Heartfulness Instituteはジュニパーコアネットワーク上で、より快適なウェルス体験をサポート

Heartfulness Instituteの瞑想方法は、パンデミックが私たちの生活を劇的に変え続ける中、これまで以上に重要です。Heartfulnessは、シンプルな瞑想の実践により、落ち着きと精神的な絆を得るうえで役立ちます。Heartfulness Instituteは、インドハイデラバードの中心にあるジュニパーのキャンパスとデータセンターネットワークを活用しています。

概要


会社名 Heartfulness Institute
業界 政府機関
使用製品 EX4600EX4300SRX1500
地域 APAC
Heartfulnessの画像
顧客企業の成功事例の概要

1,400 エーカー

国際本部

140

世界中にある瞑想センター

100,000

実践者は、ライブイベントに参加できます

データを保護

有害なサイバー脅威から

課題

デジタル基盤を構築して、シンプルで喜びにあふれた暮らしを呼び起こす

電話やモバイルアプリを介してリモートで、または当社のセンターで、Heartfulness のトレーナーが黙想を指導します。Heartfulness の瞑想は、誰でも無料です。

「瞑想のトレーニングは、精力的なクラスのようにですが、現在はすべてリモートです。」と Heartfulness のトレーナーで Heartfulness ネットワークとモバイルアプリの設計者であるラジャ・ラビ・スカル氏は言います。「会話はありません。資格を持ったトレーナーが実践者と心と心をつなぎます。」

ハイデラバードの近くにある 1,400 エーカーの国際本部は、独自の教育機関や医療施設を備えた持続可能なコミュニティーとして発展しています。

Heartfulness Institute は、ハイデラバードと世界中にあるセンターでのデジタル運用を促進するために、堅牢で信頼性の高いネットワークを必要としていました。「ネットワークは、ライブ イベントをサポートするために必ず準備する必要があります」とラジャ氏は言います。

ソリューション

瞑想用の高可用性のデータセンターを構築

日々の有益な実践の背後には、強力なハイブリッド クラウド戦略があります。現地のデータ センターは、メンバーとドナーのデータベースを運用し、データとビデオをクラウドとバックに流して、イベントをサポートします。キャンパス ネットワークは、住宅、学校、ウェルス センターをつなぎます。

キャンパスとデータ センターのネットワークは、最高レベルのパフォーマンス、信頼性、セキュリティを提供します。ジュニパーネットワークス® SRX1500 サービス ゲートウェイは、次世代ファイアウォール、侵入防止と検出、インターネット接続を提供します。ジュニパーネットワークスの EX シリーズ イーサネット スイッチは、キャンパスの接続を提供します。

成果

ストレス管理から自己実現まで

「瞑想をすると、私のようなエンジニアが落ち着いてリラックスできるので、仕事のプレッシャーを家に持ち帰ることがありません。」とラジャ氏は言います。「Heartfulness は、人々がリラックスして楽しみを見つけるお手伝いをします。」

パンデミック中、YouTube などのデジタルチャネルで毎週グループ瞑想を行っているので、Heartfulness センターは通常よりも静かになるかもしれませんが、ネットワークは実践者が戻ってくるのをお待ちしています。

「インドのラーム・ナート・コヴィンド大統領は、ライブイベントの一員として活躍しています。」とラジャ氏は言います。「当社のインターネットとネットワークは常に利用でき、動画の乗っ取りなどの脅威から保護する必要があります。ジュニパーを利用すれば、安心して、ボランティアやゲストの安全とプライバシを保護できます。」

Heartfulness は、ジュニパーのネットワークを展開し、人々が生活に喜びと安らぎを見い出せるよう、継続的にサポートしています。「Heartfulness のミッションとビジョンが確実に向上するよう、ハイデラバードとグローバル センターの実践者たちの安全と安心を確保したいと考えています。」とラジャ氏は言います。

「Heartfulness は、内なる自己を体感する通り道です。瞑想を定期的に実施すると、心と同調し、常に落ち着いてバランスの取れた状態を維持できるようになります。ジュニパーネットワークスのソリューションは、グローバルなミッションに役立ちます。」
ダージ Heartfulness のガイド

2021年5月公開