モバイル データの未来に備えるインドネシアの XL Axiata Primes Network

XL Axiataは、成長著しいインドネシアのモバイルデータ市場でリーダーの地位を目指して激しい競争をする中、強固なネットワーク設計と4G LTEへのシームレスな移行を必要としていました。

インドネシアで2番目に大きいモバイルサービス事業者のXL Axiataは、全国に4G LTEを展開するために大規模な投資を行い、モバイルデータ事業の急速な成長の基盤を築きました。人口の約半数はまだXLの4Gネットワークにアクセスできていないため、同社は拡大ペースを加速させました。

概要


会社名 XL Axiata
業界 通信事業者
使用製品 ACX2200ACX5000MX80MX960
地域 APAC
XL Axiataの画像
「ネットワーク設計が優れていれば、設備投資を削減し、投資を有効活用できます。また、ネットワークを安定化し、効率化することもできます。トラフィックの成長を見越してネットワークを拡張する必要があるため、これらすべての要素が非常に重要です」
タウフィック・ブディマン氏 XL Axiata、トランスポートIPエキスパート

ビジネス上の課題

XL Axiataは、前年比で2倍以上に増加したデータトラフィックに対応し、急成長しているインドネシアのモバイルデータ市場においてリーダーとなるために、モバイルバックホールアーキテクチャを必要としていました。またこのネットワークは、費用対効果が高く、不必要な複雑さを排し、すぐに拡張可能であることが求められました。

技術ソリューション

ジュニパーパートナーのPT Lintasは、ACXシリーズアクセスルーターを使用し、XLのモバイルバックホールネットワークを統合しました。スモールセルサイト用にACX2200、イーサネット経由のバックホールトラフィックアグリゲーション用にACX5000を設置しました。スイッチング機能、ルーティング機能、セキュリティ機能に、MXシリーズルーターを選択しました。ジュニパープロフェッショナルサービスチームがXLの4G LTE導入の拡張パスの計画を立てました。

ビジネスの成果

XLの新しいネットワークは、モバイルデータトラフィックの爆発的な増大と4G LTEの需要に対応するように拡張することができます。バックホール アーキテクチャにより、不要なレイヤーとネットワーク オーバーレイを排除し、XL は設備投資と運用コストを削減できました。このアーキテクチャを設計テンプレートとして使用し、次回にバックホールを導入する際の期間を短縮しようと考えています。

「ジュニパープロフェッショナルサービスに投資したことで、知識の移転と長期的な価値がXLにもたらされます」
タウフィック・ブディマン氏 XL Axiata、トランスポートIPエキスパート