トレーニング

認定資格

Navigation
再認定

再認定に関する一般的な情報
試験による再認定
コース受講による再認定
コース受講による再認定のプロセス
コース受講による再認定のオプションに関する要件
再認定に関する一般的な注意事項

再認定に関する一般的な情報

優れたスタンダードとなっている JNCP 認定資格を維持し、資格保有者のスキルが最新で陳腐化していないことを保証するために、ジュニパーネットワークスでは再認定の要件を以下のように規定しました。この要件は、JNCP のすべての認定資格プログラムに適用されます。
注:以下の要件は変更される場合があります。

試験による再認定

試験によって認定資格を更新する場合は、次の表に示す再認定ガイドラインに従ってください。上位レベルの試験に合格すると、該当する認定試験のみならず、同じプログラムの下位の認定資格もすべて更新されます(これは認定資格が受験の時点でアクティブである場合にのみ有効です)。


認定資格レベル 同じ認定資格レベルでの更新 上位の認定資格レベルでの更新

JNCIA-Junos

現行の JNCIA-Junos 試験に合格すること

現行の JNCIS 試験(サービス プロバイダ向けルーティングおよびスイッチング、エンタープライズ向けルーティングおよびスイッチング、または Junos セキュリティ プログラム)に合格すること

JNCDA

現行の JNCDA 試験に合格すること

現行の JNCDS-xx 試験のいずれかに合格すること

JNCIS

同じプログラムで現在の JNCIS 試験に合格すること

同じプログラム*で現在の JNCIP 試験に合格すること

JNCDS

同じプログラムで現在の JNCIP 試験に合格すること

N/A

JNCIP

同じプログラムで現在の JNCIP 試験に合格すること

同じプログラムで現在の JNCIE ラボ試験に合格すること

JNCIE

同じ認定資格プログラムで現在の JNCIP 試験に合格すること

N/A

* JNCIP-DC 認定資格を取得すると、JNCIS-ENT 認定資格も再認定されます。

コース受講による再認定

ジュニパーネットワークスまたはジュニパーネットワークス認定教育パートナー(JNAEP)によるクラスを受講すると、有効な認定資格の再認定を受けることができます。コース受講によって認定資格を更新する場合は、次の表に示す認定試験とコースのマッピング ガイドラインに従ってください。上位レベルのコースを受講すると、該当する認定試験のみならず、同じプログラムの下位の認定資格もすべて更新されます(これは該当する認定試験がコース出席の時点でアクティブである場合にのみ有効です)。プロフェッショナルレベルのコースを受講した場合は、エキスパートレベルの認定資格も再認定されます。

自動化および DevOps 認定資格プログラム

認定資格

コース

自動化と DevOps、スペシャリスト(JNCIS-DevOps)

Junos プラットフォーム自動化と DevOps(JAUT)

クラウド認定資格プログラム

認定資格

コース

エンタープライズ クラウド、スペシャリスト(JNCIS-ENT-Cloud)

Contrail クラウドを使用したネットワーク自動化

データ センター認定資格プログラム

認定資格

コース

データ センター、プロフェッショナル
(JNCIP-DC)

上級データ センター スイッチング

設計プログラム

認定資格

コース

設計、アソシエイト
(JNCDA)

ジュニパーネットワークスの設計の基礎(JNDF)

または以下の JNCDS コースのいずれか

データ センター設計、スペシャリスト
(JNCDS-DC)

ジュニパーネットワークス設計 – データ センター

セキュリティ設計、スペシャリスト
(JNCDS-SEC)

ジュニパーネットワークス設計 - セキュリティ

WAN 設計、スペシャリスト
(JNCDS-WAN)

ジュニパーネットワークス設計 - WAN

エンタープライズ ルーティングおよびスイッチング プログラム

認定資格

コース

Junos、アソシエイト
(JNCIA-Junos)

Junos OS の概要(IJOS)

または、Junos プログラムにおけるいずれかのスペシャリストまたはプロフェッショナル コース

エンタープライズ ルーティングおよびスイッチング、スペシャリスト
(JNCIS-ENT)

Junos エンタープライズ向けスイッチング

Junos 中間ルーティング

または以下の JNCIP-ENT コースのいずれか

エンタープライズ ルーティングおよびスイッチング、プロフェッショナル
(JNCIP-ENT)

およびエキスパート
(JNCIE-ENT)

上級 Junos エンタープライズ向けルーティング

上級 Junos エンタープライズ向けスイッチング

JNCIE-ENT ブートキャンプ

ファイアウォール/VPN 認定資格プログラム

認定資格

コース

FWV、スペシャリスト
(JNCIS-FWV)

高度なジュニパーネットワークス VPN の実装

ジュニパーネットワークス ファイアウォールによる攻撃防止

ジュニパーネットワークス ファイアウォール/IPSec VPN 製品の構成

ジュニパーネットワークス ファイアウォール/IPSec および VPN 製品のハイパフォーマンス ネットワークへの統合

Junos Security 認定資格プログラム

認定資格

コース

Junos、アソシエイト
(JNCIA-Junos)

Junos OS の概要(IJOS)

または、Junos プログラムにおけるいずれかのスペシャリストまたはプロフェッショナル コース

セキュリティ、スペシャリスト
(JNCIS-SEC)

Junos セキュリティ

または以下の JNCIP-SEC コースのいずれか

セキュリティ、プロフェッショナル
(JNCIP-SEC)

およびエキスパート
(JNCIE-SEC)

上級 Junos セキュリティ(AJSEC)

