NFX350ネットワークサービスプラットフォーム

NFX350は、最も強力なユニバーサルCPEプラットフォームです。これは大規模支社への導入に理想的で、セキュアなSD-WANと驚異的なx86の処理能力、豊富なストレージとメモリを提供し、隣接するVNF(仮想化ネットワーク機能)とその他の支社固有のアプリケーションをサポートします。

また最高 7.5 Gbps IPsec のパフォーマンスに対応した拡張性の高いSD-WANと冗長電源を備え、プラットフォームの耐障害性向上を実現します。またジュニパーのトンネルフリーのセッション スマートSD-WANをサポートし、卓越したユーザー エクスペリエンスを提供します。NFX350には、AES-256 MACsecポートに加え、LTE、DSL、SFPネットワーク接続向けの柔軟なWANインターフェイスが含まれています。

エンタープライズビジネスサービスプロバイダは、自動化された、ソフトウェア主導型のNFX350を使用して、ジュニパーまたはサードパーティーのVNFにより、新規アプリケーションを必要に応じて動的に拡張、プロビジョニングできます。これによりサービスプロバイダは、支社サイトのローカルで実行できる、付加価値のあるアプリケーションのポートフォリオを構築できます。

主な特長


  • オープンフレームワークでは、サードパーティーのVNFをサポートし、支社への柔軟な導入オプションを提供します。
  • 128 GBメモリと200 GB SSDストレージを備えた最大12個のVNFをサポートします。
  • 高性能、7.5-Gbps IPsecのスループット。

特長とメリット

高い拡張性とパフォーマンス

最高7.5 Gbps IPsec、30 Gbpsの管理されたセキュリティ、および30 Gbpsの管理されたセキュアなルーターを備え、拡張性の高いセキュアなSD-WANを提供します。

高可用性

ネットワーク拡張時に、パフォーマンスや信頼性を犠牲にすることなく、より優れたプラットフォームの耐障害性を実現します。

サードパーティーのVNFサポート

サービス チェイニングをインテリジェントに管理する 1 つのデバイスにより、自動化され、拡張可能な方法で、アプリケーション導入を加速できます。

統合型セキュリティ

SRXシリーズサービスゲートウェイと同様の次世代ファイアウォール機能で、次世代のセキュリティ、IPsec接続、アプリケーションの可視化と制御を実現します。

クラウドCPEのサポート

統合型自動検出および設定プロビジョニングにContrailサービスオーケストレーションを採用し、分散型およびハイブリッドのジュニパーのクラウドCPE導入モデルに対応しています。

無線通信に対応

無線4GとLTE接続に対応し、新たな拠点で一貫して迅速に有効化できます。

Magic Quadrant Leader

ガートナーは、3年連続でジュニパーを『Magic Quadrant for Data Center and Cloud Networking』のリーダーに選出しました。

レポートを読む

リソースセンター

資料一覧
トレーニングおよびコミュニティ

トレーニングおよびコミュニティー

NFX シリーズ ネットワーク サービス プラットフォーム

NFX350

NFX350は、大規模支社への導入に適した強力なユニバーサルCPEプラットフォームで、柔軟なネットワークインターフェイスとサードパーティーのVNFサポート、セキュアで拡張性の高いSD-WANを実現する自動化を備えています。

技術的な特長
  • オープンフレームワークでは、サードパーティーのVNFをサポートし、支社への柔軟な導入オプションを提供します。
  • 128 GBメモリと200 GB SSDストレージを備えた最大12個のVNFをサポートします。
  • 高性能、7.5-Gbps IPsecのスループット。
表示中
NFX150

NFX150は、エンタープライズネットワークへの接続を簡素化し、SD-WANを含むマネージドサービスの幅広いポートフォリオを提供します。SRXシリーズのソフトウェアを使用して、セキュリティ、複数の接続オプション(4G/LTEやADSL2/VDSL2を含む)、オープンなスタンダードベースのアーキテクチャを実現します。

技術的な特長
  • オープンフレームワークでは、サードパーティーのVNFをサポートし、支社への柔軟な導入オプションを提供します。
  • 32 GB DDR4メモリと200 GB SSDストレージを備えた最大3個のVNFをサポートします。
  • 1/10 GbE SFP+、ADSL2、SFP経由のVDSL2 などの複数のWANネットワークインターフェイスは、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、オーストラリア、ニュージーランドで使用されるLTEモデムに構築されています。
NFX250

NFX250 は、画期的なサービスの開発を可能にし、サービスのアクティベーションを自動化します。現場での作業は不要です。vSRX仮想ファイアウォールをホストして、SD-WANなどの安全で超高速のカスタムサービス配信を必要に応じて提供します。

技術的な特長
  • オープンフレームワークでは、サードパーティーのVNFをサポートし、支社への柔軟な導入オプションを提供します。
  • 64Gbpsのパケット転送エンジンで、最大8個のVNFと最大20個のGbE WANスループットをサポートします。
  • 10/100/1000BASE-X SFP、1/10GbE SFP+、ADSL2、SFP経由のVDSL2など、複数のWANネットワークインターフェイス。
ネットワーク自動化の現状レポート(SoNAR)
自動化の影響をご覧ください。ジュニパーの協賛で実施された調査レポート、2020年度SoNARでは、今日の自動化の使用がエンジニア、NetOpsチーム、ビジネスにどのような影響を及ぼすかが明らかになりました。
ライブイベントとオンデマンドのデモ
変革を遂げたネットワークの道のりをたどってみましょう。
これらのソリューションでNFX350を検索。
Mist AIによるSession Smart™ SD-WAN

AI ドリブン インサイト、自動化、アクション、ネイティブ セキュリティで、WAN 全体のユーザーエクスペリエンスを豊かにします。

Gartnerの『Magic Quadrant for Data Center and Cloud Networking』、アンドリュー・ラーナー、エバン・ゼン、ジョナサン・フォレスト、2020年6月30日。

Gartnerは調査に関する発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを支持するものではありません。また、最高の評価またはその他の評価を持つベンダーのみを選択するようテクノロジーユーザーに推奨するものではありません。Gartnerの調査発行物はGartner調査部門の意見を表したものであり、事実を記したものではありません。Gartnerは、明示的か黙示的かを問わず、商品性や特定目的への適合性の保証を含め、この調査に関する保証は一切行いません。

GARTNERはGartner, Inc.ならびに米国および各国における関連会社の登録商標およびサービスマークであり、同社の許可を得て使用しています。All rights reserved.