コアを向上させてリアルタイムのデジタル キャンパスを構築

筑波大学はコアネットワークを刷新することで、学術情報ネットワークSINET5との接続のような最新技術に対応できるようになりました。

筑波大学は、日本の大学教育を改革して開かれた大学にすることを目的として1973年に設立されました。同校の2つのキャンパスをむすぶネットワークは、時代に遅れず、競争力を維持するために、高速化と新しい技術への対応を必要としていました。

概要


会社名 University of Tsukuba
業界 教育
使用製品 MX480Junos OS
地域 APAC
筑波大学の画像
「ジュニパーネットワークスのソリューションは、信頼性が高く、耐久性に優れており、ハイパフォーマンスで柔軟なインフラストラクチャです」
佐藤聡氏 筑波大学、情報環境機構学術情報メディアセンター、ネットワーク研究開発部門、准教授

ビジネス上の課題

筑波大学では、ネットワークが旧式で最新技術に対応できませんでした。そこで、デジタルの世界に対応できるようにオープンでセキュアな基盤を求めていました。スイッチがさまざまな場所に分散しており、隔絶されたシステムがネットワークに追加されるにつれ、職員が管理に苦労していたという事情もありました。

技術ソリューション

筑波大学は、ジュニパーのEXシリーズイーサネットスイッチとMX480 3Dユニバーサルエッジルーターを導入して、バックボーンを刷新しました。EXシリーズのバーチャルシャーシ技術により、建物単位でアクセススイッチを統合し、管理する機器の台数を削減しました。

ビジネスの成果

スイッチを1か所に統合したおかげで、管理業務の負荷とサポートコストを軽減できました。SINET5との接続、クラウドサービス、スマートデバイスといった最新技術にも対応できるようになりました。

「認証インフラストラクチャの刷新も検討しているため、ジュニパーの広範なセキュリティポートフォリオにも期待しています」
佐藤聡氏 筑波大学、情報環境機構学術情報メディアセンター、ネットワーク研究開発部門、准教授