シカゴ郊外の学区では、AI ドリブン Wi-Fi により学習できるようになっています。

統合高等学校第 230 学区は、シカゴの南西に位置する活気ある地域で 7800 人の生徒を教育しています。1 対 1 の学習体験を早期に導入した同地区のトップクラスの公立高校は、教育技術を応用して優れた学力を実現することに大きな成功を収めています。

230 学区は、ジュニパーの AI ドリブンワイヤレスネットワークによって、教育現場の増大するデジタル需要に対応しています。 

概要


会社名 統合高等学校 230 学区
業界 教育
使用製品 AP63AP43AP32AP12Wi-Fi AssuranceMarvis VNA
地域 Americas
統合高等学校 230 学区の画像
顧客企業の導入事例の概要

7800

3 つの高等学校の生徒たち

15,000 以上

3 つのキャンパスにわたるデバイス

3

Orland Park、Tinley Park、および Palos Heighs の高等学校

Wi-Fi ネットワークサポートの削減

課題

Legacy Wi-Fi は、パンデミック後のグ基準に対応しません。

他の学校と同様に、230 学区においてもパンデミック発生当初は、ビデオ、クラウドアプリケーション、モバイルデバイスを多用し、遠隔教育を中心としてきました。しかし、生徒が対面式の教室に戻り、体験学習をサポートするデバイスが増えると、学校の古い無線アクセスポイントでは、高まる期待に追いつけなくなったのです。

IT チームが教室の接続サポートに多くの時間を割くようになったため、Wi-Fi の更新が必要な時期になっていました。

「今後 5~7 年間、ハイテク環境のニーズを満たすソリューションで、無線ネットワークの将来を保証したいと考えていました。」と、統合高等学校 230 学区の CTO である John Connolly 氏は言います。 

Consolidated High School Challenge
ソリューション

AI ドリブン Wi-Fi では、ネットワークの心配は、インストラクションを優先して後回しにされます。

230 学区の経営陣は、イリノイ州の Orland Park、Tinley Park、および、Palos Heights の高等学校で、拡張された学習要件を満たすことができる、クラウドマネージド無線ソリューションを探求し始めました。

「ジュニパーの無線に移行したことで、Wi-Fi で見逃していたものが見えてきました」と、230 学区のネットワーク管理者である Mike Caruso 氏は言います。

ジュニパーを導入した 230 学区は、AI ドリブンの自動化と動的 RF 管理という強力な組み合わせを獲得して、ネットワークの運用を簡素化しながら、安定した信頼性の高い Wi-Fi を維持するために連携しています。Mist AI を搭載したジュニパーの無線アクセスポイントは、屋内外で高パフォーマンスな Wi-Fi 6 を実現するので、生徒、教師、および職員が、ラップトップ、タブレット、および電話を確実に使用することができます。Juniper Mist の、事前共有された複数の鍵メカニズムにより、認証サーバーの負荷を軽減しながら、学生が所有するデバイスを、簡単かつ安全に初期設定する方法を提供します。

"Mist AI により、IT チームは、重要なタスクを自動化し、ネットワークの問題を積極的に対処することで、生徒、教員、または職員の体験に影響が及ばないようにします

「Mist AI によって、無線ネットワークの設定やトラブルシューティングが、非常に容易になりました。」と Caruso 氏は言います。「ユーザーが気づく前に、潜在的な問題を警告してくれます。」

ジュニパーの Mist Wi-Fi Assurance Service は、手動によるトラブルシューティングを無線運用の自動化に置き換え、Wi-Fi の予測可能性、信頼性、測定可能性を向上させています。Marvis 仮想ネットワークアシスタントは、Mist AI 専用の対話型インターフェイスで、ネットワークサポートを事後対応型から事前対応型に移行し、自動運転で問題を解決します。 

Consolidated High School Solution
成果

学業の成功をサポートするデジタル基盤

ジュニパーでは、Wi-Fi は、豊かな学習体験のための目に見えないデジタル基盤として活用されています。 

「職員や先生から無線について話を聞かないときは、良い日だと思います。」と IT サービス運用マネージャーの Marce Gonzalez 氏は言います。「そして最近は、無線についての話をまったく聞かなくなりました。」

AI ドリブンネットワーキングにより、IT チームは、学習の質と学生の成功をさらに向上させるために、テクノロジーを戦略的に活用することに集中できるようになりました。「ジュニパー無線と Mist AI により、事後対応型で対応する時間を減らし、事前対応型で対応する時間を増やすことができます。」と Caruso 氏は言います。

IT チームは、RF 最適化の自動化に成功し、心地良い驚きを感じました。ジュニパーの AI ドリブン無線リソース管理は、チャネルと電源の割り当てを自動化し、Wi-Fi と外部の干渉源を考慮しながら、RF 環境を継続的に学習し、最適化します。

「これまでの経験から、WLAN ベンダーの無線リソース管理に関する約束について、非常に懐疑的でした。」と Caruso 氏は言います。「ジュニパーでは、まだ AP のチャンネルや電源を手動で設定したことがありませんが、実際に機能します。」

Consolidated High School Outcome
統合高等学校 230 学区の最高技術責任者 John Connolly 氏
「どんなに新しいソリューションでも、問題にぶつかることはあります。CTO として、問題を迅速に解決するエスカレーションが必要です。ジュニパーでは、そのような経験を積んできました。」
John Connolly 氏 統合高等学校 230 学区の最高技術責任者

2022 年 2 月の発行