Guardant Health社は、がんの早期発見に焦点を当て続けるため、エクスペリエンス重視型Wi-Fiに依拠しています

Guardant Health社は、あらゆるステージのがん医療を変革しています。そして間もなく、この高精度腫瘍学のリーダーが、大腸がんをスクリーニングする血液検査の臨床試験や乳がん患者を対象とした臨床転帰試験を実施し、これまで以上にがんの早期発見を可能にすることでしょう。

Guardant Health社は、カリフォルニア州の広大な新本社社屋を含む多くの拠点で、ジュニパーのエクスペリエンス重視型のWi-Fiを利用しています。 

概要


会社名 Guardant Health
業界 医療
使用製品 Marvis VNA
地域 Americas
Guardant Health社の画像
顧客企業の導入事例の概要

簡単なコラボレーションとスマート オフィス環境を実現します

独自のデジタル シーケンス マシンを監視します

質の悪い Wi-Fi に関するユーザーの苦情を一掃します

AI ドリブン サポート ツールで IT スタッフを支援します

課題

画期的な臨床業務のための配慮がいきとどいた生産性の高い環境

Guardant Health は、画期的な臨床業務を加速する中、新しい本社所在地としてカリフォルニア州パロアルトの Hewlett Packard の象徴的な旧本社所在地を選びました。Guardant Health のイノベーションは、患者が適切な治療を受け、製薬会社が新しい治療法を市場に迅速に提供するのに役立ちます。

スマート オフィス技術は、デスクや会議室の予約やウェイファインディングなど、従業員にとって、使いやすく安全で生産性の高いオフィスおよび臨床ラボ環境を構築します。Guardant Health の新しい本社には、250,000 平方フィートの美しい新たな空間があり、1200 人の従業員が業務に従事できます。 

ソリューション

会社の成長に伴い、ネットワークサービスの提供を拡張します

Guardant Health は、2018年以来、Juniper Mist の無線ネットワークを使用しています。

Guardant Health のインフラストラクチャ エンジニアリングのシニアマネージャーである Chris Gascon 氏は、「Juniper Mist は、他の無線ベンダーの追随を許さない騒音耐性などをデフォルトで実装します。」と話します。

Guardant Health は、ネットワーク ユーザー エクスペリエンスを保証し、ネットワークの設定と運用を合理化する自動化と AI ドリブン運用によって、新しい本社にジュニパー Wi-Fi を導入しました。

ジュニパー シリーズのハイパフォーマンス アクセス ポイントは、Juniper Mist クラウド サービスおよび Mist AI と連携し、最高の無線アクセス機能を提供します。ジュニパー アクセス ポイントは、ウェイファインディングやホテリングのためにInpixion とシームレスに連携します。IT スタッフは、直感的な対話型インターフェイスを備えた Marvis 仮想ネットワーク アシスタントを使用して、ネットワーク運用を簡素化および自動化します。

AI ドリブン ネットワーク自動化と運用が、発生しようとしているトラブルを特定し、IT サポートを合理化します。

Guardant Health のリード インフラストラクチャ エンジニアの Brian Guevara 氏は、「Mist AI による自動トラブルシューティングが本当に気に入っています。問題の原因を特定するために、ユーザーと時間を調整し、パケット キャプチャを取る必要がなくなりました。Mist AI は、すべてのデータを自動的にキャプチャしてくれます。」と話します。

成果

スマート オフィスや臨床検査室向けのネットワーク エクスペリエンス

Guardant の臨床研究者、バイオ情報学研究者、ソフトウェア開発者、マーケティング担当者、セールス担当者は、進行がんを抱える人々の臨床結果と生活の質の向上に集中したいと考えています。

Gascon 氏は、「私たちのチームは常にコラボレーションしています。ビデオ通話や画面シェアが中断されることなく、会議室間を移動したいと考えています。」と話します。

ジュニパー Wi-Fi は、臨床検査室における特に厄介な問題を解決しました。Guardant のデジタル シーケンス技術は、次世代シーケンスを使用した高効率生物化学と機械学習拡張バイオインフォマティクス プラットフォームを組み合わせ、同社ががんのすべてのステージで最高クラスの製品に臨床的感度提供できると考えるものを作ります。

デジタル シーケンス マシン内のカメラが業務を記録します。規制および物理的な制限によって有線接続が不可能になり、従来の Wi-Fi ではカメラの接続が切れることが多いです。AI ドリブン ジュニパー 無線では、カメラの接続が途切れず、がんの早期発見のための命にかかわる作業が中断されません。 

「私たちのユーザーが Wi-Fi について話すとき、必ず Wi-Fi の文句を言います。Juniper Mist を導入してからは Wi-Fi について話す人がいあんくなりました。」
Chris Gascon Guardant Health、インフラストラクチャ エンジニアリングのシニア マネージャー

2021年10月発行