事前対応型のリアルタイム脅威防止による、見つけにくいマルウェアへの対策

サイバー犯罪の規模が多くなる中、マネージドITサービスプロバイダのVologyは、従来の事後対応に基づくセキュリティ技術ではもはや企業や顧客を守れないことに気付きました。

1,400 以上の組織が Vology のマネージド IT サービスを利用しています。セキュリティ侵害が大規模かつ巧妙になる中、Vology はそれまで検知できなかった脅威に対抗するためのリアルタイムの可視性と保護メカニズムを求めていました。そこでVologyは、クラウドベースのATP(Sky Advanced Threat Prevention)をいち早く採用しました。

概要


会社名 Vology
業界 クラウドプロバイダ
使用製品 Advanced Threat PreventionSRX1500Security Director
地域 Americas
Vologyの画像
「Sky ATPを使い始めたその日のうちに、それまでは目にすることがなかった脅威を把握できるようになりました」
マット・ジョリー氏 Vology、シニアIPソリューションアーキテクト

ビジネス上の課題

Vology は、2 つのネットワーク オペレーション センターを通じて、20,000 以上の顧客の拠点にある 10 万台以上の IT デバイスを監視しています。従来の受動的なセキュリティ技術は、電子メールや Web の脅威から自身や顧客を保護するのには十分ではありませんでした。Vology は、被害が発生する前に見つけにくいマルウェアや他の脅威を事前に検知し、阻止する必要があったのです。

技術ソリューション

Vology は、マルウェアに対する高度なリアルタイム保護を行うために、クラウドベースの Sky ATP を採用しました。Sky ATPは、電子メールおよびWebファイルを継続的に分析し、持続型攻撃やランサムウェアなどの巧妙なマルウェアを検知します。Vologyは、次世代ファイアウォールSRX1500を使用して、攻撃を自動的にブロックしています。

Junos Space Security Directorは、セキュリティ管理を自動化し、直観的なインターフェイスを使って広範なポリシー管理と制御を行います。

ビジネスの成果

ジュニパーネットワークスのソリューションを利用したことで、Vology は未知の脅威をリアルタイムで可視化し、防御できるようになりました。Sky ATP と SRX1500 ファイアウォールは、損害が発生する前にマルウェアを自動的に検知して阻止します。Vology は、セキュリティ侵害で起こり得るデータ盗難、業務の中断、顧客の信頼の損失から自社のビジネスを事前に保護することができます。

「Sky ATPによって、誰でもセキュリティ対策ができます。セキュリティの専門家でなくても、フォレンジックを行い、真の脅威だと確認できます」
マット・ジョリー氏 Vology、シニアIPソリューションアーキテクト