Hospital for Special Surgery社は、パンデミック時にNew Yorkの重症患者を治療するための臨床的変革を実現しました

股関節や膝関節の人工関節置換術が必要な場合、Hospital for Special Surgery(HSS)社は専門的な治療を行う場として選ばれています。HSS社は、整形外科とリウマチ科でトップクラスの病院ですが、New York市がCOVID-19のパンデミックの震源地となったとき、HSS社は救命救急診療に体制をシフトしました。

HSS社は、企業のコアネットワーク、データセンター、およびキャンパスネットワークにジュニパーのソリューションを利用しています。 

概要


会社名 Hospital for Special Surgery (HSS)
業界 医療
使用製品 MX960MX240QFX5100EX4300EX4600
地域 Americas
Hospital for Special Surgery社のイメージ
顧客企業の導入事例の概要

# 1

米国では、整形外科に関して 12 年間連続で; リウマチ学に関して北東部最高(U.S. News & World Report); 整形外科に関して World’s Best Specialty Hospital 1 位(Newsweek

100,000

2020 年の遠隔医療訪問

10倍

2020 年の在宅勤務の増加

10倍

臨床トランスフォーメーションを可能にするコア ネットワークの拡張

課題

整形外科から救命救急への完全な変革

2020 年 3 月:ニューヨーク市の病院は COVID-19 の患者であふれかえっていました。人工呼吸器が不足していました。救急車が道に並んでいました。

HSS は、この危機の中で前例のない方向転換を行いました。この米国でも最先端の筋骨格医療を専門とするアカデミック メディカル センターは、病状が極めて重い患者を治療するため変革を行いました。

HSS の SVP 兼 CIO の Jamie Nelson 氏は、「これは、「私たちの」ストーリーです。私たちのチームが行ったことは、プロのハイライトでした。」と話します。

IT スタッフと HSS 技術 パートナーは、毎日病院を訪問し、個人保護具を装着し、患者ケアの新しい要件をサポートするために迅速な技術とネットワーク変更を行いました。 

ソリューション

特別なものの実現のための協力

HSS は、重症患者を治療するために、マンハッタンのアッパー・イースト・サイドにその施設を再建しました。手術室は ICU に変わりました。特別足・足首外来手術ユニットはトリアージ センターになりました。外来エリアは、ソーシャル ディスタンスを維持しながら、患者を適切に監視するために統合されました。

Epic EHR ソフトウェアは、新しい遠隔医療ワークフローやその他の機能をサポートするために再設定されました。新しい大画面モニターによって、臨床医は患者の状態を追跡しやすくなりました。ライブストリーム ビデオ機能によって、病院のリーダーは、スタッフやより幅広いコミュニティとより効果的にコミュニケーションを取れるようになりました。

専用ツールにアクセスして作業何百台ものラップトップとタブレットが在宅勤務スタッフに配布されました。デジタル チェック リクエストとペーパーレス購入が実装されました。ビデオ会議は、自宅からの作業とリモート患者ケアの成功の鍵となりました。

強力なネットワークが、HSS 臨床トランスフォーメーションをサポートするデジタル基盤を提供しました。 

Nelson 氏は、「ジュニパーのデータ ネットワークによって、規模を拡張し、より多くの受信トラフィックを処理できるようになりました。私たちは、臨床トランスフォーメーションに取り組みました。対応は急を要しましたが、嵐をしのぐ強力な基礎がありました。」と話します。

成果

ヒーローは、ここでも自宅でも働いています。

HSS の全員が全力で取り組みました。

Nelson 氏は、「COVID-19 ICU 患者を治療している麻酔医の後ろで、外科医が自分にできるすべてのことを行っていました。私たちの臨床チームは一丸となって取り組みました。」と話します。

病院の管理スタッフの健康と安全を保護することが重要でした。以前は、在宅勤務してたスタッフの数は 1 日あたり 200 人でした。現在では、2000 人の財務、マーケティング、IT、さらには臨床ケア業務のスタッフが在宅勤務しています。

遠隔医療による診療は、2019 年には 1000 件でしたが 2020 年には 100,000 件まで急増しました。遠隔医療により、HSS は自宅にいる整形外科患者に重要なフォローアップ ケアを提供できるようになりました。

Nelson 氏は、「物理療法のようなアフターケアは、手術自体と同じぐらい重要です。遠隔医療に必要なビデオ ストリーミングに対応できる堅牢なネットワークが極めて重要でした。」と話します。

遠隔医療、患者の遠隔測定、ハイブリッド ワークを可能にする強力な技術基盤は、今後も HSS の新しい標準の一部であり続けます。

「より高いレベルのリモート ワーカーをサポートすることは非常に大きな課題でした。堅牢なジュニパー ネットワークを活用することで、自宅で働くスタッフを支援するための方向転換を迅速に実行できました。これは驚くべきことです。」
Jamie Nelson Hospital for Special Surgery、SVP 兼 CIO

2021年10月発行