アイルランドの Marine Institute、陸と海のセキュリティ確保に取り組む

Marine Instituteは、船舶、リモートセンサー、新しい海中観測機器から収集した膨大な環境データを保護する必要性に迫られています。

Marine Instituteは、海洋調査、技術開発、技術革新を行っている、アイルランドの国家機関で、水中および水上両方の環境データを収集しています。海洋生物学者や研究者、海洋技術の商用化を求める企業に、大量のデータを提供しています。

概要


会社名 The Marine Institute
業界 研究機関
使用製品 SRX1500Advanced Threat PreventionSecurity Director
地域 EMEA
「以前のソリューションは技術に制約を抱えましたが、ジュニパーのソリューションは、目標を達成するために成功しました。」
キース・マンソン氏 Marine Institute、ITシステム&オペレーションズマネージャー

ビジネス上の課題

Marine Instituteは先頃、モノのインターネット(IoT)を海中観測機器にまで拡大しました。適用するセキュリティポリシーをユーザーグループごとに変えることや、特定の関係者にとって競争力の高い貴重な環境データを保護することなど、セキュリティの要件が多岐にわたるようになっていました。

技術ソリューション

Marine Instituteは、アイルランドのジュニパーパートナーAgile Networksの協力を得て、Junos Space Security Directorによって管理されたSRX1500サービスゲートウェイで構成されるソリューションを設計し、導入しました。ジュニパーのSky Advanced Threat Prevention(ATP)でインターネットトラフィックをリアルタイムで監視することにより、脅威の識別と阻止を行い、損害を防ぐことができます。

ビジネスの成果

適切なデータアクセス権をユーザーに動的に付与し、多様なデバイス環境全体にわたってサイバー脅威を事前に識別できるようになりました。ジュニパーのセキュリティソリューションによって、海洋産業の発展を推進し、健全な食物連鎖から海洋生物種の保有量まで、幅広い問題に取り組むことができるようになりました。

「私たちは、どこにいても、ネットワーク、ユーザー、デバイスのセキュリティを確保できました。どこにいても、海中からでもです。」
キース・マンソン氏 Marine Institute、ITシステム&オペレーションズマネージャー