Consolidated Communicationsは、テストの自動化によりコアネットワークのアップグレードを効率化

Consolidated Communications は、お客様のニーズを第一に考え、素晴らしいエクスペリエンスを提供しています。Consolidatedは、延長50,000マイルにも到達するファイバーネットワークにより、一般消費者、エンタープライズ、通信事業者向けに、価値が高く信頼できる通信ソリューションに変える専門知識を持つ、米国トップ10に入るファイバープロバイダです。

Consolidatedには、新しいコアネットワークの導入を成功させ、ブロードバンド、商用および運送ビジネスの急速な成長を可能にすることが必要でした。Juniper Paragon Active Assuranceは、お客様の接続に影響を与えることなくネットワークのアップグレードを可能にしました。

概要


会社名 Consolidated Communications
業界 サービスプロバイダ
使用製品 Paragon Active Assurance
地域 Americas
Consolidated Communications
顧客企業の導入事例の概要

0(ゼロ)

SLA (サービスレベル合意)クレジットの払い戻し

0(ゼロ)

自動化されたテンプレートによるタッチテスト

0(ゼロ)

メンテナンス後のお客様への影響

課題

サービス保証でシンプルな運用を実現

「優れたカスタマーエクスペリエンスを提供することが当社のミッションです」と、Consolidatedコアエンジニアリング担当ディレクターのケンジ・オグラ氏は述べます。

このミッションは、特に新しいコアネットワークを構築する際に、サービスの現在のパフォーマンス状況の可視性が限られていたため、複雑なものとなっていました。その結果、エンジニアリングチームは、サービスレベル同意書(SLA)が常に満たされていることを確認しながら、問題の特定と解決にしばしば手作業とリソース集中型のプロセスを強いられることになったのです。

また、メンテナンス期間は限られていたため、サービスの変更によってダウンタイムが発生したり、お客さまにご迷惑をおかけしたりする可能性もありました。ネットワーク運用チームは、積極的にネットワークをテストや監視するためのトラブルシューティングやテストツールも限られていました。手動による回帰テストとメンテナンス後のテストは、時間とコストがかかり、拡張性もありませんでした。

Consolidatedは、コアネットワークのアップグレードに伴い、ネットワークサービスのパフォーマンスを積極的にテストおよび監視したいと考えていました。テストを自動化することで、Consolidatedは、膨大な手間のかかるプロセスからクリックするだけのプロセスへと移行しました。

Consolidated Comms Challenge
ソリューション

テストの自動化で、お客様のエクスペリエンスを次のレベルに引き上げます

ConsolidatedはJuniper Paragon Active Assuranceを導入し、サービスライフサイクル全体でネットワークとサービステストを完全に自動化しました。自動化により、変更後またはメンテナンス後の回帰テストが向上しました。 

Paragon Active Assuranceにより、Consolidatedは、特にサービスが市場に投入される前の負荷テストサービスおよびSLA準拠の検証によって、顧客サービスに影響を与える前にパフォーマンスの問題を検出できます。エンジニアリングチームとオペレーションチームは、以前はサービス品質に影響していた困難な設定、サービス品質のブリーチング、ネットワークのルーティング、パケットサイズの問題を解決しました。

Paragon Active Assuranceは、ゼロタッチのテスト自動化のためのセルフドリブンポータルと使いやすいテンプレートにより、HTTP、DNS、SIP、RTP、IPTVなどのトラフィックタイプの合成テストを簡素化します。Paragon Active Assuranceはエンドユーザーエクスペリエンスをシミュレートし、お客様のサービスがどのように機能しているかを継続的に報告します。運用チームは、問題に発展する前にアラートを出すことができます。   

Consolidated Comms Solution
成果

運用を合理化することで、時間とコストを節約

Consolidatedが変更を計画、検証、スケジューリングし、コアネットワークがアップグレードされるため、サービス品質やカスタマーエクスペリエンスには影響しません。テストの自動化により高額な修復費が削減されるので、チームはサービスの問題を逐一追跡する必要はありません。SLA クレジットの支払いを回避することで、Consolidatedはコスト削減を実現しました。  

Paragon Active Assuranceは、発生した場合をリアクティブに特定するパッシブプローブよりも、はるかにプロアクティブなインサイトと価値を提供します。自動化テストとアクティブなデータプレーン測定の両方による統合メリットにより、お客様は一貫した高品質のサービスと優れたエクスペリエンスを利用できます。

運用プロセスは自動化されており、回帰テストと変更のメンテナンスは手間がかかりません。手動要件が多い、困難なグループの取り組みが、シングルタッチプロセスになりました。

新しいコアネットワークのスムーズな展開により、Consolidatedは、すべての消費者、ビジネス、通信事業者のお客様にすばらしいエクスペリエンスを約束し続けることができます。

「Juniper Active Assuranceソリューションを導入してサービス保証プロセスを自動化することで、コアネットワークとアクセスネットワークのスケジュールされた変更がカスタマーエクスペリエンスに影響を与えないようにすることができます。」
ケンジ・オグラ Consolidated Communications、コアエンジニアリングディレクター

2022年4月発行