JNCIE-SEC ブートキャンプ

QFabric 認定資格プログラム

認定資格

コース

QFabric、スペシャリスト
(JNCIS-QF)

QFabric システムの構成と監視

QFabric システムのトラブルシューティング

サービス プロバイダ ルーティングおよびスイッチング認定資格プログラム

認定資格

コース

Junos、アソシエイト
(JNCIA-Junos)

Junos OS の概要(IJOS)

または、Junos プログラムにおけるいずれかのスペシャリストまたはプロフェッショナル コース

サービス プロバイダ ルーティングおよびスイッチング、スペシャリスト
(JNCIS-SP)

Junos 中間ルーティング

Junos サービス プロバイダ スイッチング

Junos MPLS の基礎

または以下の JNCIP-SP コースのいずれか

サービス プロバイダ ルーティングおよびスイッチング、プロフェッショナル
(JNCIP-SP)

およびエキスパート
(JNCIE-SP)

上級 Junos サービス プロバイダ向けルーティング

Junos サービス クラス

Junos マルチキャスト ルーティング

JNCIE-SP ブートキャンプ

Junos レイヤー 2 VPN

Junos レイヤー 3 VPN

コース受講による再認定のプロセス

コース受講オプションを利用して認定資格の再認定を受けるには、以下の手順に従ってください。

1. ジュニパー主催のコースの場合は、ジュニパーネットワークス ラーニング ポータルからコース修了証明書をダウンロードします。認定教育パートナー主催のコースの場合は、Metrics that Matter からコース修了証明書をダウンロードします。

2. CertManager (https://www.certmetrics.com/juniper/)にログインします。

3. 上部のナビゲーション メニューで [Exams](試験)をクリックします。

4. メニューで [ENTER COURSE QUALIFICATIONS](コース認定を入力)をクリックします。

5. ドロップダウン メニューから、コース受講のオプションを使用して、更新したい認定資格を選択して、[Submit](送信)をクリックします。

6. ドロップダウン メニューからコースを選択します。

7. 更新したい再認定資格が次の画面に表示されたことを確認して、[Submit](送信)をクリックします。

8. [Course Qualifications](コース認定)フォームに記入します。

a. [Qualification Date](認定日)をコースの最終日に変更します。
b. 注:[Recertification](再認定)に入力します。
c. [Document Language](ドキュメント言語):変更しません。
d. ドキュメント:[Select](選択)をクリックしてコース修了証明書を添付します。

9. [Submit](送信)をクリックします。

10. 送信内容は、2、3 営業日以内に処理されます。

コース受講による再認定のオプションに関する要件
  • ジュニパーネットワークスの認定インストラクター(JNCI)を除き、ジュニパーの資格を取得したすべての方は、コース受講による再認定のオプションを利用する資格があります。JNCI の場合、ジュニパーネットワークスの AEP マイクロサイトにアクセスし、再認定の要件および利用可能なオプションをご確認ください。

  • この再認定オプションは、2017 年 1 月 1 日以降に終了するコースにのみ適用されます。

  • 認定資格保持者は、特定の認定資格の再認定を受けるために、コース受講による再認定のオプションを 2 回続けて利用することはできません。このオプションを使用して特定の認定資格の再認定を受けた場合、次回の再認定の際はこの認定資格の試験を受ける必要があります。

  • コース修了証明書は、認定資格の有効期限までに送信する必要があります。認定資格保持者が試験に合格して再認定を受けた場合、コース修了証明書の日付が前回合格した試験日より古いと、コース受講による同じ認定資格の再認定を受けることはできません。

  • 1 つのコース修了証明書は、コースが再認定オプションに指定されているすべての認定資格(異なるプログラムの認定資格を含む)の再認定に利用可能です。たとえば、「Junos 中間ルーティング」コースは、JNCIS-ENT 認定資格と JNCIS-SP 認定資格の両方の再認定に利用できます。

再認定に関する一般的な注意事項
  • 上位レベルの試験に合格するかコースを受講すると、同じプログラムのそれより下位のすべての認定資格が更新され、上位レベルの試験に合格した日あるいはコースの最終日から 3 年間有効となります。たとえば、JNCIP-SP 試験に合格すると、JNCIS-SP 認定資格と JNCIA-Junos 認定資格が更新され、JNCIP-SP 試験に合格した日から 3 年間有効となります。

  • プログラムの参加者は CertManager を使用して、認定資格の状態を確認することができます。プログラムの参加者は、認定資格に関する電子メール通知を定期的に受け取ります。認定資格保持者は各自の責任において認定資格を維持し、連絡先情報を最新に保つ必要があります。

  • すべての JNCP 認定資格は 3 年間有効です。3 年間の有効期間内に更新されなかった認定資格は期限切れとなります。JNCP 認定資格の状態を示すカテゴリー、期間、資格は次のとおりです。

  • 状態 期間 資格

    アクティブ

    3 年間

    • すべての特典の資格
    • パートナー認定資格コンプライアンス要件に基づく資格があります。
    • 現在のレベルから再認定可能です。
    • 前提要件を満たすために使用できます。
    • 同じプログラムのラボ試験を受験する資格があります。

    期限切れ

    アクティブ期間の終わり

    • 現在のレベルからは再認定できません。
    • 認定資格が期限切れになった受験者は、認定資格プログラムを最初からやり直し、同じプログラムの各認定資格を再取得する必要があります。
    • 特典の資格はありません。
    • パートナー認定資格コンプライアンス要件に基づく資格はありません。
    • どのような前提要件も満たしません。
    • 同じプログラムの JNCP ラボ試験を受験する資格がありません。