400Gが、オハイオ州の経済成長と研究のリーダーシップを促進

400Gは、オハイオ州の経済成長、学術的リーダーシップ、そして卓越した学力のための計画に不可欠な一歩です。公共部門、および民間部門を変革するデジタルサービスにより、OARnetは、高等教育、小・中・高等学校、図書館、公共放送局、および州や地方の行政機関に手頃な価格で十分な接続性を提供するために、400Gに移行しました。

ジュニパーの400Gのアプローチは、その移行を簡素化し、それによりOARnetは、資本投資と専門知識を維持しながら、そのネットワークを拡張することができます。OARnetは、400Gで高速インターネット2に接続する最初のネットワークの1つです。

概要


会社名 OARnet
業界 高等教育
使用製品 MX960MX480MX240
地域 Americas
OARnetの画像
顧客企業の成功事例の概要

400G

次世代インターネット2への接続

5,500マイル

625の小・中・高等学校の学校施設、469の高等教育施設、102のヘルスケア施設、13の研究所、27の公共放送、および2,900の州および地方の行政機関の現場を結ぶ州全体のネットワークの長さ

100%

少なくとも2022年末までにキャンパスへの10 Gbps接続が導入される予定の、OARnetのメンバーである大学の割合

12億米ドル

オハイオ州の研究および開発における資金合計

課題

テクノロジーによりオハイオ州の知識経済を推進

OARnetは、Ohio Department of Higher EducationのOhio Technology Consortium(OH-TECH)の1部門です。低価格のブロードバンドへのアクセスの向上、その顧客のテクノロジーコストの削減、共有サービスの最大化に焦点を当てています。OARnetは、州の研究および教育コミュニティに1987年以来、サービスを提供してきました。

「OARnetは、テクノロジーリーダーとしてのオハイオ州の役割を確保するために努力しています」と、OARnetのエグゼクティブディレクターであるPankaj Shah氏は述べています。「OARnetは、固定機関やコミュニティと協力することで、オハイオ州の経済発展における競争上の優位性としてのイノベーションと研究開発における卓越性を促進します。」

パンデミックが最初に広がり始めた際、400Gの計画は、すでに進行中であり、教育、ヘルスケア、そして政府のサービスにおける利用しやすい高速接続の重要性が注目されました。 

OARnet Challenge
ソリューション

400Gへのスムーズな移行

「400Gへのアップグレードは、多くの成長の余地を提供します」と、OARnetのCTOであるMark Fullmer氏は言います。

400Gにより、OARnetは、ジュニパーのネットワークにおける資本投資とエンジニアリングおよび運用の専門知識を維持しながら、大規模なネットワークを実現することが可能です。OARnetは、ジュニパーMX960とMX240ユニバーサルルーティングプラットフォームを、ジュニパーの新しいMPC-10ラインカードに統合しました。州全体のバックボーンを拡張することで、OARnetは、100 Gbpsと10 Gbpsサービスの顧客需要を効率的に満たすことができます。

「同じ物理空間でより高密度な接続を提供できます」と、Fullmer氏は述べます。「400Gインフラストラクチャを維持することは、集約型100 GbEインターフェイスの管理よりも、運用のオーバーヘッドを低く抑えることができます。」

OARnetエンジニアリングチームは、移行に関してジュニパーのレジデントエンジニアと連携しました。「大規模なプロジェクトに、すぐに全力で取り組むことができるスタッフがいることは素晴らしいことです」と、Fullmer氏は述べます。「ジュニパーREは、私たちのスタッフを非常に強化しました。」

OARnet Solution
成果

研究の進化とデジタル格差の削減

「OARnetは、100 Gbps接続の実装の先駆者であり、私たちは400Gの早期導入を進めています」と、Shah氏は語ります。

400Gにより、OARnetは、クラウドコンピューティング、ネットワークサービス、災害リカバリーに関する顧客の増加するニーズに対応し、また学習、リモートワーク、遠隔医療のための新しいハイブリッド環境への移行をサポートできます。

1つの例として、生物学、生物医学、農業科学およびサイバーセキュリティにおける主要な進歩を遂げている、研究の大手であるオハイオ州立大学 があります。研究者は、インターネット2と世界への400G接続により、コラボレーションし、大規模なデータセットを操作できます。

OARnetは、41の州の大学におけるブロードバンド速度を向上し、87のすべてのメンバー機関でのインターネットサブスクリプションの数を倍増するために取り組んでいます。「高等教育メンバーすべてが、2022年末までに少なくとも10 Gbpsのラストマイル容量を持つ予定です」と、Shah氏は述べます。

OARnetは、十分にサービスが提供されていないコミュニティに、低価格の高速ブロードバンドを提供することで、デジタル格差に終止符を打ちたい公共・民間のイニシアチブであるBroadbandOhioと提携するため、大容量が鍵となっています。また、OARnetは、政府のサービスの質を向上するためのオハイオ州知事のMike DeWine氏のイニシアチブであるInnovateOhioの基盤でもあります。 

OARnet Outcome
OARnetエグゼクティブディレクター、Pankaj Shah
「過去2年間、OARnetは、ネットワークに対する大きな需要を経験してきました。教育機関は、クラウドサービスと接続性に対するニーズの高まりに直面しています。さらに、オハイオ州では、特にヘルスケアとサイバーセキュリティの分野において、新しいプロジェクトとコラボレーションを積極的に追求する研究者の数が増加しています。」
Pankaj Shah OARnetエグゼクティブディレクター

2022年4月発行