ジュニパーSONiCの導入

ジュニパーSONiCの実装により、DCスパインやWANコアなど、規模に応じた高性能でエンドツーエンドの導入を実現。

細分化されたSONiCオペレーティングシステムは、単一のOSで運用コストを削減し、耐障害性を自動化した優れた技術を実装する機能をクラウドプロバイダーに提供します。これにより、ベンダーに対応したアプリケーションとオープンソースアプリケーションの両方の実装を柔軟に提供でき、クラウド規模のビジネスニーズを満たすことができます。

Juniper SONiCの実装は、ハードウェアとルーティング技術を、SONiCのオープンで細分化されたアーキテクチャの柔軟性、耐障害性、コスト削減と組み合わせたものです。SONiCを使用したジュニパーのスイッチングプラットフォームは、クラウドプロバイダの統合SONiCネットワークインフラストラクチャにシームレスに接続できます。

また、ジュニパーのハードウェア上で動作するか、コンテナ技術を採用したかにかかわらず、導入が強化されたジュニパーのルーティングスタックをSONiCに簡単に統合できます。

Mann mit Notebook vor großer Stadt
Magic Quadrant Leader

ガートナーは、3年連続でジュニパーを『Magic Quadrant for Data Center and Cloud Networking』のリーダーに選出しました。

レポートを読む

ジュニパーがサポートします

あらゆる場所で実行している単一のオペレーティングシステムで、クラウド規模のネットワーク要件を満たすことで、運用を簡素化し、コストを削減します。ジュニパーSONiC OSは、オープンソースアプリケーションとベンダーに対応したアプリケーション両方を柔軟にサポートできます。

空

OSの統合

トレーニングコストと運用コストを削減して運用を簡素化します。専用スイッチやルーター、またスイッチングやルーティング機能を実行するサーバー上でクラウドデータセンター全体に単一のOSを提供します。すべてのネットワークハードウェアを簡単に制御できるよう構造を統一して、重複をなくし、障害を削減します。

空

オープンアーキテクチャ

オープンで細分化され、コンテナ化されたアーキテクチャにより、ビジネスの柔軟性が向上し、新しい機能を迅速に実装することができるので、ソフトウェアの大規模なリリースを待つ必要はありません。ヒットレスアップグレードプロセスを通じて、実装とアップグレードが容易に実施できます。オープンソースコンポーネントやベンダーが開発したコンポーネントは、ビジネスや技術上の要件に合致しています。

空

業界屈指のルーティング技術

ジュニパーのコンテナ化されたルーティングエンジンは、コンテナ化されたソリューションとしてSONiCに容易に接続でき、SONiCが稼働しているハードウェアプラットフォームに関係なく、インフラストラクチャ全体に信頼性が高く、機能が豊富なルーティングを提供できます。業界初の細分化されたルーティングスタックは、高品質、拡張性に優れた、高性能なルーティングソリューションで運用効率を高めます。

ジュニパーのスイッチングとルーティングのサポート

統合インフラストラクチャで最高のスイッチングプラットフォームが、SONiC OSを実行し、運用を簡素化します。特定のQFXスイッチとPTXルーターは現在サポートされています。

ネットワーク自動化の現状レポート(SoNAR)
自動化の影響をご覧ください。ジュニパーの協賛で実施された調査レポート、2020年度SoNARでは、今日の自動化の使用がエンジニア、NetOpsチーム、ビジネスにどのような影響を及ぼすかが明らかになりました。
ライブイベントとオンデマンドのデモ
変革を遂げたネットワークの道のりをたどってみましょう。

Gartnerの『Magic Quadrant for Data Center and Cloud Networking』、アンドリュー・ラーナー、エバン・ゼン、ジョナサン・フォレスト、2020年6月30日。

Gartnerは、調査発行物に記載されたベンダー、製品、サービスを支持することはなく、これらのベンダーのみに最高の評価やその他の称号を与えてテクノロジーユーザーに推奨することはありません。Gartnerの調査発行物はGartner調査部門の意見を表したものであり、事実を記したものではありません。Gartnerは、明示的か黙示的かを問わず、商品性や特定目的への適合性の保証を含め、この調査に関する保証は一切行いません。

GARTNERは、Gartner, Inc.ならびに米国および各国における関連会社の登録商標およびサービスマークであり、同社の許可を得て使用されています。全著作権所有

GARTNERは、Gartner, Inc.ならびに米国および各国における関連会社の登録商標およびサービスマークであり、同社の許可を得て使用されています。全著作権所有