韓国の金融機関、Software Defined Networking のためのデータ センターを配備

韓国信用組合連合会(CU)は、安定性とパフォーマンスを高めながら仮想化とSDN(Software-Defined Networking)のサポートを追加するために、ネットワークをアップグレードする必要がありました。

韓国信用組合連合会は、非営利の協同組織金融機関です。906社の信用組合と、韓国内における1656店の支店を通じて、600億米ドル相当の資産を管理しています。CU の主な業務には、ユニバーサル バンキング、預金、融資、組合員の相互保険などがあります。その業務を行うために強力なITシステムを導入しています。

概要


会社名 National Credit Union Federation of Korea
業界 ファイナンシャルサービス
使用製品 MX960MX480EX4300
地域 APAC
韓国信用組合連合会の画像
「韓国信用組合連合会のような金融機関にとって、ネットワークの安定性は最優先事項です。ジュニパーネットワークスの機器を導入することで、安定性を向上するだけでなく、仮想化ソリューションのサポートや、高いスループットと拡張性の保証、新しいテクノロジーとの互換性の確保に必要なパフォーマンスを実現しました」
パク・スンヨン氏 韓国信用組合連合会、ITプランニングおよび管理、情報計画チーム責任者

ビジネス上の課題

韓国信用組合連合会のネットワークは老朽化し、現代のIT環境のニーズを満たすことができなくなっていました。機器の故障がアプリケーションの安定性に悪影響を与え始め、機器の保守契約の有効期限も切れていました。また、増え続けるオンライン取引により、ネットワークの負担が増加していました。

技術ソリューション

韓国信用組合連合会は、データセンターのネットワーク全体をジュニパーの製品でアップグレードしました。高性能のコア、キャンパスアグリゲーション、エンドオブロー(end-of-row)の各機能のためにEXシリーズスイッチを導入しました。MXシリーズルーターは、1スロット当たり最大40個の10GbEポートをサポートし、密度、拡張性、サービスの俊敏性を向上させ、ネットワークパフォーマンスを高めます。SRXシリーズファイアウォールは、エンタープライズレベルのセキュリティと高度な脅威インテリジェンスを実現します。

ビジネスの成果

ジュニパーのソリューションは、オンラインバンキング、テスト用ネットワーク、バックボーン接続、インターネット、トレーニングセンター、データセンターアプリケーションなど、韓国信用組合連合会のシステムの健全性を大幅に高めました。この新しい高性能ネットワークは、仮想化とSDNテクノロジーをサポートしているため、増加し続けるワークロードとトラフィックを効率的に処理できるようになります。

「新しい機器を導入して以来、ネットワークは何の障害もなくスムーズに動作しています。トラフィック監視や制御の観点から見ても、まったく問題ありません。すべてが問題なく稼働しているため、ネットワーク品質の管理に特別な注意を払う必要がなくなりました」
パク・スンヨン氏 韓国信用組合連合会、ITプランニングおよび管理、情報計画チーム責任者