

レイヤー 2 認証およびアクセス コントロール

さまざまなレイヤー 2 認証およびアクセス コントロール機能の運用について説明します。

  • 認証プロセス フロー
  • 802.1x - 概念と機能
  • MAC RADIUS
  • キャプティブ ポータル
  • サーバー障害時のフォールバック
  • ゲスト VLAN
  • 複数の認証/アクセス コントロール方法を使用する際の考慮事項

特定のシナリオに沿って、レイヤー2認証またはアクセスコントロールを設定、トラブルシューティング、監視する方法に関する知識を証明します。

IP 電話機能

IP 電話導入をサポートする機能の概念や運用について説明します。

  • PoE(Power over Ethernet)
  • LLDP および LLDP-MED
  • 音声 VLAN

特定のシナリオに沿って、IP電話導入をサポートするために使用される機能を設定、トラブルシューティング、監視する方法を示します。

サービスクラス(CoS)

レイヤー2または3ネットワーク向けJunos CoSのコンセプト、運用、機能について説明します。

  • Junos デバイス上での CoS 処理
  • CoS ヘッダー フィールド
  • 転送クラス
  • 分類
  • パケット損失の優先度
  • ポリサー
  • スケジューラ
  • ドロップ プロファイル
  • シェーピング
  • ルールの書き換え

特定のシナリオに沿って、レイヤー2または3ネットワーク向けCoSを設定、トラブルシューティング、監視する方法に関する知識を証明します。

EVPN

Junos EVPN の概念、運用、機能について説明します。

  • ルートタイプ(タイプ1、2、3など)
  • VXLAN
  • マルチホーミング(アクティブルートタイプなど)

特定のシナリオに沿って、EVPNを設定、トラブルシューティング、監視する方法に関する知識を証明します。

試験の詳細

試験問題は、推奨されるトレーニングと上記の試験資料から出題されます。合否は受験後すぐに発表されます。試験は英語のみです。

試験コード

JN0-649

前提となる認定資格

試験会場

試験の所要時間

90 分

試験形式

選択問題 65 問

ソフトウェアバージョン

Junos OS 21.2

再認定

ジュニパーの認定資格は3年間有効です。詳しくは、再認定をご覧ください。