Juniper Mistのソリューションを利用し、倉庫運用の刷新による負荷を軽減したKoppert

2050年に、100億もの人に十分な食料が行き渡るでしょうか?健康によい食品を、人と環境の両方にとって安全な方法で確保するにはどうすればよいでしょうか?人口が増大するに伴い、農業におけるイノベーションが重要になります。Koppert Biological Systemsは、世界最大のミツバチ生産業者で、持続可能な培養および有害生物管理におけるリーダーです。業務と倉庫の両方の運営に利用する、最新の未来志向型ワイヤレスネットワークを構築するために、Mist Wireless LANプラットフォームを選択しました。

概要


会社名 Koppert
業界 製造
使用製品 Marvis VNAWired AssuranceWi-Fi AssuranceEX2300SRX300
地域 EMEA
Koppertの画像
「無線ネットワークのパフォーマンスが非常に優れており、すべての倉庫にMistネットワークを導入したいと考えています」
ヘルトヤン・デ・フォーゲル氏 Koppert Biological Services、シニアシステム管理者

ビジネス上の課題

Koppertは、養蜂箱、寄生蜂、バイオ殺菌剤の注文のピッキング、箱詰め、お客様への迅速な配送に利用するために、Mistの無線ネットワークとジュニパーの有線ネットワークを導入しました。AIを活用した、統一された手法を使って有線ネットワークおよび無線ネットワークを管理すれば、ネットワーク利用者の操作性が最適化され、IT運用が簡素化されます。