セキュリティ

ネットワークを高度なサイバー脅威からエンドツーエンドで保護します。

634x648-svcs-secrt

概要

従来の境界セキュリティとネットワークが統合し始める中、企業は、すべての接続ポイントにセキュリティを拡張して、ユーザー、アプリケーション、インフラストラクチャを保護する機能を必要としています。ジュニパーグローバルサービスは、プロジェクトライフサイクルのあらゆるフェーズで、進化する脅威に対する最高レベルの防御を実現する、コネクテッドセキュリティフレームワークなどの幅広いサービスを提供します。

アドバイザリ

セキュリティ評価サービス
ジュニパーは、コネクテッドセキュリティフレームワークの計画策定をサポートするため、お客様のネットワーク環境を分析し、セキュリティアーキテクチャとその実装戦略を提案することができます。その後、ジュニパープロフェッショナルサービスのコンサルタントが運用、セキュリティ、設計、ビジネスチームと緊密に連携して、具体的な要件を洗い出し、推奨するソリューションのテストと導入を実施します。

The young dangerous hacker breaks down government services by downloading sensitive data and activating viruses. A man uses a laptop computer with many monitors

実装

SRXの迅速な導入と機能有効化サービス
自動化と設計のベストプラクティスを使用して、ジュニパーはSRXシリーズのソリューションをお客様のネットワークに迅速に統合します。ジュニパーは、SRX機能有効化サービスを使用して、リアルタイムのネットワークトラフィックに基づいた独自のセキュリティインテリジェンスフィードの作成をサポートし、ATP(Advanced Threat Protection)やSRXシリーズのすべての高度な機能を最大限に活用することができます。

Corero DDOS保護サービス
ジュニパーは、Juniper MXシリーズとCoreroのSmartWall Threat Defense Director(TDD)をベースにしたソリューションで、DDoS攻撃からネットワークを保護します。Corero DDOS保護サービスには、ベースリファレンスの設計、実装計画の準備、設定、保守サポートが含まれています。さらに、知識の提供を行うワークショップや、Corero TDDソリューションで既存のルールを有効にするサービスも行っています。

移行

NetScreenからSRXへの移行サービスは、NetScreenデバイスとSRXシリーズデバイスの幅広い知識を持つファイアウォール変換チームからのサポートが得られます。ベーシック、プラス、アドバンスト、プレミアムの4つのパッケージから選ぶことができます。シンプルなファイアウォール変換作業から完全な移行まで、お客様の具体的なニーズに応じて様々な作業をサポートします。NetScreenからSRXへの移行サービスでは、実績のある手順と自動化された移行プロセスを使用して開発された移行プロセスと変換ツールを採用することで、エラーを排除し、確実かつ効率的なSRXシリーズファイアウォールへの移行をサポートします。

SRXファイアウォールへの移行サービスでは、一般的なコンバージョンと、複数ベンダーのデバイスや旧型SRXシリーズのデバイスからのレガシーコンバージョンに伴う移行上の課題を理解し、これらに対応できるようにサポートします。このサービスにもベーシック、プラス、アドバンスト、カスタムの4つのパッケージをご用意しています。

サポートサービス

ジュニパーのサポートサービスは、特定の要件に合わせてカスタマイズできるため、ネットワーク稼働の信頼性を維持し、ネットワークの収益を最大限に高めるために役立ちます。