バーチャル ファイアウォールを使用したマルチテナント セキュリティ

Secure-24 は、顧客の要望に応じてカスタマイズしたホスティング サービスを提供しています。仮想ファイアウォールを導入したので、リスクを軽減しながらサービスの展開と変更をより速く実行できるようになりました。

ミシガンを拠点とするSecure-24は、マネージドクラウドサービス、アプリケーションホスティングサービスといったミッションクリティカルなサービスをマルチテナント顧客に提供しています。ネットワークの自動化とセキュリティの仮想化により、2つの州の複数のデータセンターの運用を簡素化しています。これはビジネスの継続性と災害復旧サービスにとって不可欠なものになっています。

概要


会社名 Secure-24
業界 SaaSサービス
使用製品 vSRXSRXシリーズEXシリーズSecurity Director
地域 Americas
「他の多くのベンダーでは、仮想化のためにパフォーマンスに関して妥協をしなければなりません。vSRX はクライアントのニーズに応えるだけのパフォーマンスを間違いなく備えていました」。
ショーン・ドナルドソン氏 Secure-24、CTO

ビジネス上の課題

Secure-24は、ミッションクリティカルなサービスの提供を加速しつつ、リスクの削減を追求しています。サービスは、顧客の個々のセキュリティ要件とコンプライアンス要件に合わせて調整します。仮想化技術が有効な解決策になりうると分かってはいましたが、パフォーマンスでは物理的なファイアウォールを使ったネットワークに劣るのではないかと懸念していました。

技術ソリューション

ジュニパーのvSRXは、業界最速のファイアウォールで、物理的ファイアウォールのSRXシリーズと同等のパフォーマンスが特長です。12個のvCPUを使用すれば、100 Gbpsまで拡張できます。Secure-24は、管理用にJunos Spaceを使用し、vSRX用にジュニパーのAppSecure(脅威の可視化、ポリシー適用、制御、防御ツール)も使用しています。

ビジネスの成果

Secure-24は、ジュニパーのソリューションを使用して、エンタープライズアプリケーションの速度を向上するとともに、カスタマイズされたセキュリティで、変化するコンプライアンス要件に迅速に対応できるように顧客を支援しています。自動化および仮想化により、ビジネスの成長を継続しながら、より効率的な運営が可能になり、Secure-24の俊敏性と競争力が向上しました。

「自動化により、週単位でなく時間単位で、新しい顧客環境を導入できるようになりました」
ニック・イリッチ氏 Secure-24、製品部門バイスプレジデント