ネットワーク自動化

ネットワーク運用を簡素化してスピード、俊敏性、サービス保証を実現

クラウド+5G+AIの時代が到来し、エンドユーザー、デバイス、アプリケーションのモバイル化が進み、さらに重要なことには、ポータブル化も進んでいます。企業のIT部門でも、サービスプロバイダでも、クラウドプロバイダでも、ネットワークの運用担当者にとって、サービスエクスペリエンスが差別化の必須要素になりました。エンドユーザーの期待に何とか応えるだけでは十分ではありません。期待を上回る必要があるのです。当社では、これを「エクスペリエンスファーストネットワーク」と呼んでいます。

ジュニパーがサポートします

刻々と変化する顧客のビジネスや個人的な要求に先んじて対応するためには、自動化されたサービス保証付きネットワークを提供することで、応答性、洞察力、弾力性、回復力を高める必要があります。ジュニパーParagonオートメーションにより競争上の優位性を高めることができます。

運用の最適化

ネットワークとサービスのライフサイクル全体を通してクローズドループのインテントベースの運用効率を利用することで、一般的な運用タスクの実行に要する時間を短縮し、手動プロセス関連のエラーを最小限にし、既存のリソースでより多くのことを実現できます。

ネットワークとサービスの耐障害性の向上

デバイス、システム、ネットワーク、サービスのパフォーマンスデータをストリーミングテレメトリとアクティブテストエージェントによってリアルタイムに収集します。予測分析のための機械学習(ML)アルゴリズムなどを含むアルゴリズムライブラリを使用してデータを分析し、ネットワークとサービスのパフォーマンスに関する実用的なインサイトを取得します。これらのインサイトを使用して、ダッシュボードへのフィード、アラートの発行、クローズドループワークフローの起動を行い、事前対応方式で是正措置を講じます。

ジュニパーのアクティブテストエージェント、ストリーミングテレメトリ、強力な分析ソリューションでは、わかりにくい微妙な障害など、難易度の高いネッワーク問題も特定できます。ジュニパーのソリューションにより、優れたユーザーエクスペリエンスを常に提供できます。

アクティブなサービス検証を実施

導入前に、ネットワークのサービスサポート能力を検証して、ターンアップテストを自動化します。導入直後に、サービスのパフォーマンスがサービスレベル目標(SLO)コミットメントに沿っていることを検証します。サービスのパフォーマンスをサービスのライフサイクルを通して監視します。顧客が気付く前に問題を解決して、クラス最高のサービスエクスペリエンスを提供します。

ユーザーに負担をかけないアクティブテストエージェントにより、接続レイヤー、アプリケーションレイヤー、およびこれらのレイヤー間のすべてにサービス品質メトリックを使用できます。Paragonオートメーションでは、データプレーンで合成トランザクションを実行して、エンドユーザーエクスペリエンスを正確に測定できます。

トラフィックの計画、監視、制御

トランスポート管理自動化ソリューションは、ネットワークのトラフィックのルーティングを監視し、より効率的に制御できるようにすることで、リアルタイムの変更を可能にします。ジュニパーの計画ソリューションはネットワークトポロジーを表示できるため、オフラインで変更を行い、本番ネットワークに影響を与えることなく、さまざまなシナリオテストを実行できます。

ジュニパーの計画およびトランスポートソリューションは、標準のルーティングプロトコルでは実現できないトラフィック制御機能が要求されるネットワークサービスを提供するうえでの鍵となります。

導入の簡素化

クラウドに対応したParagonオートメーションには、プライベートデータセンターとプライベート/パブリッククラウド向けの柔軟な導入オプションが用意されています。クラウドネイティブソリューションとして、Paragonオートメーションのノードクラスターを、増大するビジネスニーズに合わせて、1つまたは複数のデータセンターに分散させ、可用性と冗長性の高いスケールアウトアーキテクチャを実現できます。

自動化ソリューションがオープンで拡張可能であることは極めて重要ですが、多くのソリューションはそうではありません。ジュニパーのオープンな標準APIは、マルチベンダーとの相互運用性を提供し、ジュニパーの自動化ソリューションの最適化、カスタマイズ、運用環境への完全統合を可能にします。

Understanding Network Brownouts(ネットワーク品質低下の概要)
ネットワークの遅延を見つけ、管理するための5つの手順
エンドツーエンドのネットワーク自動化:ネットワークを自動化する理由と方法
真のE2E自動化はまだ実現できていませんが、ネットワーク自動化は実現しました。 通信事業者が生き残っていくには、ネットワーク自動化が必要です。通信事業者がネットワークを自動化する手順、その際に生じる課題、ネットワーク自動化はどのようなメリットがあるかについてご説明します。