ギガビットファイバーがチャタヌーガに経済的価値と社会的利益をもたらす

低価格のギガビットインターネットが、チャタヌーガをテクノロジーとリサーチのハブに変革。十分な機能で低コストのネットワーク接続が新たな企業や人材を惹きつけ、13億ドル相当の経済的価値を生み出しました。

概要


会社名 EPB, Chattanooga
業界 電気通信事業&公共事業
使用製品 MX10008およびMX10016 MX10003MX204ACX710
地域 Americas
EPBの画像
「EPBが実現した機能は画期的でした。ギガレベルの回線を、大都市に比べて驚くべき低コストで提供しています」
シェーン・セクストン氏 EPB、エグゼクティブコーポレートテクニカルコンサルタント

ビジネス上の課題

ギガビットネットワークを支える公益事業団体のEPBは、1935年以来コミュニティにサービスを提供してきました。より広範囲のコミュニティに貢献することこそが、EPBの差別化要因です。EPBはそのコミュニティでの取り組みを通して、リモートで学んでいる経済的に恵まれない学生たちに無料でインターネットを提供しています。EPBはその専門知識を、低コストでインターネットを提供しようと考えている地方のコミュニティと共有しています。

EPBのネットワークの基盤となるのはジュニパーのルーター、スイッチ、セキュリティです。これによって俊敏性と柔軟性を獲得し、10年以上にわたり、チャタヌーガエリアの人々と企業に経済的価値と社会的利益をもたらしています。