Juniper Contrailサービスオーケストレーションプライバシポリシーに関する補足資料

本通知は、ジュニパーのプライバシポリシーを補足するためのものです。特定のジュニパー製品に関連する個人情報処理方法を確認するには、ジュニパーのプライバシポリシーと該当するジュニパー製品の追補の両方を読む必要があります。本追補で定義されていない規約については、ジュニパーのプライバシポリシーで定義されています。本追補とジュニパーのプライバシポリシーの規約に相違がある場合、本追補が優先されるものとします。

Juniper Contrailサービスオーケストレーションプライバシポリシーに関する本追補は、Juniper Contrailサービスオーケストレーション(CSO)サービスを提供するにあたって個人情報をジュニパーがどのように扱うかについて説明しています。CSOに関する情報については、ジュニパーのCSO Webサイトをご覧ください。

処理される個人情報

お客様が新しくCSOを導入する際には、お客様のユーザー名(姓、名、電子メールアドレス)が必要になります。収集する可能性のあるその他の情報には、サイト名、管理対象デバイスのメタデータ(送信元および宛先のIPアドレスなど)、アクセスするアプリケーションまたはWebサイトなどがあります。

個人情報を処理する目的

CSOには、SD-WAN環境で稼働しているデバイスのプロビジョニングと管理を可視化および自動化する、Webベースの管理インターフェイスが含まれます。CSOは、SD-WANネットワークデバイスによって生成されたログを分析し、Webサイトと、SD-WANで使用されているアプリケーションを詳細に分析します。CSOは、SD-WANを通じて送信されたトラフィックデータの分析はしません。CSOが分析するのは、お客様が設定してCSOに送信されたネットワークデバイスのログに限られます。

個人情報の保持

CSOは、アクセス、インシデント、デバイスなどに関するログを、お客様のテナント期間に基づいて1~30日間保持するか、一部のケースに関するログを保持します。お客様は、こうしたログにAPIまたはCSOプラットフォームを介してアクセスすることができます。お客様側で、所定の期間よりも早い時期にログの一部を消去することもできます。

個人情報のセキュリティ

CSOとお客様のデバイス間におけるすべての通信には、セキュアプロトコル(SSH、SSL、TLS)が使用されており、認証が必要になります。収集した情報(デバイスの設定など)は、認定を受けたセキュリティ技術とセキュリティ手順を備えたサービスにホストされることで、顧客データの完全性と安全性を確保しています(データの分離、物理的なセキュリティ、転送データと保存データの暗号化、役割ベースのアクセスコントロールなど)。

ジュニパーによるデータアクセスへの制限

CSOでは、サポートやトラブルシューティングのためにジュニパーがお客様のCSOデータにアクセスすることを許可するかどうかをお客様自身で選択できるようになっています。

本追補の変更

時々本追補を更新して、CSOの個人情報処理方法の変更を反映することがあります。
その他

CSOのご利用には、ジュニパーのエンドユーザーライセンス契約(および該当する場合は、関連ソフトウェアに固有のライセンス追補)ならびに 利用規約が適用されます。また、当事者が書面で別途合意した場合は、該当する範囲内で適用されます。