DRN ReadiTech社は、North Dakota州の田舎町に大都市部のインターネットを提供します。

イノベーターは都市部だけに存在するわけではありません。DRN ReadiTech社がその証拠です。会員制の協同組合であるReadiTech社は、早くから地域社会が大都市と同じように可用性の高い高速接続サービスを必要としていることを認識していました。

ReadiTech社は、先進のジュニパーネットワークを使用して、North Dakota州南東部の人々に高速で手頃な価格のインターネット、テレビ、および電話サービスを提供しています。

概要


会社名 DRN ReadiTech
業界 サービスプロバイダ
使用製品 MX480MX960
地域 Americas
DRN社のイメージ
顧客企業の導入事例の概要

32

農村コミュニティの自宅や企業にファイバーの提供

7,900

サービスを受けたメンバーオーナー

10倍

パンデミック時の帯域幅アップグレード

農村コミュニティ向けのデジタル公正性の創出

課題

農場、牧場、家庭にデジタル世界の力を活用

2014年に行われた、ジュニパーネットワークを導入するというReadiTechの決定は、家庭にファイバーを導入し、農家や牧場主、関連ビジネスに企業向けの高品質サービスを導入する基盤を築きました。

最新の拡張性の高いネットワークを活用することで、パンデミックの第一波に襲われた間も、地元プロバイダは、お客様の新しいデジタル要件に応えることが出来ました。

「私たちは、メンバーオーナーに対して、全米で最も高度なネットワークのひとつを提供する義務を負っています」とDRN ReadiTechのCEO兼ゼネラルマネージャーであるケント・シムケ氏は言います。

住宅やビジネスの接続性、Microsoft Office 365、バックアップをはじめ、ReadiTechとFargoブランドとして管理されたITサービスを提供し、ReadiTech Fiberとして地元の交換キャリアサービスを提供し、ReadiTechエンジニアリングとしてネットワークエンジニアリングと運用サービスを提供しています。 

Discovery画像1
ソリューション

パンデミックにもかかわらず、ネットワークサービス ポートフォリオを拡張

DRN ReadiTechのイノベーションへの取り組みは、1950年代、ノースダコタ州ビスマークから東に約75マイルに位置するディッキーカウンティに固定電話が導入されたときから始まりました。

DRN ReadiTechは、5600平方マイルの地域の32のコミュニティに、信頼性、拡張性、俊敏性を可能にするキャリアグレードのネットワークのサービスを提供しています。DRN ReadiTechは、最近100Gbpsにアップグレードされた同社のコアネットワークに、ジュニパーのMX960とMX480ユニバーサル ルーティング プラットフォームを使用しています。ジュニパーを活用することで、MPLSレイヤー3サービスをエッジに拡張し、セキュリティとマルチテナントの提供を可能にすると同時に、新しいカスタマーニーズに対応できるようなサービスのポートフォリオを効率的に提供できます。

DRN ReadiTechは、ネットワークの進化について、一流のディストリビューターであるWalker and Associatesと長年にわたって協力してきました。

「DRN ReadiTechは、キャリアグレードのネットワークに投資することで、新しいお客様の要件に効率的に対応できることに気づきました」とWalker and Associatesの地域アカウントマネージャーであるダン・ネッジ氏は言います。「電話会社は、お客様が次に求めるものを知らないかもしれませんが、ジュニパーのネットワークを活用することで、適応する準備ができます。」

Discovery画像1
成果

コミュニティが世界とつながり、成功するのを支援

農村部のアメリカ人も、メトロポリタンや都市圏に住む人々が利用できるのと同じデジタルリソースにアクセスしたいと考えますし、その必要があります。それこそがDRN ReadiTechが提供するものです。

パンデミックの初期、ノースダコタ州の学生の30%は、自宅にブロードバンドインターネットがありませんでした。しかし、家庭にファイバーが入手できるDRN ReadiTechのサービス領域では、接続の必要な学生は、たった100人でした。

公正なデジタルアクセスの重要性を鑑みて、DRN ReadiTechはポートフォリオを拡張し、競争力のある地元の交換キャリアを立ち上げ、さらに3つのコミュニティをファイバーと接続しました。また、ReadiTechネットワーク エンジニアリングおよび運用ビジネスユニットを立ち上げました。

「私たちのコミュニティが必要に迫られているのを見て、パンデミックでしたが、私たちはできるだけ迅速な実現を目指しました」とシムケ氏は言います。

高速インターネットにアクセスすることで、人々は、自分たちのコミュニティ内で良い仕事を見つけられます。牛乳を市場に搬入するのであれ、最新の精密な農業方法を適用するのであれ、農家や牧場主はより効率的で経済的になり、持続可能性を高められます。ブロードバンドは、診察や医療関連の予約のために長距離を運転するのが当たり前の地域で、インターネットを使った遠隔医療を可能にしました。

航空宇宙セクターにサービスを提供する金属製作事業を営む、DRN ReadiTechの顧客は次のように話します。「高品質のブロードバンドのおかげで、ノースダコタ州の小さな町にいながら、全国的なマーケットでの競合できます。」

Discovery画像2
「サービス地域内のすべてのメンバーとCLECのお客様のために、信頼性、拡張性、セキュリティを確保するよう、ネットワークの将来性を高めました。」
ケント・シムケ DRN ReadiTech、CEO兼ゼネラルマネージャー

2021年11月発行