Hinkley Point C原子力発電所の作業員に食事と飲み物を提供

南西イングランドの平地で新しい原子力発電所が建造されています。2025年に完成するHinkley Point C発電所は、世界第2位の規模で600万世帯分相当の電力を発電する予定です。この規模の重要なインフラプロジェクトの建造には、数千人の作業員が従事します。そして、作業員は食事を必要とします。

概要


会社名 Hinkley Point C
業界 電気通信事業&公共事業
使用製品 SRX340Advanced Threat Prevention
地域 EMEA
Hinkley Point C
「CETSATによって、Hinkley Point CでのSouth West Larderの重要なネットワークインフラが変革されました。現在では、ネットワークオペレーションがシームレスに実行され、効果的かつ安全なトランザクションと通信が可能になりました。」
スティーブ・ステープンヒルハント氏 South West Larder、コマーシャルおよびテクニカル担当ディレクター

ビジネス上の課題

CETSATの設計でジュニパーのネットワークを整備したため、鉄骨加工員、電気技師、プロジェクトマネージャーなど数千人の作業員がお腹を空かすことはありません。作業員は、信頼性の高い安定したネットワークを介して、食事や軽食の注文と支払いを行ったり、作業員用の設備を利用したりできます。