Miami Heat は、アジャイルなデータ センター ネットワーク上に、オールスターのファンエクスペリエンスを提供します。

Miami Heat のハードコートでの対戦を観戦するために、ファンが目を引くウォーターフロントの FTX アリーナに入ると、観衆は、展開が早いエキサイティングなバスケットボールの試合に足を踏み入れたことが分かります。3 回の NBA チャンピオン達が、手強いディフェンスと速攻攻撃をしかける試合では、アリーナの 19,000 名の座席はスポーツ愛好家たちで満員になります。

チケット不要の入場、オンラインフード注文、徒歩旅行など、楽しさ満載で、記憶に残るイベントになります。ジュニパーの信頼性が高く、セキュアなデータ センター ネットワークを活用すれば、Miami Heat の役員は、一日を台無しにするかもしれない障害について心配する必要はありません。

概要


会社名 Miami Heat
業界 メディア&エンターテイメント
使用製品 QFX5100MX960EX4300SRX5400JSA仮想アプライアンス
地域 Americas
Miami Heat の画像
顧客企業の成功事例の概要

100%

100%ペーパーレス チケットを採用した最初のバスケットボール アリーナ

600%

ジュニパーを選択することで、600%の資本コストを削減

イベントの設営と解体のためデータ センター ネットワークにシームレスに接続

周辺から中心まですべてジュニパーのセキュリティを搭載

課題

メディアに飢えているファンのためにネットワークを構築します。

才能のあるMiami Heatのアスリートは、気まぐれにディフェンスとオフェンスをプレイします。しかし、Heatの選手たちだけが、才能にあふれたチームではありません。HeatのITリーダーたちは、スリーポイントのアーチとネットをはるかに越えて、データ センターの動力と俊敏性を結びつける堅牢なジュニパーのインフラストラクチャを構築しました。

このネットワークは、FTXアリーナのアスリートやゲストのエリート部隊にサービスを提供しています。毎晩、バスケットボールファンがアリーナを埋め尽くします。彼らが会場を出た後わずか数時間で、ツアー バンドの製作チームは、翌日のコンサートに備えて、モバイル データ センターをアンロードしてネットワークに接続することができます。非常に多くのゲストを擁するので、アリーナとデータ センターのネットワークは、優れた安全性、一貫した信頼性、そして卓越したパフォーマーが必要になります。  

ソリューション

Heatは、長期的なセキュリティ、パフォーマンス、信頼性を考え、ジュニパーを選びました。

Miami Heatは、2010年にジュニパーを採用し、アリーナを最新化して以来、常にジュニパーの最新のイノベーションを確保するために一貫して投資してきました。

ジュニパーのMX960ユニバーサル ルーティング プラットフォームは、エンタープライズ ルーティングを提供します。データ センターでは、ジュニパーQFX5100とJuniper EX4300イーサネット スイッチが、高性能なデータ センター スイッチングを提供します。マルチシャーシ リンク アグリゲーションにより、拡張性と耐障害性に優れたレイヤー2への接続が容易になります。

Heatは、ネットワークの保護と脅威インサイトのため、ジュニパーのセキュリティ ソリューションを取り入れました。ジュニパーのSRX5400サービス ゲートウェイは、次世代ファイアウォール サービスでデータ センターとエンタープライズ エッジを保護します。Juniper Secure Analyticsは、セキュリティ イベントをリアルタイムで監視する重要な役割を果たしています。ジュニパーの高度なソリューション チームは、協力して、ビジネス運用とゲスト イベントをサポートします。

成果

デジタル イノベーションにより、ファン エクスペリエンスが素晴らしいものになります。

Miami Heatは、ファンにチケット不要の入場を提供した最初のNBAチームであり、デジタル イノベーション チームは常にその成功を重ねています。ジュニパーのネットワークにより、チームは、新しいエクスペリエンスで革新的なチームになり、このテクノロジーが何に対処できるのかに関して心配する必要はありません。

ファンが駆け付けた瞬間から、楽しく会場を出て行く時まで、アリーナとデータ センターのネットワークは、1つのファウルもできません。チケットのスキャン、食べ物の注文、商品の購入、ソーシャル メディアでのやり取りにより、ネットワークに大きな負荷が生じますが、ジュニパーは一貫してオールスターのパフォーマンスを実現しています。

「当社の収益の大半は、3~4時間の枠で得られます」とMiami Heatの最高技術責任者であるドリュー・ドルーベン氏は言います。「19,000人もが一斉に押し寄せ、ネットワークに大きな負荷をかけます。その時間の間、大きな障害や断続的な問題を発生させるわけにはいきません。1時間のダウンタイムでも、大きな収益を失うことになります。ジュニパーを採用してからダウンタイムを経験したことがなく、このネットワークのパフォーマンスと信頼性により、素晴らしいファン エクスペリエンスを提供できていると思います。」

Heatのファンがアリーナにいないときは、ミュージシャン、マジシャン、レスラー、アイススケーター、そしてそのファンで満員になります。高度にセグメント化されたネットワークにより、制作スタッフ、ビデオ チーム、およびその他誰でも、企業ネットワークに影響を与えることなくイベント運営を容易に維持できます。

ジュニパーのデータ センター ネットワークは、Heatのデジタル ファーストなスマート アリーナのコア基盤となります。自動化された産業制御、売店の待機時間アラート、建物への入場、侵入者検知の安全システムはすべてジュニパーのネットワークを通過します。

バスケットボール シーズンが終わると、HeatのIT役員は、多くの成功を振り返ります。そして、次にどんなプレイを考えても、成功を収めることができるのは、信頼性が高く、強力なジュニパーのネットワークのおかげだと分かっています。

「ゲームの最中でも、ライブイベントの最中でも、ジュニパーのインフラストラクチャは、落ち着いて動作しなければなりません。ジュニパーが確固たる信頼を維持していることをうれしく思います。」
ドリュー・ドルーベン氏 Miami Heatの最高技術責任者

2021年6月発行