Millicomは、アジャイルなTelcoクラウドにより、中南米全域のデジタル技術の力を引き出します。

Millicomは、中南米のデジタル変革を促進し、人々や機関に絶好の機会を生み出し、社会に好ましい変化をもたらしています。Millicomは、TIGOブランドを通じて、5500万人の消費者にモバイルサービスやケーブルテレビを、30万社の企業に接続性やクラウドサービスを提供しています。

Millicomは、ジュニパーのネットワークファブリックを基盤にしてTelcoクラウドを作成しており、地域におけるモバイル、インターネット、支払いサービスを拡大させています。  

概要


会社名 Millicom
業界 サービスプロバイダ
使用製品 QFX10002QFX5100
地域 Americas
駐車場から撮影したMilicomのビルの夜景
顧客企業の導入事例の概要

55

9カ所の中南米市場で100万人のモバイル顧客

99.9999%

データセンターの可用性

50%

2020年のインターネットトラフィックの増加

IPファブリックにより、Telcoクラウドリソースは、必要に応じて移行や柔軟な管理が可能です

課題

中南米市場でモバイルサービスやインターネットサービスの柔軟な配信

Millicomは、4Gサービスの急速な拡大をサポートし、5Gの基盤を提供するTelcoクラウドインフラストラクチャの構築を目指していたので、その成功がTier 3データセンターに柔軟なネットワークを導入できるかにかかっていることにはすぐに気づきました。

「5G向けクラウド規模の機能を構築するために、IPファブリックアンダーレイネットワークを変革する必要がありました。」とMillicomのデータセンター、クラウド、インフラストラクチャディレクターのリタ・フジオール氏は言います。

Millicomは、Telcoクラウドプロジェクトが進むと、データセンター内と地域全体に一貫したIPファブリック導入すれば、進化したパケットコアやその他のアプリケーションに必要な可用性、パフォーマンス、拡張性とともに、より優れた俊敏性を提供できると判断しました。リソースを9カ所の地域で共有しているので、顧客需要の増加に動的に対応できます。

「データセンターのIPファブリックプロジェクトでは、データセンターの相互接続を検討した際に、ビューの拡大に取り組みました」とフジオール氏は言います。「Any-to-any接続の価値に気づきました。」

Millicom Challenge 2
ソリューション

人と人をつなげ、生活を改善するデジタルハイウェイの構築

Millicomのデータセンター間の任意のファブリックは、今現在、そして今後もサービスの提供を劇的に簡素化することができます。Millicomは、パラグアイ、ボリビア、ホンジュラのデータセンターに最初にIPファブリックを導入し、その後他の地域にも導入しました。

「標準化に重点的に取り組むのは、簡単なことではありません。」とフジオール氏は言います。「しかしながら、標準化により、国ごとに異なるスキルを共有し、迅速にトラブルシューティングを行い、ビジネス要件をすぐにタイミング良く変換できます。」

ジュニパーとNECは緊密に協力して、革新的なソリューションと専門家のネットワーク統合機能を提供し、Millicomが、各国のデータセンターの運用を標準化、簡素化、自動化し、現地の要件に合わせて柔軟に調整できるよう支援します。自動化により、新しいサービスの市場投入までの時間が短縮されます。

「ジュニパーとNECと協力して、将来に備えたデータセンターアーキテクチャを構築しました。」とフジオール氏は言います。

Millicom Telcoクラウドは、ジュニパーのIP/EVPNファブリック向けQFX10000スイッチとQFX5100スイッチを活用しています。ジュニパーのSDNコントローラにより、トラフィックエンジニアリングは簡素化されているので、運用チームは、自動化と最適化により、トランスポートサービスレベル契約(SLA)を厳しく管理できます。

Millicomは、パンデミックに多くの障害が生じましたが、それでもTelcoクラウドインフラストラクチャを進めてきました。「2020年にこのファブリックを導入するのは非常に困難なことでした。」とフジオール氏は言います。「身体的な自由度が制限され、輸入に時間がかかったため、標準化はさらに重要になりました。」

Woman holding cellphone with virtual connection diagram
成果

パンデミック中のビジネスや人のつながりを維持

Millicomは、デジタルハイウェイの構築者として、迅速にモバイルサービスやインターネットサービスを拡大し、仕事、学校、エンターテインメントに急に家でインターネットが必要になった何百万人もの人を接続しました。

「COVID-19渦中、インターネットは、あらゆる家庭の中心になりました。」とフジオール氏は言います。「多くの人がインターネットを使用していませんでした。そこで重要な物流の課題を克服し、農村コミュニティーで人々をつなぐことで、お互い隣に座っているかのように、自宅で働くことができるようになりました。」

ビジネスの回復が始まると、Millicomは成長に有利な立場にあります。同社は、2021年の第1四半期に166,000人の一般顧客を追加し、これは過去最高の四半期決算となりました。また、モバイルビジネスに110万人の顧客を追加し、10年ぶりに4四半期で最高の業績を実現しました。さらに、Millicomは、2021年3月に中南米におけるサービス収益の成長が5.5%を上回ったことを報告しています。 

Business team consulting internet on digital devices together
「当社は、信頼できるアドバイザーとして、ジュニパーやNECとともに、クラウド変革をデータセンターのネットワーク変革と足並みを揃えて行ってきました。」
リタ・フジオール氏 Millicom、データセンター、クラウド、インフラストラクチャのディレクター

2021年10月発行