ソフトウェアディスアグリゲーション

よりオープンで、柔軟で、信頼性の高いエクスペリエンスを提供し、クラウドでのイノベーションを加速します。

Junos EvolvedネットワークOSは、ネットワーク運用のための柔軟な消費モデルを構築して、従来の分散化を拡張します。クラウド向けに最適化されたマイクロサービスベースのオペレーティングシステムであるJunos Evolvedは、導入が強化されたルーティングスタックを備え、クラウドインフラストラクチャを計画、導入、運用するために必要な時間と労力を削減します。

Junos Evolvedは、ジュニパーとホワイトボックス スイッチルーターでオープン性と機能の高速性を実現します。ジュニパーの伝説的なルーティング スタックは、どの Linux プラットフォームでも実装でき、サーバーやホワイトボックススイッチやルーターなど、転送プレーンとして機能します。

ジュニパーによる SONiC のサポートは、分離を進める際の最前線における一歩前進といえます。SONiC を実装したジュニパーのネットワーク インフラストラクチャに、MACsec や MPLS などジュニパーの SONiC 拡張機能を加えることで、クラウド プロバイダー、サービス プロバイダー、企業は、データ センターと WAN を統合するのに最善の技術的アプローチを得ることができます。基盤となるネットワーク オペレーティング システムが Linux でも SONiC でも、Junos コンテナ化ルーティング プロトコル デーモン(cRPD)によるルーティング スタックを活用できます。

オープンネットワーキング

ジュニパーがサポートします

ソフトウェアディスアグリゲーションソリューションにより、ネットワーク 事業者は 1 つのオペレーティング システムでハードウェアを混在させて、一致させることができます。ジュニパーの業界トップクラスのルーティング スタックにより、インフラストラクチャ全体での運用効率を向上させます。

オープンな自動化

自動化を行うには、基盤となるインフラストラクチャがオープンでプログラム可能である必要があります。ジュニパーのオープン ネットワーキング ソリューションは、豊富なテレメトリー機能と標準 API によるプログラマビリティを備えています。ジュニパーやサードパーティーのツールによる自動化のメリット。

オープンな自動化

柔軟な運用

分離により、単一のオペレーティング システムでハードウェアを混在させて一致できるため、柔軟な導入が実現します。ジュニパーの業界トップクラスのルーティング スタックは、Junos EvolvedSONiC、ホワイトボックス、Linux サーバーのどれでも、インフラストラクチャ全体で運用効率を合理化します。

信頼できるアーキテクチャ

マイクロサービスアーキテクチャは、デフォルトで信頼性の高い設計になっています。コンポーネント間の障害分離を可能にし、問題発生時には前回の状態で再起動することができます。マイクロサービスベースのアーキテクチャにより、サービスに影響を与えることなく、個々のコンポーネントのヒットレス アップグレードを行うことができます。