在宅勤務によってインターネット利用が30%急増したJackson Electric Co-Op

コロナウイルス禍によってアメリカがシャットダウンを余儀なくされたとき、Jackson Electric Cooperativeはそのサービスを強化しました。マタゴルダ湾は、数マイルに及ぶテキサス州ガルフコーストの海岸と、新鮮な牡蠣、ワタリガニ、海老で有名です。その住人にとって、ブロードバンドインターネットが生活に欠かせない存在になっています。Jackson Electricのスマートコミュニティネットワークは、ジュニパーのルーティングをベースに構築されています。インターネットトラフィックの30%急増と、加入者接続の130%急増に容易に対応しました。

概要


会社名 Jackson Electric Cooperative
業界 電気通信事業&公共事業
使用製品 MX204ACX5400EX4600Wired Assurance
地域 Americas
Jackson Electric Cooperativeの画像
「非常に多くの人が自宅で仕事や勉強をするようになったことで、インターネットの利用者数が130パーセント、インターネットトラフィックが30パーセント急増しました。ジュニパーネットワークスのソリューションのおかげで、問題なく対応できました」
ブライトン・エルデス氏 Jackson Electric Cooperative、ネットワークエンジニア

ビジネス上の課題

ジュニパーのコアからエッジまでのネットワークが、Jackson Electricの電力ビジネス用のスマートメーターと、学校や企業、自宅を接続するインターネットサービス用のスマートメーターをサポートしています。Jackson Electricは、この地域のデジタル格差が明らかになったときに、Mist Wireless LANプラットフォームをベースにした屋外Wi-Fiサービスを開始しました。在宅勤務や自宅での学習が新たな常識となった今、勤務者や学生は仕事や勉強にこのサービスを利用しています。