AI を駆使したネットワークは、オーストラリアの大規模な貨物鉄道プロジェクトを支援します。

オーストラリア国内の鉄道では、メルボルンとブリスベン間の貨物輸送を 24 時間以内に行うために、二段重ね貨物列車が登場します。この巨大なインフラプロジェクトは、増大する貨物需要に伴う混雑を緩和し、生産者と市場をつなぐことで、国の経済を活性化します。

1,700km に及ぶ鉄道路線の設計と建築を支えているのは、ジュニパーの AI を駆使した企業ネットワークです。

概要


会社名 Australian Rail Track Corporation
業界 物流および輸送
使用製品 AP43AP41AP32エッジMarvis VNA
地域 APAC
オーストラリア鉄道整備会社のイメージ
顧客企業の導入事例の概要

1,700 km

柔軟な職場環境でサポートされる鉄道の建設

ホットデスク予約システムに安全に接続

180億ドル

オーストラリアのGDPを経済的に活性化

一時的な拠点やリモートオフィスのWi-Fiを簡素化

課題

柔軟な職場環境に合わせた安全なWi-Fi接続性を確立

ブリスベンの国内鉄道プロジェクトの新しい本社は、柔軟な職場環境になり、すぐにデスクを予約できる機能を備えています。

「国内鉄道が進めているアジャイルな操作方法をサポートするため、最新式のベストプラクティスに基づいた無線の導入を目指しました」と、民間企業と提携して国内鉄道を提供しているオーストラリアの鉄道整備会社のネットワークアーキテクトであるブラッド・ヘンショー氏は言います。

要件の1つは、デスクの予約システム、ビジター登録システム、デジタルサイネージの一部であるデスクのディスプレイと他のIoTデバイスを安全に接続できるWi-Fiネットワークでした。

「デスク予約、サイネージ、会議開催/部屋の制御装置のすべてが保護されたゾーンに留まるように、信頼できないネットワークデバイスを切り離す必要があります」とヘンショー氏は言います。「ジュニパーの無線を使えば、それが簡単にできました。」

Australian Inland Rail Track Challenge
ソリューション

高い評価:ジュニパーMistは、その名の通り実行します。」

国内鉄道は、ジュニパーの無線ネットワークであるDriven by Mist AIを早期に導入しました。

「ネットワークエンジニアが、ラボでジュニパーの無線操作をテストしたとき、ドキュメント通りに、そして営業担当者がそうなると言った通りに無線は機能しました」とヘンショー氏は言います。「ジュニパーの無線は、評判に違わずに機能します。」

ジュニパーシリーズの高性能無線アクセスポイントは、高性能のWi-Fi 6を提供し、ジュニパーMistクラウドやMist AIと連携して動作し、IT運用を簡素化しながらネットワークユーザーエクスペリエンスを最適化することができます。ITチームは、対話型インターフェイスと事前対応型のアクションを備えたMarvis仮想ネットワークアシスタントを使用して、運用を効率化することができます。

ジュニパーの無線を導入するのは非常に簡単でした」とヘンショー氏は言います。「Mistのポータルは、必要な機能をすべて提供してくれ、有線ネットワークや認証インフラストラクチャと簡単に統合できました。」

Australian Inland Rail Track Solution
成果

オフィスから現場まで柔軟な職場環境が可能

1,700kmの配置のうち最初の100kmのセクションは2020年に完了しました。ブリスベンの本社では、地理のマッピングや鉄道のエンジニアリングから、プロジェクト管理、マーケティング、法律関係まで、すべての業務にチームが携わっています。スタッフとパートナーが協力しているので、優れたネットワークエクスペリエンスの実現に確信を持つことができます。

また、国内鉄道のICTグループも、無線が安全であることを確信することができます。「ジュニパーの無線は、信頼できないデバイスを制限し、IoTセキュリティリスクを軽減できる便利なセキュリティ管理を提供してくれます」とヘンショー氏は言います。

ジュニパーの無線で複数の事前共有された鍵の機能を使用すれば、IoTデバイスは、共通の鍵を使用することなくWi-Fiにアクセスすることができます。「新しいセキュリティ手法でIoTの安全性を確保しており、初めてこれが機能しました」と彼は言います。

ヘンショー氏は、ジュニパーの高性能アクセスポイントやジュニパーのMist Edgeを使用して、一時的な拠点やリモートオフィス用にオフィスインアボックスキットを作成しています。

「Mist Edgeを使用して、リモートサイトにジュニパーアクセスポイントを導入し、セキュリティ管理を追加しているブリスベンのデータセンターまで戻ってトンネリングすることで、IoTデバイスを安全に接続することができます」とヘンショー氏は言います。「Mist Edgeはセキュリティモデルを採用し、既存のWAN上で拡張することができます。」

Australian Inland Rail Track Outcome
ジュニパーの無線であるDriven by Mist AIは、アジャイルな職場環境をサポートします。デスク登録システムやデスクのディスプレイに接続し、安全性を確保することができます。ジュニパーの無線を導入していなければ、ネットワーク上でこうしたIoTデバイスの安全性を確保することは難しいでしょう。」
ブラド・ヘンショー オーストラリア鉄道整備会社、ネットワークアーキテクト

2021年12月発行