次世代 MPLS ネットワークを利用して、新しいサービスを追加し、新規顧客を獲得

RTC Reserve Telecommunications社は、1935年にルイジアナ州の小さな町で電話サービスを開始してから、業界の大きな変化を目の当たりにしてきました。今では、RTC Reserve社は小さな町のフレンドリーな姿勢をトレードマークに、企業や一般顧客に対してトリプルプレイサービスやセキュリティサービスを提供しています。

概要


会社名 RTC Reserve
業界 通信事業者
使用製品 MX480MX240MX104ACX5000ACX2200ACX1100
地域 Americas
rtcの画像
「メトロイーサネットのニーズは、企業のデジタル化に伴い、ここ数年で大幅に増大しています」
ルーク・ギロリー氏 RTC Reserve Telecommunications、ネットワーク運用マネージャー

ビジネス上の課題

RTC Reserveは、新しい企業顧客を獲得し、高速インターネットに対する顧客のニーズに対応する必要がありました。また、エンタープライズ対応のサービスを提供し、メトロ イーサネットやその他の接続サービスを、コストをかけずに導入するための基盤を必要としていました。単一のインフラストラクチャを介し、差別化されたサービスを複数の顧客セグメントに提供し、収益を上げることができるソリューションを必要としていました。

技術ソリューション

RTC Reserveは、ジュニパーのMX480、MX240、MX104 3Dユニバーサルエッジルーターをメトロのコアとエッジに使用し、次世代MPLSネットワークを構築しました。ACX5000ユニバーサルアクセスルーターをメトロアグリゲーションに使用し、ACX2200ルーターとACX1100ルーターをメトロアクセスに使用しています。

ビジネスの成果

RTC Reserveは、次世代MPLSネットワークにより、新しいサービスによる新規顧客の獲得、地理的範囲の拡大、一般顧客への高帯域幅インターネットパッケージの提供を実現しました。メトロイーサネットサービスは顧客の期待を上回っています。ネットワークトラフィックの可視性が向上し、サービスの管理を簡素化できるようになりました。

「当社のネットワークは信頼性が高くなければなりませんが、それだけでは不十分です。ジュニパー製品を使用することで、差別化されたサービス、つまり、信頼性が高く、低コストで、サポートが十分なサービスをお客様に提供することができます」
ルーク・ギロリー氏 RTC Reserve Telecommunications、ネットワーク運用マネージャー