CTP2008 Circuit to Packetプラットフォーム

CTP2008 Circuit to Packetプラットフォームは、回線ベースのアプリケーションにおける従来の方法とIPを使った方法の間にある隔たりを埋めます。米国およびオーストラリア市場向けに設計されており*、1 Uラックにマウントできるシャーシで、最大8個の回線エミュレーションインターフェイスをサポートします。このプラットフォームには、CTP2000シリーズすべてに一貫して搭載されている、ソフトウェアから設定可能なインターフェイスモジュールが備わっています。インターフェイスオプションには、T1/E1、シリアル、4線式伝送のみ(4WTO)のアナログ音声などがあります。

CTPシリーズは、現場で実証済みの柔軟性、パフォーマンス、信頼性を提供します。エンドツーエンドのタイミングやジッター除去を通してIP/MPLSネットワーク全体でのPseudoWire構築を可能にする、高度なクロッキング オプションや回線ごとのバッファー機能を備えています。

* CTPシリーズプラットフォームは、RoHSに準拠していないため、RoHS認証が必要な国には出荷できません。

主な特長


  • 最大8個の回線エミュレーション
  • シリアル、T1/E1、および 4WTO
  • アナログインターフェースオプション
  • 250W電源
  • Web ベースの管理システム

特長とメリット

ソフトウェアプロビジョニング

ソフトウェアベースの回線プロビジョニングを使用して、新しいサービス要求と変更を迅速かつ簡単に実行します。新規にハードウェアを導入することなく、エンドユーザーのニーズに常に対応します。

拡張性に優れた製品シリーズ

アップグレード時でも運用コストを管理します。

ネットワーク管理システム

ジュニパーのCTPView Network Management Systemでネットワークを監視しながら、回線をより簡単に展開できます。

最先端のクロッキング

ソリューションに適したシステムと回線クロッキング機能により、回線の信頼性を向上させます。

冗長性

さまざまなパケット、ポート、ネットワーク、シャーシの冗長性オプションを利用して、サービスとエンドユーザーを保護します。

ポートミラーリング

分析のために送受信トラフィックを多数のローカルやリモートの場所にミラーリングする機能で、エンドユーザーに影響を与える前に問題を排除します。

リソースセンター

資料一覧
トレーニングおよびコミュニティ

CTPシリーズCircuit to Packetプラットフォーム

CTP2008を他のCTP製品と比較してご覧ください。
CTP2008

CTP2008 Circuit to Packetプラットフォームは、回線交換アプリケーションにおける従来のやり方とIPを使ったやり方の間にあるギャップを埋めます。米国とオーストラリア市場向けに設計されたこの1 Uラックにマウントできるシャーシは、ソフトウェアから設定可能な最大8個の回線エミュレーションインターフェイスをサポートします。

技術的な特長
  • 最大8個の回線エミュレーション
  • シリアル、T1/E1、および 4WTO
  • アナログインターフェースオプション
  • 250W電源
  • Web ベースの管理システム
表示中
CTP151

CTP151 Circuit to Packetプラットフォームは、回線交換アプリケーションにおける従来の方法とIPを使った方法の間にある隔たりを埋めます。米国とオーストラリア市場向けに設計されたこの1Uラックにマウントできるシャーシは、最大8回線のエミュレーションインターフェイスを提供します。

技術的な特長
  • 最大8 T1/E1インターフェイス
  • 150Wの電源
  • 最大8個のシリアルインターフェイス
  • Web ベースの管理システム
CTP2024

CTP2024 Circuit to Packetプラットフォームは、回線交換アプリケーションにおける従来の方法とIPを使った方法の間にある隔たりを埋めます。米国とオーストラリア市場向けに設計されたこの2 Uラックにマウントできるシャーシは、最大24個の回線エミュレーションインターフェイスとオプションの冗長電源に対応しています。

技術的な特長
  • 最大24個の回線エミュレーションインターフェイス
  • シリアル、T1/E1、および 4WTO
  • アナログインターフェースオプション
  • 250W電源
  • Web ベースの管理システム
すべてのCTP製品をご覧になりますか?
Cloud Metroのご紹介
ジュニパーエグゼクティブのBrendan Gibbs(VP – Automated WAN Solutions)とSally Bament(VPサービスプロバイダマーケティング)がジュニパーのクラウドメトロソリューションへのビジョン、属性、変革に対するインパクトについて語ります。
PacketPushersのHeavy Networking 569
5G、IoT、低遅延の各サービス向けの新しいメトロアーキテクチャ。