ラテンアメリカの何百万人という人々を楽しませてるデジタルエンターテイメントを配信

ラテンアメリカ最大のメディア企業であるGloboは、1億人以上の人々に製品を提供しています。

ストリーミングサービスであるGloboplayは、非常に拡張可能なコンテンツ配信ネットワーク(CDN)を通じて提供されており、これは同社で成長中のビジネスユニットです。自動化された、高性能CDNは、Juniperスイッチとルーターを活用し、毎月2億5,000万時間のスポーツ、リアリティTV、テレノベラ(ラテンアメリカを中心に製作、放映されているドラマ)、その他のコンテンツをストリーミングしています。 

概要


会社名 Globo
業界 メディア&エンターテイメント
使用製品 QFX5120QFX5200QFX10008 および QFX10016PTX10003
地域 Americas
Globoの画像
お客様企業の導入事例の概要

No.1

ラテンアメリカ最大のテレビネットワーク

2億5,000万時間

毎月Globo CDNからストリーミングされるコンテンツ

2,200万人

Globoplayを使用している1か月あたりのユーザー数

課題

中断なしのコンテンツ配信を維持しながらパフォーマンスを向上

Globoは、障害を発生させずにノンストップコンテンツを提供するために、CDNに依存しています。メディアグループが400Gに移行するなか、視聴者やデータを混乱させずに、インフラストラクチャをアップデートしています。

ストリーミングビデオはGloboにおける成長中の収益源であり、優れた視聴体験を提供するためには優れたパフォーマンスと信頼性が不可欠です。デジタル製品と新市場に拡大するなか、Globoは、コアルーティング機能に巨大な容量とオンデマンド拡張性を提供する強固な基盤が必要であると理解しています。

「当社のデータセンターは、ベンダーに依存しない設計です」と述べるのは、GloboのネットワークマネージャーであるMarcus Cesario氏です。「当社のコンテンツサービスが拡大するなか、テラビット単位のインターネット接続を実現する大容量が必要でした。」

Globo Case Challenge
ソリューション

データセンター自動化により、耐障害性に優れ信頼性の高いコンテンツストリーミングが実現

Globoは、GloboplayデータセンターのためにJuniperルーティングおよびスイッチングを選択しました。Juniper QFX5120スイッチはリーフノードとして使用され、QFX5220スイッチはIPファブリックのリーンな背骨として機能します。リオデジャネイロおよびサンパウロのデータセンターにあるJuniper PTX10003パケットトランスポートルーターとQFX100スイッチは、ルーティングとゲートウェイレイヤーを提供します。QFX5120スイッチは、ブラジル周辺の小規模なポイントオブプレゼンスでピアリングデバイスとして機能します。

「ジュニパーを使用することで、100G~400Gのインターフェイスと新しいネットワークカプセル化および仮想化機能を備えた拡張データセンタースイッチを獲得しました」と、Cesario氏は述べています。「また、ネットワーク自動化へ力強く進むこともできます。」

Globoは、QFXシリーズスイッチが、業界最高水準のスループットと拡張性、豊富なルーティングスタック、Junos OS Evolvedオペレーティングシステムのオープンプログラマビリティ、およびEVPN-VXLANとIPファブリックに関する幅広い機能を提供することを信頼しています。

Junos OS Evolvedでは、Globoは俊敏性と自動化、オープンかつ業界標準のEVPN-VXLANプロトコルが弾力性、信頼性の高いデータセンターファブリックを提供します。

Globo Case Solution
成果

成功に向けたストリーミング

自動化と信頼性の高いストリーミングサービスは、何百万人もの人々に満足していただいたうえで、契約を継続してもらっています。Big Brother Brazilなどの特別番組によるピークエンゲージメント時間の間、Globo CDNは、パブリックビューイングとオンライン投票に簡単に対応しました。

2019年、同社ではストリーミング加入者の数が89%増加し、2022年の売上高は11%増加すると見込んでいます。

「当社の自動インフラストラクチャは、何百万人ものユーザーに対するライブストリーミングをサポートし、必要に応じて適応しています」と、Cesario氏は述べています。「また、新しいサービスを迅速に作成し、配信するのも自動インフラストラクチャに依存しています。」

社内で構築したオープンソースのオーケストレーションツールがジュニパーのネットワーク設定を自動化し、運用チームが数分でサービスを提供できるようにします。「DevOpsは、リクエストを開かなくても、1回クリックするだけで新しいハードウェアを割り当てることができます」と、Cesario氏が言います。

持続可能性も、データセンターの決定に影響を与えています。ジュニパーのインフラは電力効率に優れており、環境に配慮するGloboのコミットメントに足並みをそろえ、2019年から始まったカーボンニュートラルの取り組みをサポートするために貢献します。

Globo Case Outcome
Marcus Cesario、Globo、ネットワークマネージャー
「Globoplayは、1か月当たり2億5,000万時間以上の消費されてます。Juniperは柔軟でコスト効率の高いインフラストラクチャを導入し、加入者にアプリケーションと製品を提供し、新製品を迅速に生み出しています。」
Marcus Cesario Globo、ネットワークマネージャー

2022年10月公開