CTP(Circuit to Packet)シリーズプラットフォーム

これらのプラットフォーム(米国/オーストラリア市場向けの設計)は、時分割マルチプレキシング(TDM)やシリアル/アナログ回線ベースのアプリケーションに、費用、冗長性、効率性における利点をすべて備えた次世代IPネットワークへの信頼性と効率性の高いアクセスを提供します。

ctp151 front with top
Show filters

CTP2056 Circuit to Packetプラットフォームは、回線交換アプリケーションにおける従来のやり方とIPを使ったやり方の間にあるギャップを埋めます。米国とオーストラリア市場向けに設計されたこの4 Uラックにマウントできるシャーシは、最大56個の回線エミュレーションインターフェイスを備えた最大限の柔軟性を提供します。

  • 最大56個の回線エミュレーションインターフェイス
  • シリアル、T1/E1、および 4WTO
  • アナログインターフェイスオプション
  • 250Wの冗長電源
  • Web ベースの管理システム

CTP2024 Circuit to Packetプラットフォームは、回線交換アプリケーションにおける従来の方法とIPを使った方法の間にある隔たりを埋めます。米国とオーストラリア市場向けに設計されたこの2 Uラックにマウントできるシャーシは、最大24個の回線エミュレーションインターフェイスとオプションの冗長電源に対応しています。

  • 最大24個の回線エミュレーションインターフェイス
  • シリアル、T1/E1、および 4WTO
  • アナログインターフェースオプション
  • 250W電源
  • Web ベースの管理システム

CTP2008 Circuit to Packetプラットフォームは、回線交換アプリケーションにおける従来のやり方とIPを使ったやり方の間にあるギャップを埋めます。米国とオーストラリア市場向けに設計されたこの1 Uラックにマウントできるシャーシは、ソフトウェアから設定可能な最大8個の回線エミュレーションインターフェイスをサポートします。

  • 最大8個の回線エミュレーション
  • シリアル、T1/E1、および 4WTO
  • アナログインターフェースオプション
  • 250W電源
  • Web ベースの管理システム

CTP151 Circuit to Packetプラットフォームは、回線交換アプリケーションにおける従来の方法とIPを使った方法の間にある隔たりを埋めます。米国とオーストラリア市場向けに設計されたこの1Uラックにマウントできるシャーシは、最大8回線のエミュレーションインターフェイスを提供します。

  • 最大8 T1/E1インターフェイス
  • 150Wの電源
  • 最大8個のシリアルインターフェイス
  • Web ベースの管理システム

CTP150 Circuit to PacketPlatformは、回線をベースにしたアプリケーションにおける従来の方法とIPを使った方法の隔たりを埋めます。米国とオーストラリア市場向けに設計されたこの1Uラックにマウントできるシャーシは、4~8回線のエミュレーションインターフェイスを提供します。

  • 最大8個のT1/E1インターフェイス
  • 100Wの電源
  • 最大8個のシリアルインターフェイス
  • Web ベースの管理システム
Cloud Metroのご紹介
ジュニパーエグゼクティブのBrendan Gibbs(VP – Automated WAN Solutions)とSally Bament(VPサービスプロバイダマーケティング)がジュニパーのクラウドメトロソリューションへのビジョン、属性、変革に対するインパクトについて語ります。
PacketPushersのHeavy Networking 569
5G、IoT、低遅延の各サービス向けの新しいメトロアーキテクチャ。